FC2ブログ

ボヘミアン・ラプソディー観たよ

私は過去にクイーンのアルバムに手を出したことはあるんですけど、あんまりピンときませんでした。けれどもフレディ・マーキュリーのソロアルバム「ミスターバッドガイ」は車の中で何度も何度も、今でいうところのヘビロテをしていたんです。そして次の彼のソロアルバムを今か今かと心待ちにしていたのです。ヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★

ボヘミアンらぷ




芸術家の魂というのは孤独なものだと言いますが、フレディの魂もまさに孤独そのものだったんだなぁとこの作品を見て感じました。
多くの人々から愛されながらも愛されたいただ一人の人からは愛されない、彼の寂しさ悲しさがどれほどだったことか。


/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

ジョニー・イングリッシュ

「ジョニー・イングリッシュ/アナログの逆襲」観てきました。前2作レンタルで観たんですけど、探しても探しても感想記事が見当たらない・・・あれれ?ヒゲハゲ満足度は5点満点で2★★ってところですな。


じょにいん2018
公式サイトはコチラ



ローワン・アトキンソンといえばミスター・ビーン、それを期待しているとちょっと物足りないかも。
思ったよりブラック感は少ないです。
何より王室ネタがなかったんですよねぇ。
英国コメディといえば王室ネタだと思ってたんですけど、ひょっとするとわざと避けたと言えなくもないのかもしれないと思わせておいて、ただの忖度ですかね?

一作目が一番面白かったような気がするのは、こういうシリーズ物の宿命ではありますが。
個人的には女王陛下の愛犬ロイヤルドッグが出てきた一作目がやっぱり面白かったと思います。おいオイ。
いやホントそのコーギー犬の登場の仕方も結構笑えたので、コーギー好きならそれだけが目当てでも観る価値はあると思うんですよ、一作目をね。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「億男」感想

あまり期待はしなかったのでガッカリ感はそんなに大きくありませんでした。北村一輝のヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の2★★


おくおとこ
公式サイトはコチラ




北村一輝のヒゲに★一つなら、残りの★は作品全体に対してかというと、そういう訳ではありません。
もう一つの★は藤原竜也のロン毛に対して進呈した物です。
思ったより彼のロン毛が似合っていたんですよ。
私は日本人男性には、長髪の似合う人はほとんどいないと思ってます。
Y氏のロン毛は正直あんまり好きじゃないし。
そういう意味で、この作品の藤原竜也はめっけもんだったと思います。

これに北村一輝が出ているとは知りませんでした。
序盤に出てきた胡散臭いギャンブル狂の男性に、どこかで見たことあるんだけど、誰だっけ〜?と思いながらマジマジその顔を見ておりました。
そして出番が終わる頃にようやく、そ〜だっっ!猫侍だっっ!と気がついたんですわ。
そしたらンも〜〜、なんだか嬉しくって楽しくって、悶絶萌え萌えキュンキュンしちゃいましたよ。

一輝き
<このメガネにヒゲは・・・>


最初にその造形↑を目にした瞬間、ん?んんんん?あんまり言いたかないけど・・・ちょっとウシジマくんに似てるような気がする〜るるる〜〜気のせい気のせい目のさっかく〜と必死に自分に言い聞かせておりました。
でもね、あのモサモサひげでは隠しきれない麗しい顔かたちに気がついて納得したんですよ。
やっぱり美形の髭面って最高だわ〜♡♡♡

と、ここまではヒゲハゲ満足度の★二つに関してで、以下全く★のつかなかったその他に関してをちょっとだけ記しておきます。
冒頭に登場した主人公カズオ(佐藤健)と、その親友ツクモ(高橋一生)の造形があまりに似ていたので、アレ?ひょっとして・・・と思っていました。
見終わってナンジャコリャ感満載だったこの作品を私なりに解釈してみると、大学時代の親友に対して「僕は変わってないよ(あの時と同じに君が好きだよ)」と告白するツクモでしたが、まるっきしそれが愛の告白だとは気づかない、超鈍感なストレート男カズオとの永遠にすれ違いの恋物語、ってのでいかがでしょうか?


