おめでとうジェイソン!

ジェイソン・ステイサム49歳にしてようやくパパに!

jasonbaby2017.jpg
<ジャック・オスカー君のおてて>



少し前にお腹の大きな婚約者の写真を披露していましたが、この度無事に男の子が生まれたそうです。
ジェイソンなら優しくて強くて愉快なパパになるに違いありません。
それにしても「はよ結婚せーよ」と思ったのは私だけじゃないよね?


/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト

theme : アクション映画
genre : 映画

ワイルド・スピードICE BREAKE観てきました

プレミアムフライデーのせいかどうかはわかりませんが、公開初日の夜ほぼ満席でした。敵にヒゲモジャさんがいたので、ヒゲハゲ満足度5点満点で文句無く5★★★★★


wildspeed8.jpg
誰よりも仲間を大切にしてきたドミニクの裏切りにより
彼らの結束は崩れようとしていた
だが彼の行動には謎のサイバーテロリストが関与していることがわかる
レティやローマンらはドミニクを取り戻すため
最大の敵デッカード・ショウと手を組むが・・・




ヴィン・ディーゼルの映画はワイスピの前作と、今年の「トリプルX」しか見たことがなかったんですけど、これまではどーにも彼は私の好みのハゲではなかったんですよ。
原因ははっきりしていました。
それは彼のあの押し出しが強いというか、自信満々というか、オレサマサイキョー!な部分があまりにも鼻についたから。

けれども今作はちょっと違っていました。
どこか不安げな表情で車を駆るドミニク・トレット(ヴィン・ディーゼル)が、なかなか麗しかった。
これまでさんざんファミリーのために!ファミリー最高!を連呼していたドムが、そのファミリーという弱みを握られてしまうんですわ。
強みである彼のファミリーは、裏を返せば簡単に弱みにもなっちゃうってのは、誰でも考えつくことでしょうな。

さらにはモトカノの因縁なんかも絡んでくるので、余計にドムは強く出られないの。
イマカノのレティに「あなたは私を愛してる」と指摘され、無言で不安な表情を浮かべるしかないドムの姿が本当におかしくて笑え、・・・じゃなくて、切なくてウルっと・・・、したような気がしたかもしれない、たぶん。
ごめんなさいウソです、全然ウルっとなんてしてません。
だってモトカノがあまりにも愚かだったから。
とかなんとかドムの女遍歴についてはこのへんにして、やっぱりジェイソンのことについて触れておかないとね。

waispijason2.jpg
<脳筋対決の決着がつかなかったのは残念>



今回ジェイソン・ステイサムはやっぱりあんまり大きくないというのが良くわかりました。
ミスター・ノーバディ(カート・ラッセル)と並んだらジェイソンの方が小さかったんですよ。
そんな彼が元プロレスラーのドウェイン・ジョンソンと渡り合うんですから、も〜しびれますわ。
オレンジ色の刑務服が本当に良くお似合でした。

敵の敵は味方といわんばかりに、不本意ながらもドムのファミリーに加わるデッカード・ショウ(ジェイソン)の居心地悪そうな様子が面白くて。
デッカードにはデッカードのファミリーがあるんですから、もし次もあるならファミリー対決になってくるんじゃないかと思うんですけど。
だとしたらあのママは最強ですよ、しかも息子はイケメン兄弟ときてる。
次回作には、ぜひぜひショウ一家の登場をお願いしたいです。


/

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

映画「メカニック・ワールドミッション」観てきました

ジェイソン・ステイサム演じる主人公の殺し屋アーサー・ビショップは、この名前に負けないカッコ良さでした。アクションサスペンスとしても、とてもしっかりとした出来で、すごく面白かったです。


mechanic.jpg
映画「メカニック:ワールドミッション
作品情報




冒頭に登場したゴージャスではないけれど、使い込まれ手入れされたクルーザーの木質感がたまりませんでした。
そんな船の中でレコードに針を下ろすビショップ(ジェイソン・ステイサム)が、またカッコいいのよ。
一つ一つの物にこだわり抜いた男アーサー・ビショップ、そんな彼の姿を見て何故だか頭の中に響いたのは「う〜んマンダム」という台詞。
いや、気のせいじゃなくて、そんな風に思えたんですってば。笑

