fc2ブログ

01月 « 2023年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

「未来惑星ザルドス」観てきました

2022年 12月31日 21:47 (土)

まさかこの作品を劇場で鑑賞できる日が来ようとは思ってもみませんでした。見事な筋肉と長髪姿を見せてくれたショーン・コネリーに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で10★★★★★★★★★★★★

ザルドス
【公式サイトはコチラ】



最初にこの作品を観た時に「ショーン・コネリーのファンで良かった」と心底思ったことを良く覚えています。
今回、真っ先に感じたのは「いいなぁコネリーにベタベタ触れて羨ましいなあ」でした。
コネリーに直に触れることができたら、絶対寿命が延びると思うんですよ。
もちろんコネリーに限らず、生命力に溢れた人間であれば触れる相手は誰でも同じでしょうけど。

初見の感想はコチラ


今年はこのザルドスを含め、たった9作品しか劇場鑑賞はしていません。
けれども「ザ・バットマン」と「未来惑星ザルドス」これを劇場で観られたことで、2022年がより貴重な年となったのは間違いありません。
今年も残り2時間ほどになりました。
皆様良いお年をお迎えください。



/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト



テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

「鎌倉殿の13人」完走感想

2022年 12月21日 17:15 (水)

2014年の「軍師官兵衛」から毎年NHK大河ドラマを観るようになりました。戦国時代や幕末と違い馴染みのない鎌倉時代の始め、まさに武士の世の始まりを、これほど見事に描いたドラマはないと思います。山本耕史と市原隼人の見せてくれた大胸筋に★を進呈してヒゲハゲ筋肉満足度5点満点で5★★★★★

ノエさん
【公式サイトはコチラ】



とにかく登場人物が多くて、あの人もこの人も、あのセリフもこのセリフも、印象的な物がありすぎました。
そんな中から特筆すべきは、主人公北条義時の3人目の妻ノエさん。
菊地凛子が演ずるので、どういう女性なのかなと興味津々で臨んだ登場初回。
あれ?なんか台詞が棒読みなんだけどどーゆーこと?と思っていたら、まさかの猫かぶりした女のヘタな芝居の演技だったとは。
うぬぅ、さすが菊地凛子やるなぁ、と思わず唸りましたわ。

けれども彼女の演技以上に私の心に残ったのは、他の女性たちと違いノエさんの言動がとても現代女性のそれに近いようなところ。
うまく表現できないのですが、他の人物はいかにも鎌倉時代の武士の世界に生きていて、私には理解できない価値観を持っている、そういう感触でした。
でもノエさんは違う、ノエさんとなら、ひょっとしたら少しは言葉が通じるかもしれない、そんな風に感じたのです。

そんなノエさんの台詞の中で、最も印象に残ったのは「言って良いことと悪いことがあります。今のはどちらですか?」というもの。
前の二人の妻よりおまえは劣っていると夫に言われたノエさんが、義時に返す言葉です。
やや裏返ったような声で「今のはどちらですか?」と繰り返しながら義時にじりっと迫るんですよねぇ。
ホントあれ(ヤエもヒナも賢かったという義時の発言)は鎌倉時代であろうと、現代であろうと言ってはいけない言葉だと思いません?え?そうでもない?

これまであまりピンと来なかった鎌倉幕府のことが、この一年でかなり身近になったような気がします。
来年の大河には我らのY氏も出るし、次の「どうする家康」も楽しみ楽しみ〜♡


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : NHKドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ブラックアダム」観てきました

2022年 12月11日 13:00 (日)

目的はただ一つ私の二推しハゲ、ロック様ことドウェイン・ジョンソンの勇姿のみ。ラストに登場したあの方に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で4★★★★

ブラックアダム
公式サイトはコチラ


ロック様のムキムキ筋肉を堪能するのは最適な作品だと思います。
それにしてもジャスティス・リーグでコケたDC、今度はジャスティス・ソサエティだそうですね。
新しいキャラを色々繰り出してきて、次の流れを作りたいのでしょうか。
最初と最後に登場したウォラーという黒人女性、確か「スーサイドスクワッド極悪党集結」で、女性の部下に殴られ気絶されられていたあの鬼畜上官ですよね?
ってことはあの作品に繋がってるってことかぁ。
てっきり今作から全く新しい世界観なのかと思っていたんですけど。
でもって最後の最後に登場したあの方、やっぱり彼がいないとやっていけないのねDCは。
とかなんとか、はっきり言及できないのは苦しいので以下ネタバレ感想ですよ。