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「SUNNY強い気持ち強い愛」観てきました

世代が全然合わないのに何故これを観ようと思ったのか今となっては全く思い出せないんですけど、予想以上に良かったので感想を綴っておきます。リリー・フランキーの胡散臭くてコキタナイヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の4★★★★


強い気持ち強い愛
公式サイトはコチラ



筋立てなどは脇に置いといて、私が一番良かったと思うのは高校生だった頃の演者と大人になってからの演者が割と違和感なかったところです。
若い頃はきっと美人だったに違いない感アリアリの中年女性が、篠原涼子にあんなに似合うなんて!!
上の写真では若い頃にしか登場していない池田エライザも、それには意味があったりと細かい部分での演出もなかなか気が利いてるんですよ。

私の隣2〜3席離れたところに座っていた女性が、かな〜り本気でボロボロ涙こぼして泣いていました。
見たところ世代がドンピシャ(この言葉も年がわかる死語 ?)だったようです。
あのズルズルルーズソックスにチェックのミニスカートって女子高生ファッションは、日本を発生源として世界中に広がったスタイルなんですよねぇ。
それを考えるとあの1990年代ってのは女子高生たちのパワーがどれほどだったかわかるというもんです。

作中で我が家の最寄りの高校がロケ地に使われていることに気づき、翌日さっそく現地に行ってみました。
篠原涼子と広瀬すずが来ていたなんて、ロケ当日はきっと大騒ぎだったに違いありません。


/ ←ひとポチよろしく!

「ジュラシックワールド/炎の王国」観てきました

暑さのせいで新作が公開されていることをすっかり忘れていました。前作がテレビ放映されたのはこのためだったのに気がつかないなんて、げに恐ろしきは異常気象なり !ですな。クリス・プラットのヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★


ジュラわ5

公式サイトはコチラ



筋立てには特に目新しい物はなくてネタバレもあってないようなもんですが、以下ちょこちょこネタをバラしているのでご注意ください。
今作は若干コメディ度が高かったような気がします。
コメディ担当の恐竜も大活躍してましたし、Tレックスの頭の重さに「ぐぇっ」と唸るクリス・プラットの姿には吹き出しそうになりましたわ。
あーいや、姿は見えなかったんだっけ。笑

サブタイトルの「炎の王国」ってのは物語前半の火山噴火から取られた物なんでしょうね。
噴火で全滅しそうになる恐竜を救おうなんて主張、どう考えてもおかしいでしょ、鳥島のアホウドリと一緒にしないで欲しいわ。
けど迫り来る溶岩から逃げる描写には、恐竜より何より恐ろしいのは地球の怒りのような火山噴火かもしれない、と感じられたのは良かったと思います。

観たのは2D字幕版、これで面白かったら4DMXでも観てみようかなと思ってたんですよ。
前半部分はいくらかアクションが多かったんですが、後半はサスペンス要素が強くなってきて、そんなに動きはなかったように感じました。
前作はきっと4DMXで観ると面白いはず、いやむしろ前作の4DMX版を今すご〜く観たい、3年前の公開時に観られなかったから余計に観たい !
というワケで今作は特に4DMXで観たいと思うような魅力は感じられませんでしたとさ。

「ジュラシック・パーク」感想はコチラ
「ジュラシック・ワールド」感想はコチラ


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「パンク侍、斬られて候」観てきました

こういうバカバカしいの大好き‼︎ここんとこ気になってるトヨエツの月代サカヤキに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で5★★★★★


パンク侍
公式サイトはコチラ



断っておきますが私はアヤマダ(綾野剛と山田孝之両方のファンを指す言葉)ではありません。
今作も主人公の綾野剛は殆ど眼中にありませんでした。
単に私が彼に興味がないせいというより、主人公にしてはいくらか存在感が薄かったような気がするんですよ。
とにかく周りのキャラの濃い〜こと濃いいいいいこと。

私の目当ては豊川悦司と浅野忠信だったんですわ。
まずトヨエツは、最初に出てきた時は彼だとは気づきませんでした。
お侍さんのあのテッペン青ゾリ頭が彼にはあまり似合わないじゃないかと、個人的には思うんですよねぇ。
けどキャラとしては最高で、謀に長けたイヤラシ〜い家老が本当にはまり役だったと思います。
綾野剛とのチラリと男色臭を漂わせる絡みには、私なんて比にならないくらい悶絶した女性が多かったんじゃないでしょうか。