そんな良い男っぷりをゆったり見せつけておいて、美女の登場と同時に始まるアクション・シークエンスはお約束です。
ジェイソンの映画を劇場に観に行くと、必ず心の中で叫ばずにはいられない「今のとこ!今のとこ!もいっかい、スロー再生させて〜〜!」の台詞、いったい何度叫んだことか。

ジェシカ・アルバとの淡〜いラブストーリーも良かったし、トミー・リー・ジョーンズとの軽妙なやりとりも面白かった。

jones.jpg
killyou.jpg



すごくウマの合いそうなこの二人、ぜったい次回作もありそうですよね?ね?
ああ、それなのにそれなのに、約200席のスクリーンで、50人前後しか観客がいなかったなんて。
上映館少な過ぎ、観客少な過ぎはどういうことなの???!!!
すぐ後に同じスクリーンでウシジマくんの上映だったのですが、こちらは半分くらい埋まってました。
中学生がゾロゾロいたのは、土曜日に何か行事があってそれの振替だったのかもしれません。
中学生にジェイソン・ステイサムはまだ早いかな?笑

jesica.jpg



けど一つだけダメ出しさせてください。
ジェシカ・アルバの長々とした水着シーンはあったのに、なんでジェイソンのはほとんど無かったの?
男性向けのさぁびすショットを作ったんなら、女性向けのも作ってくれなきゃ困るわよねっっっ!


さぁびすショットは男性の物と思う方はコチラを→

さぁびすショットは女性の物と思う方はコチラを→/

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

決して忘れてるワケじゃありませんよ

ウシジマくんの新作映画まで、あと二回寝るだけとなりました。


メカニック:ワールドミッション
(C)
映画「メカニック:ワールドミッション
作品情報




往往にしてハゲよりヒゲの話題の方が多くなってしまうんですけど、ジェイソンのことを忘れてるワケではありませんからね。
この作品ちゃんと楽しみにしてますってば。
私が最も渇望していたアクション女優ジェシカ・アルバとの夢の共演だし。
ジェイソンの元カノ役にボンド・ガール1のアクションをこなしたミシェル・ヨーだし。
宇宙人ジョーンズの彼の人がコメディ担当みたいだし。

けど何しろウシジマくんの新作と重なってるので、いつどこで観るかのタイミングを計るのが大変なんですわ。
そもそも上映館が少な過ぎて、行けるところは1館のみときてる。
今のところ28日にウシジマくんと二本立ての予定。
って、アレ?じゃ次の火曜日のジェイソン・デーの記事はどうするの?
おかしいな、どこで計算間違えたんだろ・・・。


計算の得意な人はコチラを→

計算の苦手な人はコチラを→/

theme : 映画関連ネタ
genre : 映画

映画「リボルバー」感想

どんな作品だったのか良く覚えてなくて、感想記事を探してみたけど見当たりませんでした。仕方ないので再見してみることに。


リボルバー
映画「リボルバー
この作品情報を楽天エンタメナビで見る



監督がガイ・リッチーで制作はリュック・ベッソン、脚本はこの二人の共同執筆のようです。
途中睡魔に襲われながらも頑張って見終わって感じたのは、こりゃ感想書けないはずだわ、でした。
映像もなんだか独特で、見ているのが夢なのか現実なのか、判別つかないし。
いくつか感想ブログをあたってみたら、リボルバーというタイトルから、ジェイソン・スイテサム演じる主人公ジェイク・グリーンの6つの人格があるとか云々。
また観客をケムにまく意図のある作品だから、何がなんだかわからなくて当然、という意見も。

