FC2ブログ

映画「ミーン・マシーン」感想

サッカーボールと戯れるジェイソン・ステイサムがとっても新鮮でした。けどこれってコメディ?あんまり笑えなかったんですけど。


ミーン・マシーン
映画「ミーン・マシーン
作品情報



八百長試合で刑務所に入ったプロサッカー選手が、囚人チームを率いて看守チームと対戦する、という筋立て。
どこかで聞いたことあるようなと思ったら「ロンゲスト・ヤード」という作品のパロディだったんですね。
「ロンゲスト・ヤード」観た、かな?ちょっと記憶にありません。
監督はバリー・スコルニックという人なんですけど、製作陣にマシュー・ボーンとガイ・リッチーの名前があります。
主演のヴィニー・ジョーンズは元々サッカー選手とのこと、それを生かした作品ということでしょうか。

序盤そんなにふざけた調子でもなかったので、わりと真面目に見入ってました。
すこ〜しずつ悪ふざけ感が出てきて、アレ?今のひょっとして笑うところだった?となります。
それが一番はっきりわかるのがジェイソン・ステイサム演じるモンクというキャラの登場シーン。
素手で23人(だったかな?)を殴り殺した凶悪犯、と紹介されるんです。
有り得ないでしょ、素手で23人なんて。

終盤はひたすらサッカーの試合の模様で占められます。
凶悪犯のモンクはなんとゴールキーパー。
宙返りしながらボールを止めたりバク転したり、ジェイソンがなんだか楽しそうです。
クルクル飛び回れるのも道理、何しろ彼は水泳の飛び込み競技の選手だったんですものね。
主演のヴィニー・ジョーンズ同様、こちらもジェイソンの得意な物をうまく生かしていることになります。

とはいえ、作品としては若干退屈感が大きいのは否めません。
私はジェイソンが嬉々としてサッカーしている姿を観られたので満足ですが。


サッカーの得意な人はコチラを→

サッカーの苦手な人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「ゴースト・オブ・マーズ」感想

ジェイソン・ステイサム目当てでレンタルしました。超B級、いやC級くらいのSFホラーアクション作品です。


ゴースト・オブ・マーズ
映画「ゴースト・オブ・マーズ
作品情報



オープニングクレジットで最初に「ICE CUBE」とドーンと出るので、てっきり原題が「ICE CUBE」なのかと思ったら。
この「ICE CUBE」は人の名前でした。
つまりこの「ICE CUBE」さんをヨイショするための作品てことです。

ジェイソン・ステイサムの役どころは、このICE CUBEさん演じる極悪人を護送するために編成された警察部隊のNo.3というキャラ。
隊長と副隊長が女性で、しかも隊長がレズビアンらしく副隊長にセクハラまがいのお誘いをしてたりするの。
副隊長は「自分はストレートだから」と必死で抵抗している、という設定。
そんな副隊長にジェイソン演じるジェリコがこれまたしつこく迫るんですわ。

この副隊長メルが物語の主人公ですので、モテモテなのは、まあ当然と言えば当然でしょうな。
ジェリコがとにかく舐め回すようにメルを見るんですが、その視線が本当にいやらしいの。
「オレみたいな良い男はそういないぜ」なんて台詞まで吐いちゃったりもするし。
ここまでイケイケなジェイソンは初めて見ました。
もちろん警察官としての技量もあるので、そういうバートでも大活躍してます。
けど退場の仕方があまりにあっさりというか、ほとんどその他大勢な感じで終わるのが不憫で不憫で。

せめて彼の一番の目的だけでも達成させてやって欲しかった。
主人公メルとはうまく行きそうだったのに、時間切れになっちゃったんですよ。
あと5分でもあれば事も済んだと思うんだけど。笑

ヨイショされてるICE CUBEさんのファンか主演女優のファン、あるいはジェイソン・ステイサムのファン以外にはオススメできない作品。
その他の人は観なくていいです。
超つまらなくて時間の無駄ですから。

時間を無駄にできる人はコチラを→

時間を無駄にできない人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「SPY/スパイ」感想

日本公開間近の「ゴースト・バスターズ」に出演する4人の女性の一人、メリッサ・マッカーシーが主演を務めるスパイコメディです。スパイ映画の好きな女子なら必見ですよ!


spy11.jpg



劇場公開を心待ちにしていたのに、公開されなかったので、Blu-rayになったと聞いてすぐさま予約しました。
ジェイソン・ファンなら当然でしょ。
日本未公開作なので、情報があまりありません。
ざっくりとしたストーリーは、以下のような物です。

CIAの内勤分析官スーザン・クーパー(メリッサ・マッカーシー)は現場勤務エージェントのブラッドリー・ファイン(ジュード・ロー)のパートナー。
遠く離れた潜入中のファインへCIA本部から、様々な情報を届けるのがスーザンの仕事です。
ところがファインは任務に失敗し帰らぬ人に。
そのことでエージェントの情報が漏れていることが発覚し、顔を知られていないスーザンが現場に出ることになります。
果たしてスーザンは無事任務を遂行できるのか?ファインの仇をうてるのか?