以下、社長の写真の下からネタバレですので御注意あれ。

モリゾウさん

モリゾウMORIZOことトヨタ自動車社長の豊田章男氏
レーシングドライバー兼社長だなんて
結構フィクション向きだと思うんですけどねぇ
どこかにいます?そういうキャラ




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 以下ネタバレ注意ですよ。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






ジャスティス・リーグが迷走したのは、スーパーマンの内面にも人間同様黒い部分がある、という方向にDCが持って行こうとしたことだと私は思っています。
それを感じ取ったバットマンがスーパーマンのことを敵視し二人の対立を煽る、そういう構図は無理なんです、時に実写では。
この「実写では」ってのが重要。

何故ならレゴアニメでは、それに成功しているから。
レゴアニメのスーパーマンは、本当に純粋で真っ白なキャラです。
真っ白すぎてシンプル、いわゆるおマヌケの域に入るくらい純粋なの。
でもね、何度もよーく見てみると、アレ?ひょっとしてスーパーマンてシンプルなフリをしてるのかな?と感じさせる部分があるんですよ。
実は内面に黒い部分を持っているけど、それを決して表には出さない、スーパーマンならそれができるはずだもの。

今作「ブラックアダム」は、そのタイトルが示している通り主人公はとにかくブラックな男アダム。
それに対峙するスーパーマンは、真っ白でなければなりません。
次回作にスーパーマンが本気で出てくるとしたら、黒い部分など微塵も感じさせないシンプルなおマヌケ男になっているはず。
それを期待したいです。

そしてもう一つ、今作を観ていて気づいたことが一つ。
ジャスティス・ソサエティに風を操る能力を持つ女の子サイクロンがメンバーとして加わっているのですが、その造形を見て驚きました。
長いドレッドヘアーを持つ肌の黒い女の子、それってお蔵入りになったバットガールと同じじゃないの?と。
夏頃にこの「バットガールお蔵入り」のニュースを目にした時には、その理由がなんとも歯切れの悪いものばかりで、すごく不思議だったんですよ。
主人公の造形が理由らしい、というのは漏れ伝わっていたのに。

今作の女性キャラであるサイクロンを見た時に、ようやくそれがわかったような気がします。
DCはキャラ被りの可能性を排除した、ということなのでしょう。
同じDCの作品内で、若い女の子のロングドレッドヘアーは一人で十分てことですよね。
なが〜いドレッドヘアーをなびかせながら、くるくる回るのはサイクロンのアクションの見せ場です。
きっとバットガールも同じようなシーンがあったに違いありません。
もったいなぁバットガール。



/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

『ハイ・ライフ』感想

2022年 12月07日 00:05 (水)

何がどうしてハイHIGHなのか誰かに教えて欲しいです。優しく赤ちゃんに話しかけるロバート・パティンソンに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★

ハイライフ

太陽系をはるかに超え宇宙を突き進む一隻の宇宙船「7」
その船内でモンテ(ロバート・パティンソン)は
生まれたばかりの娘ウィローと暮らしている
宇宙船の乗組員は9人全員が死刑や終身刑の重犯罪人たち
モンテたちは刑の免除と引き換えに
美しき科学者ディブス医師(ジュリエット・ビノシュ)が指揮する
人間の性にまつわる秘密の実験に参加したのだった
だが地球を離れて3年以上
究極の密室で終わり無き旅路を続ける彼らの精神は
もはや限界に達しようとしていた
そんな中ミッションの最終目的地ブラックホールがすぐ目の前に迫っていた



私の最も苦手とするジャンル宇宙船物で、テーマはおそらく生命の存続。
物語は幼い娘を世話しながら、宇宙船の修理をするモンテ(ロバート・パティンソン)の姿から始まります。
他に乗組員はいません。
宇宙船はどんどん地球から遠ざかっています。
進路変更などの術もないらしい。

宇宙船のこれまでの旅が断片的に描かれていきます。
ザックリとした言い方をすると、死刑にされるよりは宇宙船内での人体実験に参加することを選んだ犯罪者たちの末路ということです。
唯一生き残ったモンテとその娘、終盤には娘がかなり成長しています。
白髪頭で老けメイクのロバパティの造形が、とてもすごくかなり辛いです。

今作ではジュリエット・ビノシュがスッポンポンで腰を振ってます。
エロチックというよりは、不気味で正直気持ち悪いの。
観終わって、いろいろ後悔しました。
モンテとその娘はどうなるのか、想像すると本当に胸が苦しくなるから。
ブラックホールのその向こうに、ひょっとすると楽園があるのかもしれない、そう考えるしか希望がないのです。


/ ←ひとポチよろしく!