でも私は敢えてこの難解な作品に、ザックリとメスを入れてみたいと思います。
キーとなるのはサム・ゴールドという名です。
主人公ジェイク・グリーン(ジェイソン・ステイサム)は、とある裏組織に属していたギャンブラーで、ボスのマカにはめられ刑務所送りになります。
7年後に出所したグリーンはマカに仕返しをするべく、行動を起こすのですが妙な二人組に邪魔をされます。
ボスのマカの上にはさらにボスがいるらしく、その名がサム・ゴールドなのです。

サム・ゴールドってsome gold(いくばくかのお金)ですよね?
グリーンはギャンブラーですから、一攫千金を夢見てギャンブルに賭けたりします。
でもそのギャンブルで勝った金を妙な二人組(ザックとアヴィ)に巻き上げられちゃうの。
マカは白い粉を扱う商売をしていて、現金ではなく粉をグリーンに盗まれ、怒ったマカはグリーンを消そうと殺し屋を差し向けたりもするのです。

ここまで書くとだいたい想像がつくかと。
この作品は金と欲にまみれた人間の醜さや愚かさを描いていると私は思うのです。
つまり「闇金ウシジマくん」と同じということ。
作中でグリーンはザックとアヴィに命じられるまま、借金取りのようなことをさせられます。
その姿はまさに「闇金グリーンくん」といった風情でした。

闇金グリーンくんのジェイソン・ステイサムは髪の毛がフサフサしていて、印象がとっても薄いです。
因みに上の写真真ん中がジェイソンですよ、信じられないかもしれませんけど。笑
グリーンを狙う殺し屋をマーク・ストロングが演じているのですが、彼の方がずっと強烈でした。
中途半端に禿げた頭が妙にリアルな、一見冴えないサラリーマン風で全然ヒットマンに見えないの。
でも目つきや身のこなしの隙のなさが、只者ではない感あって不気味さが5割り増しです。
あれでオールハゲだったら、きっと目立ちすぎてヒットマン失格なんだろうなぁ。

とかなんとかジェイソン・ステイサムとマーク・ストロングの直接ハゲ対決が見られそうで見られない、いくらかいやかな〜り欲求不満な作品でした。
けど二人の直接ハゲ対決って、どんなの?
反射光の強さを計るとか?

ジェイソン・ステイサムの勝ちだと思う人はコチラを→

マーク・ストロングの勝ちだと思う人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「ピンク・パンサー」観た

笑えないコメディほど観るのが辛い物はありませんな。これでジェイソン出演作ほぼ全て観終わりました。


ピンクパンサー
映画「ピンクパンサー
作品情報



この作品、子ども向けという訳じゃないんですよね?
諸々のギャグがゆるすぎて、テンポがのろくて全く笑えませんでした。
ああ、ここで笑いを取るポイントなのね〜、と冷めた目で見てしまうんですわ。
登場人物に感情移入できないからなのかもしれませんけど。

冒頭にに出てくるサッカーチームの監督役のジェイソンが見られたのは良かった。
ギョロ目むいて事切れ、倒れ込む姿はナイスでした。
あれはジェイソンファンなら必見だと思う。
ついでに恋人役があのビヨンセなので、彼女とイチャつくシーンも必見。
なかなかゴージャスなツーショットでしたわ。

ジャン・レノが主人公クルーゾーのパシリ係の刑事役で出てます。
当時58歳くらいのジャン・レノ、髪の毛が黒々としてかなりの若作り。
ふつーに真面目で地味な刑事役が、むしろ新鮮でした。
影があったり癖があったりと兎に角一目見たら忘れないような、アクの強い役の彼しか見たことがないような気がするので。

