fc2ブログ

09月 « 2022年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ブルー・レクイエム

2022年 09月25日 22:46 (日)

ガイ・リッチー監督ジェイソン・ステイサム主演「キャッシュトラック」の元となったフランス映画です。主人公の疲れた無精髭に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で★★


ブルーレクイエム



いくらなんでも暗すぎる、とことん暗すぎる。
あまりに救いがなさすぎて、見終わってからモノすごーくドンヨリしてしまいました。
強盗事件の流れ弾で命を奪われた息子の、いわば仇討ちをするという物語。
終わってみれば、だーれもいなくなったというオチなんですよ。
けど考えたら、赤穂浪士の仇討ち物語も同じオチってことですよね⁉︎
仇討ちなんてロクなもんじゃない、つまりそーゆーことです。

/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

リメンバー・ミー

2022年 09月06日 00:06 (火)

数あるロバート・パティンソン作品の中から、彼が製作にも関わっているという情報を得て、このラブストーリーを選びました。顎髭モジャモジャのロバパティに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で★★★


リメンバーミー




ニューヨークを舞台とした、父親との関係がうまくいっていない22歳の悩める若者の物語。
あら、なんだか前にも似たような筋立てを記したような記憶が、けど気にしない気にしない。
この作品のことをネット検索すると、なんだか問題作みたいな記述が見られるんですよ。
ラブストーリーとしては特に目新しい物はなくて、恋人と幸せそうに笑うロバート・パティンソンが沢山見られます。
けど私が一番キュンとしたのは、父親と和解した時の彼の笑顔。
しかも父親役がピアース・ブロスナンだったりするので、このシーンは何度も繰り返し見直してしまいました。

タイトルが2017年のディズニー作品と同じ物なので、結末はそういうことなんだろうなとは薄々感じていました。
けど原因がまさかのアレだったのは驚き。
問題作と言われる原因はそこにある、というのは理解できなくもない。
と、当たり障りのない表現ばかりだと何のことだかわからなくなるので、以下ちょっとネタバレします。

ということでここで社長の登場ですよ。


tutaetakatta2.jpg
♡ 外伝の闇金サイハラさんで出てくれるかなぁ無理だろうなぁ ♡




さくっとネタバレすると、父親と和解した後ロバパティ演じる主人公は2001年のニューヨーク同時テロで帰らぬ人となるのです。
父親の経営する弁護士事務所で待ち合わせをしているところに、飛行機が突っ込んでくるという設定。
それまでざっくりとした年代が語られているのですが、最後にはっきり2001年9月11日という日付が示され、ようやくそのことに思い至るわけです。

何が問題かというと、あの痛ましい事件を恋愛物語のいちモチーフとして利用した、という否定的な意見が出てきたのだそうです。
まぁ亡くなった人の数が数だけに、そういう声が大きくなるのは致し方ありません。
けれどもただ遠くにいる人間の目からすると、これはいわゆる鎮魂映画のように映るのですよ。
ひとつ気になるのは、この作品の公開が2010年ということ。
ちょっと早すぎたような気がする、せめてもう一年待てなかったのかしらね。

それともう一つ気になったのは、今作のヒロインは10歳の時に強盗に襲われ、母親を目の前で撃ち殺されていること。
それってブルース・ウェインと同じじゃないの。
それにしては特に卑屈になることもなく良い娘に育っているのは、父親の育て方が良かったのか、あるいは本人の生まれ持っての資質なのか、あるいは両方か。
いずれにしてもブルース・ウェインの根暗さは、生まれ持った物なんだろうなと改めて感じた恋愛物語でありましたとさ。


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

天才画家ダリ愛と激情の青春

2022年 09月03日 00:09 (土)

日本公開もなかった作品ですが、ロバート・パティンソン人気を受けてソフトリリースされたようです。スペインを代表する画家と詩人と映画監督の青春物語。見事なカイゼル髭を見せてくれたロバパティに ★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で★★★★★


天才画家ダリ



いかにもロバート・パティンソン演じるダリが主役みたいなタイトルとパッケージですけど、物語の主人公は詩人のロルカ(パッケージ左下)だと私は思います。
もう一人、後に映画「昼顔(1967年カトリーヌ・ドヌーブ主演)」の監督となるルイス・ブニュエルもいくらか関わっていて、簡単にいうとこの三人(ダリ、ロルカ、ブニュエル)の人間関係、平たく言えば三角関係を主軸として物語は展開していくというのがザックリとした筋立て。