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメディ観たいのに

2022年 12月05日 00:12 (月)

ロバート・パティンソン祭りは残り2作品となりました。一つは私の最も苦手なジャンルの物で、感想を綴るのが辛くなる作品。もう一つは逆に感動し過ぎて書きたいことがアレコレあって、収拾がつかなくなるような作品。

diorロバパティ

【Diorさんからいただいてきました】



wikiのロバパティのページによると、日本未公開の作品が一つあるようです。
それがどうやらコメディサスペンスっぽいのよ。
コメディ好きとしては、とっっっても気になりますわ。

いくつか前の記事でロバート・パティンソンの麗しいコスチューム姿が見たい、と書きました。
けどバットマン役ってひょっとして究極のコスプレなんじゃ?
確かにマントをひるがえしてカッコよくアクションをこなしてますが、ちょ〜っと違うんだよねぇ。
できればもっと堂々と華麗にゴージャスにズルズルヒラヒラさせて欲しい。
そしてもちろん、満面の笑みを見せて欲しい、切にそう願います。



/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

『ライト・ハウス』感想

2022年 12月04日 00:05 (日)

終始ヌメヌメじとじとした空気に包まれた画面の気持ち悪さが秀逸です。人相がわからないくらいバッチくなったロバート・パティンソンに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★

ライトハウス

1890年代ニューイングランドの孤島
4週間に渡り灯台と島の管理をおこなうため
二人の灯台守が島にやってきた
ベテランのトーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と
未経験の若者イーフレム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は
初日からそりが合わずに衝突を繰り返す
そんな険悪な雰囲気の中
島を襲った嵐により二人は島に閉じ込められてしまう



人相がわからなくなっても大丈夫、だって登場人物は二人しかいませんから。笑
あ、でももう一人出てきますけど。
いや一人じゃなくて一匹かな?
そうです人魚です。
その人魚相手にまたロバート・パティンソンがスッポンポンで腰を振るんです。
人魚とどうやってFするのか、気なる人は観てみましょうね。


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

『ウェイティング・バーバリアンズ帝国の黄昏』感想

2022年 12月02日 00:05 (金)

見終わってかな〜り気分がどんより落ち込みました。ひょっとすると今観るべきではなかったのかも、とも思うし、逆に今こそ観るべき作品なのかもとも思う。冷酷な警察官僚という役柄に色の白さを最大限に発揮しているロバート・パティンソンに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★

帝国の黄昏

19世紀のアフリカ、ある帝国に支配された辺境の町で
「蛮族が攻めてくる」といううわさが流れていた
治安維持のためにやってきた中央政府の警察官僚(ジョニー・デップ)と
副官(ロバート・パティンソン)らは厳しい弾圧や残酷な拷問を強行
彼らの横暴な振る舞いに街の民政官(マーク・ライランス)が抵抗する



これは現在U紛争を起こしているPさんにこそ見てもらいたい作品だと、見終わって真っ先に感じました。
攻めてくるかもしれないから先制攻撃をする、そんな愚かなことが許されるワケがない。
中央政府からの警察官僚に必死に抵抗する民政官の姿が、本当に胸を打ちます。
というより見ていてツラい辛すぎる。

弾圧を指揮するのはジョニー・デップですが、副官のロバート・パティンソンの色の白さが、より残忍さを強調しています。
ロバパティは時々ほんとーに色が白く見えるんですわ。
肌の色が白いと、冷血漢という言葉がぴったりですものね。

でもね私が一番驚いたのはジョニー・デップの豹変っぷり。
正直あんまりジョニデは好きではなくて、これまで幾つかの作品を観ましたが、どれもピンときませんでした。
今回も作品の中の彼には特に惹かれた物はなかったのですが、特典映像のインタビューを見てびっくり。
いかにも撮影の合間に撮られた感ありありでインタビューを受けるジョニー・デップは、ただのおじさんでした。
冷酷な警察官僚の制服を身にまとっていながら、穏やかにしゃべる丸顔のいかにも気の良さそうなおじさん、そんなジョニデの姿に私の頭は混乱しました。
やっぱりジョニデって偉大な俳優なのかも。
それに気づかせてくれた今作は、観るに値する作品だったと言えるでしょう。