さて、火曜日のジェイソンの日も残り4回です。
うち2回は決まってるけど、後の2回は何を書こう。


過ぎ行く夏が侘しい人はコチラを→

過ぎ行く夏が嬉しい人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「ミーン・マシーン」感想

サッカーボールと戯れるジェイソン・ステイサムがとっても新鮮でした。けどこれってコメディ?あんまり笑えなかったんですけど。


ミーン・マシーン
映画「ミーン・マシーン
作品情報



八百長試合で刑務所に入ったプロサッカー選手が、囚人チームを率いて看守チームと対戦する、という筋立て。
どこかで聞いたことあるようなと思ったら「ロンゲスト・ヤード」という作品のパロディだったんですね。
「ロンゲスト・ヤード」観た、かな?ちょっと記憶にありません。
監督はバリー・スコルニックという人なんですけど、製作陣にマシュー・ボーンとガイ・リッチーの名前があります。
主演のヴィニー・ジョーンズは元々サッカー選手とのこと、それを生かした作品ということでしょうか。

序盤そんなにふざけた調子でもなかったので、わりと真面目に見入ってました。
すこ〜しずつ悪ふざけ感が出てきて、アレ?今のひょっとして笑うところだった?となります。
それが一番はっきりわかるのがジェイソン・ステイサム演じるモンクというキャラの登場シーン。
素手で23人(だったかな?)を殴り殺した凶悪犯、と紹介されるんです。
有り得ないでしょ、素手で23人なんて。

終盤はひたすらサッカーの試合の模様で占められます。
凶悪犯のモンクはなんとゴールキーパー。
宙返りしながらボールを止めたりバク転したり、ジェイソンがなんだか楽しそうです。
クルクル飛び回れるのも道理、何しろ彼は水泳の飛び込み競技の選手だったんですものね。
主演のヴィニー・ジョーンズ同様、こちらもジェイソンの得意な物をうまく生かしていることになります。

とはいえ、作品としては若干退屈感が大きいのは否めません。
私はジェイソンが嬉々としてサッカーしている姿を観られたので満足ですが。


サッカーの得意な人はコチラを→

サッカーの苦手な人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「ゴースト・オブ・マーズ」感想

ジェイソン・ステイサム目当てでレンタルしました。超B級、いやC級くらいのSFホラーアクション作品です。


ゴースト・オブ・マーズ
映画「ゴースト・オブ・マーズ
作品情報



オープニングクレジットで最初に「ICE CUBE」とドーンと出るので、てっきり原題が「ICE CUBE」なのかと思ったら。
この「ICE CUBE」は人の名前でした。
つまりこの「ICE CUBE」さんをヨイショするための作品てことです。

ジェイソン・ステイサムの役どころは、このICE CUBEさん演じる極悪人を護送するために編成された警察部隊のNo.3というキャラ。
隊長と副隊長が女性で、しかも隊長がレズビアンらしく副隊長にセクハラまがいのお誘いをしてたりするの。
副隊長は「自分はストレートだから」と必死で抵抗している、という設定。
そんな副隊長にジェイソン演じるジェリコがこれまたしつこく迫るんですわ。

この副隊長メルが物語の主人公ですので、モテモテなのは、まあ当然と言えば当然でしょうな。
ジェリコがとにかく舐め回すようにメルを見るんですが、その視線が本当にいやらしいの。
「オレみたいな良い男はそういないぜ」なんて台詞まで吐いちゃったりもするし。
ここまでイケイケなジェイソンは初めて見ました。
もちろん警察官としての技量もあるので、そういうバートでも大活躍してます。
けど退場の仕方があまりにあっさりというか、ほとんどその他大勢な感じで終わるのが不憫で不憫で。

せめて彼の一番の目的だけでも達成させてやって欲しかった。
主人公メルとはうまく行きそうだったのに、時間切れになっちゃったんですよ。
あと5分でもあれば事も済んだと思うんだけど。笑

ヨイショされてるICE CUBEさんのファンか主演女優のファン、あるいはジェイソン・ステイサムのファン以外にはオススメできない作品。
その他の人は観なくていいです。
超つまらなくて時間の無駄ですから。

時間を無駄にできる人はコチラを→

時間を無駄にできない人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「SPY/スパイ」感想

日本公開間近の「ゴースト・バスターズ」に出演する4人の女性の一人、メリッサ・マッカーシーが主演を務めるスパイコメディです。スパイ映画の好きな女子なら必見ですよ!