浅野忠信はどういうキャラなのか事前に知っていたので、ドアップで登場した彼の姿には・・・・もう笑いがこらえられませんでしたわ。
笑うと殺されるかもしれない、な〜んて言われている恐ろしい教祖様役なんですけど、見た瞬間笑いましたよ私は。
そしていつまでもその笑いが止まらないんですよ。
彼が登場する度に体がフルフル震えてしまうんです。

エンドロール見るまで知らなかったんですけど、脚本が宮藤官九郎だったんですね。
原作の力が強いせいなのか、あまりクドカンらしさが感じられませんでした。
むしろそれが良かったのかも。
疲れている時に見ると間違いなく元気になれるバカバカしい作品です。
北川景子の艶かしいダンスも必見ですよ !


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「アイ,トーニャ/史上最大のスキャンダル」観てきました

女子選手としては伊藤みどりの次に世界で二番目にトリプルアクセルを跳んだ、アメリカ人フィギュアスケーターの実話を元にしたスポ根バイオレンス人間ドラマです。主人公トーニャの元夫のヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の4★★★★


とーにゃ
公式サイトはコチラ



随分前にこのトーニャ・ハーディング本人のドキュメンタリーを観たことがあります。
全米選手権で4位になった直後ホテルに帰ってインタビユーを受けている最中に、母親から掛かってきた電話に応える彼女の様子が衝撃的でした。
電話を切った彼女が口にしたのは「あんたなんか絶対一位にはなれないわよ、と母親から言われた。まぁいつものことだから気にしないわ」というふうな言葉でした。
当時彼女は17歳だったように記憶してます。
母親は今でいうところの毒親ってやつなんだろうな、くらいに考えてたんですけど。
この映画を見ると毒親なんて生易しい物じゃなかったらしいのがわかってさらに驚愕です。

フィギュアスケートはただのスポーツではない、芸術でもある云々という論争はこのさい脇に置いといて。
トーニャ・ハーディングとその母親にとっては、アメリカンドリームを掴むためのスポーツだったのは明らか。
トーニャにフィギュアの才能があったのは誰もが認めることでしょう。
けれどもお金のかかるフィギュアスケートのために母親だけでなく、トーニャ本人もレストランで働いたなんて。
環境がほんの少しでも違っていたら、もっと良い演技ができたのではないか、メダルが取れたのではないか、そう考えたくなるかもしれませんよね。
でも私はそうは思いません。

トーニャは素晴らしいアスリートだった、彼女は全力を尽くした、私はそう思います。
メダルが何だ!順位がどーだってのよ! !彼女はアメリカ人女子選手として初めて(そして今も唯一の)トリプルアクセルを跳んだんですよ ! ! !
そのことをもっと称えられるべきだと思います。
重ねて言います。

「トーニャ・ハーディングは世界で二番目にトリプルアクセルを跳んだ女子フィギュアスケーターです」

そのことを1人でも多くの人に知ってもらいたいです。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「OVER DRIVE」 観てきました

そんなに期待はしていなかったのに、変なところで泣かされてしまった稀有な作品。日本のカーアクションというのもなかなか新鮮で面白かったです。ハガネ太郎さんのヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の4★★★★


オーバード
公式サイトはコチラ



イケメン真剣佑がハンドルを握るカッコいい 姿を期待して行ったんですが、レーシングドライバーって走行中はヘルメットかぶってるんですね。
まぁ他の場面での真剣佑がカッコ良かったので、それで満足です。
どちらかというと物語の主人公は真剣佑の兄役の東出昌大だったようです。
あんまり彼の見た目はタイプじゃないんですけど、メカニックとして作業に真剣に取り組む姿にはちょっとだけキュンキュンしました。
油にまみれた手の指とか、汚れているのが逆にカッコいいんですよねぇ。

カーアクションというよりは人間ドラマ度の方が高くて、それなりに見応えがありました。
終盤にチームのマシンが、もうダメかと思われるくらいダメージを受けるのですが、それを必死に修理してレースを続けようとするメカニックの人たちの様子に、思わず涙が溢れてきたんです。
そんな自分に自分でビックリ。
なんでこんなとこで泣くの〜?と軽くパニックになり、慌てると余計に涙が出てきて。
300席のスクリーンに10人くらいしか入ってないんだから、誰が泣いてるのかバレちゃうじゃん!とさらにパニックになり・・・。
いやはや参りましたわ。