オープニングの曲からして、いかにもな007調で、スパイ映画好きなら嫌でもテンションが上がってきます。
イケメンというよりは男前と表現した方がしっくりくる、大人のスパイが沢山出てきて、それを観ているだけでも楽しい。
優良可の3人のスパイが出てきますが、果てさて誰が優で誰が良で誰が可なのかは観てのお楽しみ。

けどジェイソン・ステイサムはその3人の中には含まれていません。
ネタバレを恐れず言うなら、彼は不可です。
いや、はっきり言います。
ジェイソン・ステイサム演じるスパイのフォードはただのバカです。笑
ま、こういうコメディ作品には重要かつ必要な役どころですよね。笑笑

そもそも、ジェイソンてスパイの役なんてやったことないでしょ。
隠密行動ができるようなキャラじゃないもんね。
あれだけ筋肉質だと、体が重くて静かに歩くの難しそうだし。
オープニングのファインの活躍は、まんまジェイムズ・ボンドのようでカッコ良かったですけどね。

複数回観て気がついたのですが、ダニエル・クレイグに良く似た人が出てるんですわ。
あまり有名ではないらしく、その彼に関する情報がほとんどありません。
やっぱりそういうのを当て込んでのキャスティングなんでしょうね。
そんなところも面白いです。

女性が主人公ですから、ラブストーリーの要素も少しあります。
思う人には思われず、思わぬ人から思われる、いわゆる恋物語の鉄板てやつですな。
物語ラストのオチには、私的にはそこそこ納得。
良い組み合わせだと思いますよ、あの二人。


鉄板焼きの好きな方はコチラを→

鉄板焼きの嫌いな方はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「スナッチ」感想

監督ガイ・リッチー&制作マシュー・ボーンのコンビによる作品。主人公は一応ジェイソン・ステイサム演じるターキッシュなんでしょうけどね。


スナッチ
映画「スナッチ
作品情報



監督&制作が同じコンビでジェイソンのデビュー映画「ロック、ストック&トゥースモーキングバレルズ」を気に入ったブラッド・ピットがこれへの出演を決めたとのこと。
流浪民の若者ミッキー(ブラッド・ピット)のつかみ所のなさというのでしょうか、不気味な雰囲気が良く似合っていて、完全に主役を喰っちゃってます。
主人公はジェイソンだけど主役はブラピ、例えるならそんな感じでしょうか。

役者としての格が違う、とまでは言いたくないのがジェイソンファンとしての正直な気持ち。
って、言っちゃってるじゃん。笑
仕方ないでしょ、ジェイソンはこれが2作目なんだし、むしろ良くやってると思いますよ。
まだまだ印象も筋肉もうす〜いジェイソン・ステイサムが新鮮です。

ジェイソン出演作、残り3作ほどまだ観てません。
しばらくは火曜日がジェイソン・ステイサム祭りになる予定ですのでご了承ください。

祭りはやっぱり夏でしょ、と言う方はコチラを→

祭りはやっぱり秋でしょ、という方はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

軍装コレクション その2 ジェイソン・ステイサム誕生日記念!

今日はジェイソン・ステイサムの誕生日です。1967年生まれですから本日で満49歳、おめでと〜ジェイソン!来年にはいよいよ人生半世紀だね!


jasonexpe3.jpg
見ての通りエクスペ3の宣伝用ショット



jasonexpe1.jpg
作中のショットみたいに見えなくもないけど
ばっちりカメラ目線だからやはり宣伝用ですかね



シルベスタ・スタローンの軍装探しから端を発したこのコレクション。
ジェイソン・ステイサムもほぼスタローンの状況と同じであるということが判明しました。
だって本格的軍装がコレ↑しかなかったんだもん。
元空軍パイロットだとか元特殊部隊員とか、そういう経歴のキャラばかりで現役軍人の画像がほとんどありません。
唯一それらしいのがコレ↓ハミングバードのアフガン戦闘員だった頃の画像です。