/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

『奪還者』感想

2022年 11月30日 23:13 (水)

ロバート・パティンソンの役の中では割と良い人だったと思います。短髪無精髭が思ったより似合うロバパティに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★

奪還者

世界経済の崩壊から10年オーストラリアの地は
鉱物資源を求める無法者たちが暴れ回っていた
すべてを失い唯一の財産は命より大切な愛車だけとい
うエリック(ガイ・ピアース)だったが
その彼の車がヘンリー率いる強盗団に奪われてしまう
一方ヘンリーの弟レイ(ロバート・パティンソン)は
強盗中に銃撃を受け現場に置き去りにされ重傷を負っていた
愛車の奪還を試み強盗団を執拗に追いかけるエリックは偶然にもレイと出会う
ヘンリーのさらなる追跡を続けるエリックとレイの間に
いつしか奇妙な友情が芽生え始めていた



世界観がちょっとマッドマックス寄りなのは、オーストラリア映画のせいでしょうか。
ガサガサした埃っぽさに、短い髪ときっちりとは剃り上げられない無精髭が良く映えます。
キラキラとは全く無縁のこういう造形のロバート・パティンソンも悪くないかも。
それにしても退場の仕方がねぇ・・・。
ま、主人公じゃないから致し方ありませんな。


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

『悪魔はいつもそこに』感想

2022年 11月28日 23:20 (月)

Netflixで鑑賞したロバート・パティンソン4作目。登場した瞬間からいやらしさと胡散臭さを撒き散らしているヒラヒラフリフリのシャツの良く似合うロババティに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★

悪魔はいつもそこに

オハイオ州の田舎町
幼い頃に両親を相次いで亡くしたアーヴィンは
祖母の元で義妹レノラとともに育つ
亡き父にまつわるトラウマを抱えながらも
愛する家族を守ろうともがくアーヴィンそんな彼の運命は
世俗の欲にまみれた牧師、殺人鬼カップル、腐敗した保安官らの
思惑と絡み合い暴力の連鎖へと引きずり込まれていく



物語冒頭から終始、猟奇的な陰鬱さが画面を支配しています。
私の苦手な作品らしいことはわかっていたので、かなり緊張して観ていました。
けど世俗の欲にまみれた牧師のロバート・パティンソンの造形には、思わず拍手をしたくなりましたよ。
彼ちょっとエルビス・プレスリーに似ているような気がする。
でっっっかいアメ車とヒラヒラの白いシャツが良く似合うんですわ。

でも牧師なんです、聖職者なんです。
たとえどんなに似合っていても、そーゆーのには手を出しちゃいけないんです。
そしてまさか、というか予想通りというか、一番手を出してはいけないものに手を出すのです。
そうです、若い女性信者に、です。

ヒラヒラした衣装に負けないロバート・パティンソンには、いつかきっと歴史上の人物を演じてもらいたいなと思います。
私の希望としては月並みですがハムレットとか、チェーザレ・ボルジアとか、個人的にはネルソン提督なんてのもいいかなぁ。
そこまで大物でなくても、架空の人物でもいいから、彼のカッコいいコスチューム姿が見てみたいです。
あーそういえば同じNetflixの「キング」でフランス皇太子役を演じてたんでした。
あれもミョーな役で、しかも退場の仕方が最高に情けなかったのよ。
できれば良い役がいいんだけどなぁ。


/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

『グッド・タイム』感想

2022年 11月27日 14:36 (日)

「ザ・バットマン」を観た後にNetflixでTENETの次に観たロバート・パティンソン作品。見事なフルビアードを見せてくれたロバパティに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★

グッドタイム

ニューヨークの最下層で
先の見えない生活を送る青年コニーと弟ニック
ある日二人は銀行強盗をしようとするが
ニックだけが逮捕され刑務所へ送られてしまう
ニックが刑務所内でいじめられ
暴れて病院へ移送されたことを知ったコニーは
弟を救うため病院へ忍び込むが・・・



より良い環境を目指してもがく若者の物語が私は好きです。
が、しかしその手段が銀行強盗って・・・、しかも失敗してるし・・・。
何がどうグッドタイムなのか、さっぱり理解できませんでした。
ただ一つ、予想通り顎の張ったロバート・パティンソンには、モジャモジャのヒゲが良く似合うというのがわかったのは収穫でした。



/ ←ひとポチよろしく!

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画