時は1922年のマドリード、夏休みが終わり再会を喜ぶロルカとブニュエルの学生寮に、若く美しい芸術家ダリがやってきます。
来たばかりの頃のダリ(ロバート・パティンソン)の造形が素晴らしい。
学生たちは皆スーツにネクタイというシンプルな格好をしているのに、ダリひとりフリルのヒラヒラした前時代的ないでたちなのが可笑しいの。
ヘアスタイルもいわゆるおかっぱ頭で、あのロバート・パティンソンがまるで女の子のように見えるんですよ。
作品レビューには「ヒラヒラ衣装のロブ様が可愛い」というものが散見されました。
うん、確かに可愛い、良く似合ってると思う。

けれどもダリ本人はそう思わないので(そりゃそうだ笑)イメージチェンジを図り、見事に爽やかイケメンに脱皮するのです。
脱皮したダリにロルカは一目惚れ、実は元々ダリはロルカに気がありました。
学生寮にやってきた後、ダリがロルカの様子をうかがっている様子が、はっきり描かれています。
さらにはロルカが入ってきた時のために、必死で自室を整えるダリのソワソワ感はまさに恋する乙女のよう。
でも最初にその部屋に入ってくるのは、ルイス・ブニュエルなんですわ。
三角関係ラブストーリーあるあるですよね。

男の嫉妬は醜いなんていいますが、ブニュエルのそれは醜いを通り越して恐怖です。
ダリとロルカが友人以上の関係となったことを敏感に察知したブニュエルの目が怖い。
空気が凍りついたような部屋の中にあって、けれどもダリとロルカはそのことに気がついていないようなのも恐ろしい。
部屋を出ていき行きずりの同性愛者を痛めつけるブニュエルの姿が、恐ろしくもあり同時に痛ましくもありました。

設定だとダリは20歳になったばかりのよう。
ロルカと戯れる彼の笑顔が本当に可愛い、まさにロバパティスマイル全開です。
盗んだバイクで走り出す15の夜ならぬ、盗んだ自転車で走り出す海辺の景色の美しいこと。
暗い海の中で絡み合う二人の幻想的なこと。
でも悲しいかな幸せな時間はいつまでも続かないのです。

作中、随所に白黒画像が挟まれるのですが、ひょっとしていくつかはブニュエル本人の撮った映画なのでしょうか。
ロルカの短い人生を思うと、現在の地球上でも彼らと同じ苦しみに苛まれている人たちが大勢いるということが、残念でなりません。




/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

ベラミ

2022年 09月02日 00:08 (金)

ベラミとは美しい友人という意味だそうです。この作品のレビューの中に「どこが美しいのかわからない」という物を見かけました。まぁロバート・パティンソンの麗しさは、なかなか簡単には捉えられないので、そう言われるのもわからないでもない。乱れ髪のエロスだだ漏れロバパティに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で5★★★★★


ベラミ



不遇な若者が己の知恵と才覚でチャンスをつかみ、のしあがっていく物語が私は好きです(以下略)笑。
この作品もそういう物ですが、のしあがる先が国家権力に手が届く身分で、これまで私が見た中では一番高いような気がします。
さらには彼の才覚というのが、女性を意のままに操るスキルというもので、そのギャップがまた興味深いの。

ロバート・パティンソンは、見るからに美形というワケではありません。
むしろ若干左右非対称の顔立ちなので、いくらか不気味さを感じる場合もあります。
はっとするほど美しい顔を見せるかと思えば、ぎょっとするほど醜く見える時もある。
いたずらっ子のように無邪気な笑顔を見せたかと思えば、次の瞬間には悪魔のように冷酷な顔になっている。
つまりこの美しい友人ベラミを目にするには、画面から目を離してはいけないのです。

主人公のベラミはさておき、相手となる女性たちもなかなか面白いキャラばかり。
貴族としての人生を存分に楽しんでいるクロチルド、良妻賢母の見本のようなヴィルジニ、そして男以上に権力指向の強いマドレーヌ。
この三人をさんざん弄んだ挙句、4人目として狙いをつけたのがヴィルジニの娘シュザンヌ。
先の三人はベラミのことを理解していました。
理解した上で、ある意味わざと弄ばれていた、そういう風に私には見えました。