jasonafgan.jpg
戦闘服を着ているらしいけど
コレじゃ全然わからない〜



もう一枚同じくハミングバードより、中華料理店の厨房係(兼用心棒)の制服を着たジェイソン。
わりとこの扮装のジェイソンは嫌いじゃないです。
大きな鍋を洗ったりする姿がなかなか新鮮だったのよ。

jasonepron.jpg
店の中で喧嘩を始めた客を片付けるお仕事にとりかかるところ



そういえば、一応ファンタジーソードアクションみたいな映画の主演もしているジェイソン。
その作品デス・リベンジから一枚だけ貼付けておきますね。
何せ役名がファーマー(農民)ですから、軍装とはほど遠いコスプレですけど。

jasomfarmer.jpg
華やかさがカケラも感じられないファーマーさん



まぁ、重装備なんて必要ない剣一本あれば十分、てのはジェイソンの後々のキャラにつながっていると言えなくもないかな。
むしろこっち↓のアドレナリンからのショットの方が、ずっと魅力的だと思う。
病院の入院患者が着ている割烹着みたいな形のアレの下には、な〜んにも着てません。
後ろ姿が、かなり大胆で刺激的で目を奪われるんですよ。笑

jasomnemaki.jpg
すっぽんぽんとは紙一重



スーツは男の戦闘服とはいいますが、ジェイソンもまさにそういうタイプ。
何せファッションモデル出身ですから、コスプレより何より、こういう出で立ちが一番似合ってますよね。

jasonsuit1.jpg
ひょっとしてSPの扮装?

jasonsuit2.jpg
JSのサインが入ってます



以上、誕生日を記念した、軍装というより扮装コレクションでした。

扮装好きな方はコチラを→

紛争好きな方はコチラを→/

theme : 洋画
genre : 映画

映画「コラテラル」感想

何故これを観ようと思ったのか、という謎は始まって一分くらいで判明しました。なんとジェイソン・ステイサムが出てきたんです。という訳で一応ジェイソン祭りに入れときました。


コラテラル
映画「コラテラル
作品情報



あれ?ジェイソン出てたの?と少しビックリしました。
なので後でまた出てくるのかな、と期待したんですけど、それっきりでした。
作品の中身としては、ぬるくてゆるくてたるくて眠かったです。
そもそも何のためにジェイソン出てきたの?ですもの。

タクシー運転手が主役のようだから、派手なカーアクションでもあるのかと思ったら、全然そんなシーンはなかったし。
脚本は穴だらけでテンポは悪いし無駄なシーンは多いし・・・とダメ出しするとキリがありません。
何より一番のダメポイントはズバリキャスティングでしょうな。

トム・クルーズの殺し屋が全然似合わなくて、まるきし様になってないのよ。
というかその殺し屋がダメ過ぎるから全てがダメ、それは脚本のせいかもしれないけど。
殺し屋稼業を6年やってるってことだったけど、営業6年やって初めてつかんだのがこの仕事って感じ。
つまり初仕事で失敗した訳、ってそれじゃ殺し屋でも何でもないじゃん。
最初から最後まで出ずっぱりの殺し屋なのに、結局失敗するなんてストーリー、ある意味映画としてはとっても希有かも。
と、思いきりネタをばらしてしまって、つまりこんな映画は観なくていいよ〜と訴える記事でありました。

殺し屋は殺してなんぼと思う人はコチラを→

殺し屋は殺されてなんぼと思う人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

ジェイソンDiscなし崩し

遅疑逡巡していたジェイソン・ステイサムのBlu-rayようやく入手しました。先に届いたのはこれじゃないけど、一番最初に注文したのはコチラ↓



出演者の禿率が高いのでジェイソンのハゲインパクト薄いなぁと思っていたら、むしろヒゲの方が濃いということに、今回観直してみて気がつきました。笑

higehagejason.jpg
こんな感じ

アクションシーンはスロー再生でじっくり観るのが私のいつもの観賞スタイル。
この作品もそれで観て、劇場公開時には観られなかったカッコいいジェイソンをた〜っぷり堪能することができました。
終盤に主人公ドムと闘うシーンでは、鉄パイプを手に華麗な立ち回りを見せてくれます。
この時のジェイソンの体の動きがとってもシャープで、キレッキレで素晴らしいの。
やっぱり剣を手に闘う、ジェイソンのコスプレアクションが観てみたい〜〜!
返す返すも「デス・リベンジ」が残念すぎますな。