私が初めて映画を観て泣いたのは「ターミネーター2」のラストです。
今作の泣けたシーンでは、どうやら私はボロボロになったマシンに感情移入していたらしい。
人間じゃないモノの方が感情移入しやすいんですかね。
そういう意味では思わぬ拾い物だったと思います。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」観てきました

抱腹絶倒とはまさにこのこと、劇場内のあちこちから笑い声が上がっていました。面白くて怖くておかしくてちょこっと感動してウルウルしっぱなしの119分。ツルピカ頭ドウェイン・ジョンソンのキメ顔に★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の5の満点★★★★★


ジュマンジいち
学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人が
「ジュマンジ」という名前のビデオゲームのソフトを発見
プレイするキャラクターを洗濯した途端
4人はそれぞれのキャラクターの体アバターとなって
ゲームの世界のジャングルに入り込んでしまった
現実世界の自分とは性格も体格も性別までも違う自分に
ボディ・スイッチングしてしまうこのゲームを攻略しなければ
永遠にゲームの中に閉じ込められる
果たして彼らは生きて現実世界に帰ることができるのか⁉︎



公開されてから時間が経っていたので諦めていたんですけど、好評のおかげで長く公開されていたようです。
ドウェイン・ジョンソンはゲームキャラという設定で、中の人はアレルギー持ちで小心者のオタクな男子高校生。
リスの姿に驚いて身を縮めてビビる姿がたまらなくおかしくて、笑い転げてしまいました。
終盤の太ったオジさんによる良い女講座の下りでは、笑い過ぎてスクリーンを直視できなくて、下を向いて震えながら耐えてたんですわ。

ただ可笑しいだけではなくて、ゲーム内の映像としての演出も気が利いていたと思います。
大型動物にパクリと食べられるキャラ、空から降ってくるキャラ、爆死するキャラなどの衝撃が現実世界のそれとはほんのちょっとだけ違うんですよ。
ゲームの中の映像というのにしてはとてもリアルで、観ているとついつい現実世界のことと勘違いしそうになるので、時々そういう衝撃でハッとさせられるのが面白かったです。

/ ←ひとポチよろしく!

theme : 洋画
genre : 映画

「ちはやふる 結び」観てきました

前2作レンタルで続けて観て3作目は劇場観賞してもいいかなと思ったので、溜まっていたポイント使ってタダ見してきました。「ブログDEロードショー春のファミリー企画」の参加作品。賀来賢人のヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度は5点満点の5★★★★★


musubisuzu2018.jpg
公式サイトはコチラ



物語は二の次で謎解きには興味なし、映画を観るのは俳優が目当て派の今回の私の御目当ては、ユキちゃんこと矢本悠馬、上白石萌音、新田真剣佑そして広瀬すずだったんですけど、今回は野村周平が一番活躍していたように思います。
前2作の主人公は広瀬すず演じる千早だったのははっきりしていました。
幼なじみの男子二人のうち太一(野村周平)の影が薄くて、いったい彼はどういう役割だったんだろう、と見終わってから思ったんですよ。

けれども今作はその太一がかなり重要な役割にあって、主役と言っても過言ではないくらいだったのは想定外。
おかげでようやく野村周平の顔と名前が少し記憶に残ったような気がします。
名前も顔もインパクトの無い感じは、若い頃のY氏に通じる物がある彼。
色々と話題の有り過ぎる新田真剣佑とは対照的ですよね。笑
この三部作をきっかけに、厳しい芸能界を生き抜いてくれるといいなと思います。

今回は賀来賢人演じる周防という大学生の新しいキャラが登場しました。
この周防と太一との関係がなかなか面白くて。
聞こえない音が聞こえるようになる瞬間ある一線を越える(うろ覚えなのでそんな感じの表現)というのがとても印象的でした。
かなり以前に長くクイーンの座にあった女性のNHKドキュメンタリーで、まさにそんなことが言われていたのを覚えているんですよ。
珍しく原作マンガも読んでみたくなりました。
今度TSUTAYAに行ったらレンタルをあたってみようかな。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示