4人目の女シュザンヌはどうでしょうか⁉︎
いや、きっと絶対ベラミのことは理解してないと思う。
ということはつまり彼の先行きは・・・。
ま、世の中そんなに甘くないってことですよね。



/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

アイスマン 宇宙最速の戦士

2022年 09月01日 00:16 (木)

私にはどうやら期待外れすぎる作品を観た時には、それを見なかったことにする(見たこと丸ごと忘れる)という癖があるようです。この作品もそんなものの一つです。というワケで見たこと忘れた二度見作品カテゴリ作りました。


アイスマン2


いくらドニー・イェンのファンであってもコレはいただけませんわ。怒
この作品アイスマンは前後編なんですけど、前編はすごく良かったんですよ。
ただ少し若干ちょこっとだけ大風呂敷広げた感が漂っていたのは確か。
えらく壮大な話になってるけどラストはどうやって納めるんだろう、と心配になりましたもの。

いわゆるタイムリープ物の作品なのに、まさかの「時空を往来するなどやってはならぬこと」で終わるなんて、ちょっと酷すぎません⁉︎
百歩譲ってそれもアリだとしても、アクションシーンがどれもつまらなかったのが何より良くないと思う。
せめて前編の半分でもアクションに力が入っていたら、見どころもあったでしょうに。
見たことを忘れて見てしまった自分自身の黒歴史をここにしっかり記しておきたいと思います。



/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : アジア映画
ジャンル : 映画

ディーン、君がいた瞬間

2022年 08月31日 00:10 (水)

この作品、前からちょっと気になっていました。今回ロバート・パティンソン祭りで真っ先に観たいと思った作品です。きっちり髪をなでつけたレトロな造形のロバパティに ★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で★★★★★


ディーン君がいた瞬間



かつての私の愛犬の名前はジェイムズ一世(愛称ジミー)でした。
ジミーという名を聞いた半分くらいの人は「ジェームズ・ディーンのジミーちゃんね」と言ってくれたことが嬉しかった。
真っ黒で地味だからジミーだなんて本当のことは、誰にも明かしたことはありませんけどね。

ジェイムズ・ディーンの作品は「エデンの東」と「理由なき反抗」の2つだけ観たことがあります。
といってもクレジットとしてジェイムズ・ディーンの名前が出ているのは他に「ジャイアンツ」だけとのこと。
この「ジャイアンツ」も観てみたいと思っているのですが、なかなか機会がありません。

不遇な若者が己の知恵と才覚でチャンスをつかみ、のし上がっていく物語が私は好きです。
闇金ウシジマくんの映画シリーズなどもそうですし、古いところだと「スティング」とか「明日に向かって撃て」なんかも含まれるかと思います。
この作品もまさにそういう物語、しかもほぼ実話だったりするのが素晴らしい。

物語の主人公はジミーではなく、彼の姿をフィルムに残そうとする駆け出しカメラマンのデニス・ストック(ロバート・パティンソン)です。
芸能写真ではなく芸術性の高い物を撮りたい、本人の言葉によるといつまでもレッドカーペットでくすぶっていたくない、と願っているデニスはパーティで出会ったジミーに興味をひかれます。
このデニスとジミーのやりとりが、なかなか面白いの。
会話が噛み合っているようで噛み合ってなくて、二人とも自分の言いたいことだけ言ってるんです。

ジミーは最初の主演作品「エデンの東」が完成したばかりの駆け出しの俳優。
一方のデニスはというと気持ちだけが空回りする、芸術家志望のカメラマン。
どちらもアーティストの端くれなんですよ、そりゃ会話も噛み合わないでしょうよ。
それでもどこかで心が通じている、いわゆる魂が響き合っている、そういう関係なのがよくわかります。

故郷インディアナ州に向かう列車の中で、過去を語るジミーを神妙な顔で見守るデニスですが、最後にはあの最高のロバートスマイルで締めくくってくれるのです。
その後列車を降りインディアナでのジミーを捉えたデニスの写真は、映画史に残る物となります。
「僕がレンズの中に見たものを、もうすぐ世界が目撃する」とのデニスの言葉は本当になりました。
けれどもそれは、ジミーの事故死があってこそのことでもあるのです。