この「ワイルド・スピード SKY MISSION」の登場人物に、ミスターNOBODYという人がいるのですが、この人がやたらベルギービール(Belgian ale)を推すんですわ。
主人公ドムはコロナしか飲まないのを知っていて、それでもしつこくBelgian aleを奨めるの。
そんなに美味しいの?ベルギーのエールって?気になるわぁ。

一番最初に注文したジェイソンDiscは「ワイルド・スピード SKY MISSION」でしたが、家に届いた最初の物はコチラ↓です。



ああ、でもやっばり「ハミングバード」も欲しい。いや、それよりも「トランスポーター」のシリーズも持っていたい・・・うぬぅ・・・。
まだしばらくジェイソンDiscで悶々とする日々が続きそうです。


もうかりまっか?ポチポチ↓でんな〜。

theme : 映画感想
genre : 映画

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」感想

どうしてもヒゲ観察の比重が大きくなるのですが、ハゲ観察もちゃんとしてますよ。
というワケでジェイソン・ステイサムの映画デビュー作を観てみました。


ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
映画「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
作品情報



とはいえ、観たのがずいぶん前なので、細かいことは良く覚えてません。
一言で言うならスタイリッシュクライムサスペンスとでも表現できるこの作品。
一攫千金を狙う若者4人に、悪い組織の面々や伝説のヒットマンなど、次々登場人物が増えていきます。
にも関わらず、混乱させることなく結末までグイグイ引っ張っていくテンポの良さが素晴らしい。
そして結末も、観る者の判断にまかされているというのもニクいです。

最後に笑うのは誰か?みたいなキャッチコピーもあるようですが、私としては「誰も笑わなくていいよ、ちゃんと真面目に働け!」というのが素直な感想だったりする。ミモフタモナイ
何やら妙に長いカタカナのタイトルですけど、私なりの解釈では「二つの銃が火を吹く時、何かが起きる」そんなところでいかが?


ポチ↓するカドにはフクきたる!



あ、実は遅疑逡巡していた初ジェイソンDisk、既に購入済みです。そこいらのことは来月あたりにまた。

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「セルラー」感想

セルラー
映画「セルラー
作品情報



ジェイソン・ステイサム目当てに観てみました。悪徳警官っぷりがペラいです。物語としてはなかなか良くできたサスペンスになっていると思います。主演の二人キム・ベイシンガーとクリス・エヴァンスのファンには楽しめる作品でしょう。

悪徳警官を逮捕する正義の警官ボブが地味にかっこいいです。どっかで見た顔だと思ったら、ジュラシックパーク3の偽社長の人。他にER緊急救命室にも出てたらしい。ウィリアム・H・メイシーという名前覚えにくいわ〜。

ポチ↓するカドにはフクきたる!

theme : 映画感想
genre : 映画

ジェット・リー主演作品「ザ・ワン」感想

ザ・ワン
映画「ザ・ワン
作品情報



ジェット・リーの作品はいくつか観ているのですが、私的にはコレと言ったものがありませんでした。今回はジェイソン・ステイサム目当てにレンタルしたのですが、ようやくこの作品でジェット・リーのコレという作品に出会ったと思いました。

カンフー映画を観ていていつも感じるのは、主役が強いのは当たり前、でも敵が弱過ぎるとつまらない、主役と同等くらいのレベルでないと面白くない、ということ。その観点で言うなら、ジェット・リー対ジェット・リーのこの作品が面白くない訳がありません。

125のパラレルワールドに存在する自分を次々倒していき、124人を倒し尽くすと究極の強者になれる。かもしれないので123人を倒し、残り一人となったというところから話が始まります。SFとしての設定など、ストーリーも良かったと思います。残り二人となったジェット・リーは、強さがどちらも同じというのがミソ。見た目がそっくりなので、闘う前にちゃんと片方が上着を脱いで見分けがつくようにしてくれる配慮も嬉しい。

ハッピーエンドのラストも気が利いてます。このラストのオチをつけるのに、我らがジェイソンが一役買うのですが、彼の役どころも良かった。過去に何かしらあった訳あり捜査官(いつものありがちジェイソン)で、実は結構人情味ある男という設定。トランスボーターより前の作品なので、まだまだ彼の顔はスリムです。ジェット・リーはこの若い頃の方がかっこいいと思うけど、ジェイソン・ステイサムは今の方が私は好きだわ。


ポチ↓が西向きゃ尾はひがし〜。


theme : 映画感想
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「ステップ」 「はるヲうるひと」 「ゾッキ」 「007ノータイム・トゥダイ」 「新解釈・三國志」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「日の名残り」 「椿三十郎」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」「バリー・シール」「デイアンドナイト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示