spy11.jpg



劇場公開を心待ちにしていたのに、公開されなかったので、Blu-rayになったと聞いてすぐさま予約しました。
ジェイソン・ファンなら当然でしょ。
日本未公開作なので、情報があまりありません。
ざっくりとしたストーリーは、以下のような物です。

CIAの内勤分析官スーザン・クーパー(メリッサ・マッカーシー)は現場勤務エージェントのブラッドリー・ファイン(ジュード・ロー)のパートナー。
遠く離れた潜入中のファインへCIA本部から、様々な情報を届けるのがスーザンの仕事です。
ところがファインは任務に失敗し帰らぬ人に。
そのことでエージェントの情報が漏れていることが発覚し、顔を知られていないスーザンが現場に出ることになります。
果たしてスーザンは無事任務を遂行できるのか?ファインの仇をうてるのか?

オープニングの曲からして、いかにもな007調で、スパイ映画好きなら嫌でもテンションが上がってきます。
イケメンというよりは男前と表現した方がしっくりくる、大人のスパイが沢山出てきて、それを観ているだけでも楽しい。
優良可の3人のスパイが出てきますが、果てさて誰が優で誰が良で誰が可なのかは観てのお楽しみ。

けどジェイソン・ステイサムはその3人の中には含まれていません。
ネタバレを恐れず言うなら、彼は不可です。
いや、はっきり言います。
ジェイソン・ステイサム演じるスパイのフォードはただのバカです。笑
ま、こういうコメディ作品には重要かつ必要な役どころですよね。笑笑

そもそも、ジェイソンてスパイの役なんてやったことないでしょ。
隠密行動ができるようなキャラじゃないもんね。
あれだけ筋肉質だと、体が重くて静かに歩くの難しそうだし。
オープニングのファインの活躍は、まんまジェイムズ・ボンドのようでカッコ良かったですけどね。

複数回観て気がついたのですが、ダニエル・クレイグに良く似た人が出てるんですわ。
あまり有名ではないらしく、その彼に関する情報がほとんどありません。
やっぱりそういうのを当て込んでのキャスティングなんでしょうね。
そんなところも面白いです。

女性が主人公ですから、ラブストーリーの要素も少しあります。
思う人には思われず、思わぬ人から思われる、いわゆる恋物語の鉄板てやつですな。
物語ラストのオチには、私的にはそこそこ納得。
良い組み合わせだと思いますよ、あの二人。


鉄板焼きの好きな方はコチラを→

鉄板焼きの嫌いな方はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「スナッチ」感想

監督ガイ・リッチー&制作マシュー・ボーンのコンビによる作品。主人公は一応ジェイソン・ステイサム演じるターキッシュなんでしょうけどね。


スナッチ
映画「スナッチ
作品情報



監督&制作が同じコンビでジェイソンのデビュー映画「ロック、ストック&トゥースモーキングバレルズ」を気に入ったブラッド・ピットがこれへの出演を決めたとのこと。
流浪民の若者ミッキー(ブラッド・ピット)のつかみ所のなさというのでしょうか、不気味な雰囲気が良く似合っていて、完全に主役を喰っちゃってます。
主人公はジェイソンだけど主役はブラピ、例えるならそんな感じでしょうか。

役者としての格が違う、とまでは言いたくないのがジェイソンファンとしての正直な気持ち。
って、言っちゃってるじゃん。笑
仕方ないでしょ、ジェイソンはこれが2作目なんだし、むしろ良くやってると思いますよ。
まだまだ印象も筋肉もうす〜いジェイソン・ステイサムが新鮮です。

ジェイソン出演作、残り3作ほどまだ観てません。
しばらくは火曜日がジェイソン・ステイサム祭りになる予定ですのでご了承ください。

祭りはやっぱり夏でしょ、と言う方はコチラを→

祭りはやっぱり秋でしょ、という方はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パッセンジャー」「ファウンダー」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「ベイビー・ドライバー」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示