1955年の初めの彼らのほんの数ヶ月は、どれほど濃密な瞬間であったことか。
なんだか無性にジェイムズ・ディーンの作品が観たくなってきました。
いや、だから「ジャイアンツ」が観たいんだってば〜〜‼︎


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

真夜中のギタリスト

2022年 08月29日 00:13 (月)

ただいま絶賛ロバート・パティンソン祭り開催中。冴えない若者アートのボサボサ頭に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★


真夜中のギタリスト


まず始めに宣言しておきます。
ハリポタとトワイライトには絶対手を出しませんからねっっっ‼︎
ロバート・パティンソンに興味を持ったのは、もちろん「ザ・バットマン」からなワケですが、何より彼の笑った顔が見てみたいと思ったから。
「TENET」で目にした彼の笑顔が本当に素敵だったんです。
けれども今作ではほとんど笑顔は見られませんでした。

筋立てはというと、母親との仲がこじれている若者が、いわゆる自分探しをする、という物(ざっくりしすぎ⁉︎)
おかしな心理学者の助けを借りてはみるものの、全く成果は上がらず。
最終的には友人ふたりとバンドを結成する、というところで終わります。
どうやらコメディ作品のようですが、あんまり笑えないのよ。
邦画タイトルはひょっとすると「真夜中のカーボーイ」になぞらえているのでしょうか。
原題は「How To Be 」で社会になかなか溶け込めない、主人公アート(ロバート・パティンソン)の気持ちを良く表した物だと私は思います。

トワイライトでブレイクする前のロバート・パティンソンの情けなさがいいです。
母親にハグを求めるも激しく拒絶される様子が切なくて悲しくて、笑いを取るシーンのはずなのに笑えないし。
別れた(でもアートはそのことに納得していない)彼女が男と親しくしていることに嫉妬し、その男に対してできることは飲み物をぶっかけるくらいしかできなかったり。
ふたりの友人の後押しを受けて、ギターを手に小さなクラブのステージで面白くもない歌を歌うというシーンで物語は終わりますが、この時のアートがかなり笑っています。
けれども、どんどんカメラが退いていくのであまりはっきり捉えられないのがもったいない。
20歳そこそこ等身大のロバート・パティンソンが見られたのは収穫でした。


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

「ジュラシック・ワールド」新たなる支配者 観てきました

2022年 08月27日 22:26 (土)

字幕で観るか吹き替えで観るか悩んで、伊藤沙莉の声優っぷりをチェックしたくて吹き替えを選びました。恐竜使いの元おデブちゃんクリス・プラットの口髭に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で5★★★★★

ジュラわさん

【公式サイトはコチラ】


映画を映画館で観る楽しさを私に教えてくれたのが、このジュラシックシリーズでした。
1993年の「ジュラシックパーク」を観た時の詳しいことは、こちらの史上最悪の勘違い観賞の顛末をお読みください。
この時の経験がなければ、映画はレンタルして家で鑑賞したので十分、という考えを持っていたかもしれません。
あれから約30年、科学技術諸々の発展に伴い映画の楽しみ方も様変わり。
そして恐竜を取り巻く環境もすっかり変化しました。
中でも恐竜の子孫は爬虫類ではなく鳥類である、という学説がすっかり定着したのは鳥好きには嬉しいこと。

物語序盤にラプトルのブルーが、けたたましい鳴き声をあげる様子を見て、あれはきっと子どもを探しているんだな、とすぐ気が付きました。
というのも、ほんの数日前に同じように鳴き騒ぐヒヨドリを目にしたばかりだったから。
最近の研究では鳥たちのさえずりから、その意味を解き明かすことまでできるようです。
とはいえラプトルが単為生殖だったというのには驚きましたが。

ラストに捕虫網を手にして駆け回るウー博士の姿が、まるで夏休みの少年のそれのようで、ちょっとだけウルウルしました。
虫博士の友人ドクターKの姿にも重なったというのもあるかもしれません。
純粋な研究者たちの好奇心を、金儲けに利用しようとする悪い奴らに鉄槌を下してくれるこの映画が私は好きです。
やたら「最終章、最終章」と宣伝されていましたが、私はいつか必ず戻ってきてくれると信じたい。
その時にはきっとカラフルな羽毛を体にまとった恐竜たちが、大きなスクリーンを闊歩することでしょう。
10年後か、あるいは20年後か、30年後だとちょっと厳しいので私の目の黒いうちにお願いしたいです。




/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

「キングダム2遙かなる大地」観てきました

2022年 07月29日 00:26 (金)

メインキャラの若者たちに若干ぎこちなさが見られたの対して、ベテランのおじ様たちがとても楽しそうだったのが印象に残りました。金髪巻毛の豊川悦司に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で4★★★★



公式サイトはこちら



一番の目的は山本千尋ちゃんのアクションだったんです。
ああ、それなのにそれなのに、まさかの次作に持ち越しだなんて、どんだけ焦らすんでしょうかっっ!
原作のことは全く知りません、ただ千尋ちゃんのキャラは映画オリジナルと聞いた覚えが。
ひょっとしてヒロインの羌カイが仇討ちとして狙っているのは、実は千尋ちゃんのキャラだったりするとか?
それなら今作でアクション無しというのも納得してもいいかな。

サブタイトルに、遙かなる大地へ、とあるように今作は大平原での戦闘シーンがメインです。
主人公シンが「大将軍になりたい」という大志を抱いているので、そのための軍事軍略お勉強会といった趣。
主人公だけでなく視聴者に対しても詳しく説明していることにもなるのですが、どうしても中弛み感があって私は危うく船を漕ぎそうになりました。

そんな中、眠気を払ってくれたのはトヨエツのセクシーボイス。
金髪巻毛の後ろ姿から顔が映し出され、第一声が発せられた瞬間「キタ〜〜トヨエツのセクシーボイスッッッ♡♡♡」と心の中で拍手してしまいましたよ。
そして前作に引き続き登場の大沢たかおの王キ将軍にも、心の中で拍手しました。
ラストにこの二人が夕日を見ながら、ガハハハと笑うシーンでは思わずつられて笑いそうになるのを必死にこらえましたもの。

宮廷内陰謀担当の呂不韋役の佐藤光一も含め、元気なおじ様たちが活躍しているのを見るのは本当に嬉しい。
次回作が今から楽しみでなりません。


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

「ジュラシック・ワールド炎の王国」おさらい鑑賞

2022年 07月23日 00:05 (土)

ジュラシックワールドシリーズの3作目の公開を前に、2作目がどういう物だったのかすっかりさっぱり忘れていたので確認のため鑑賞しました。インドラプトルの頭にちょっぴり生えている毛に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で5★★★★★

ウー博士

【1993年ジュラシックパークから登場しているウー博士】


今月末に公開される「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」がシリーズの最終章だそうです。
新たなる支配者ということは、平たくいうと支配者は人間なのか恐竜なのかどっちだ ?ということですよね 。
約30年の長きに渡り愛されてきたジュラシックシリーズは、本当に終わってしまうのでしょうか。

この「炎の王国」は劇場公開時に一度観たっきり。
なんだか色々新しい恐竜が出てきたのですが、2度目の今回ようやくインドミナスレックスとインドラプトルの違いがわかりました。
インドラプトルというのは試作段階の恐竜だったそうです。
このインドミナスレックスとインドラプトルを作り出したのがマッドサイエンティストのウー博士という人物。 
なんと第1作目の「ジュラシック・パーク」から登場しているキャラだとか。

今回自宅鑑賞でしっかり彼を見て、驚愕しました。
ウー博士を演じているB・D・ウォンという俳優、ドラマ「ゴッサムGOTHAM」でもマッドサイエンティスト役だったんです。
その名もヒューゴ・ストレンジ。
「ゴッサム」でこのストレンジを目にした時、どこかで見たことあるけど気のせいかなと思っていました。
やっぱり気のせいじゃなかったのね。
さらにはストレンジの声が素敵で、彼が出てくるたびに聞き入ってたんですわ。
そういう点でもこの「炎の王国」をおさらい鑑賞して良かった。
ウー博士が出てくるのかも含めて、嫌でもシリーズ最終章への期待が高まります。


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画