映画「グレートウォール」観てきた

本国での評価がどうかは知りませんが、中国古代戦争スペクタクルモンスター映画としては、充分楽しめる作品だと思いました。マット・デイモンのコ汚さが良かったのでヒゲ満足度5点満点の4★★★★


greatwall2017.jpg
世界を旅するウィリアム(マット・デイモン)ら二十数名の傭兵部隊は
シルクロードの中国国境付近で馬賊に攻撃された上に謎の獣に襲われる
生き残ったウィリアムととバール(ペドロ・パスカル)は
禁軍が守る万里の長城にたどり着くものの降伏を余儀なくされる
戦略を担うワン(アンディ・ラウ)によって処刑を免れたのち
自分を襲った獣がトウテツという怪物であり
万里の長城がその群れを都に入れないための防壁だと知るウィリアムとトバール
やがてすさまじい地響きと共に無数の獣が迫ってきた




チャン・イーモウ&マット・デイモンさらにはアンディ・ラウまで出るなら観なきゃでしょ。
とはいえ戦う相手の怪物がどんなに巨大なんだろうと、ちょっとビクビクしながらの観賞だったんですけど、そんなに大きくなかったので良かった。
いやもちろん私にとってはあのトウテツさんたちで充分背中のゾワゾワ感はいっぱいいっぱいでしたが。

チャン・イーモウの三部作を始めとした古代中国の戦争スペクタクルは、人海戦術とも言われる物量の多さが見どころだと思います。
太鼓がドンドコ鳴って画面を被い尽くすような大軍が勢揃いする様を見ると、いやが上にもテンションはMAX。
けれども敵の出現を今か今かと待ち構えている自分の頭の中に、これまでとは違ったアラートが鳴り響いていました。
相手は人ならぬ物だから覚悟しろ〜〜っっ!てな感じで。

女性キャラが良いと私の評価は高くなるんですけど、今作には恋愛要素はゼロですので、マイナス要素もゼロ。
むしろ女性軍の甲冑のデザインとか、その身軽さを生かした戦術など、戦う女性が大きくフィーチャーされていたのは素晴らしかった。
宙を舞うように戦う女性兵士たち、これはチャン・イーモウの歴史三部作、中でもチャン・ツィイーが担ってきた物を進化させた見事なアイデアだと思います。
そんな女性兵士たちの残した空のリングが、カランと音をたて積み重なる様子には胸を打ちました。
まるでスズメバチと戦って敗れるミツバチのよう。

そういえば化物トウテツの親玉も女王だって言ってたなぁ。
あちらは蜂よりは軍隊蟻のように感じましたが。
ワサワサ群れる様子がねぇ・・・・私は大きい物の次に苦手なんだってば〜。
3D上映しかなかったので仕方なくメガネonメガネで観賞したんですが、小心者の私には2Dで充分だったですよ。

ガ〜っっと大口開けて迫るトウテツだとか、ヒュンっっと飛んで来る矢だとか、そりゃ迫力あるといえばあるんですけど、思わず避けてしまうのが恥ずかしくって。
特に霧の中からトウテツが飛び出してくるシーンなんて、思いきりイスから飛び上がっちゃったんですわ。
あれ絶対後の席の人にバレてたろうなぁ。
そういうのがお好きな人には是非ぜひオススメです。


3Dお好きな人もそうでない人もどうぞコチラをポチッとな〜!→/
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「レゴ(R)バットマン ザ・ムービー」観てきた

DCだかマーベルだかのアメコミのことは全く知らないんですけど、それでも充分楽しめました。何しろバットマンが可愛いんですわ。ヒゲもハゲも登場しなかった(はずだ)けど満足度は5点満点の4★★★★です。




legobatman2017.jpg
わがままヒーロー我らのバットマン!
強がりなクセにさみしがり屋のめんどくささマックス男は
今日も町を守りまくっていた
タッグを組むのは好奇心ピカイチ実力イマイチの
半人前パンいちロビン!
バットマンに憧れるお調子者は今日もパンいちになる・・
この2人全然噛み合ない!
そんなある日宇宙に閉じ込められていた
ハンパないワルたちが極悪ゾーンから逃げ出してしまう
その中にはキングコング、ヴェルデモートやあの怪獣まで!
世界が終焉の大ピンチにおそわれる時
ついにデコボココンビが立ち上がる



前作「LEGOムービー(感想はコチラ)」を観た時に、バットマンのことにとても興味を惹かれました。
実写版のバットマンに手を出すべきかどうか迷っていたんです。
けど、ちょっとめんどくさそうだよな、と思って結局未だに手を出していません。
手を出さなくて正解でした。
だってこのレゴのバットマンがとっっってもキュートだったから。
私には彼で充分ですわ。笑
今から実写版のを観ると「あのヒゲ面がイヤ〜!」とか思いっちゃいそうだから。オイオイ

も〜〜〜とにかく「ピューちゃん」とか「スパちゃん」とか言うバットマンが可愛いの。
執事のアルフレッドにちょっと遠慮してるところとか、好物をレンジでチンして一人寂しく食べるところとか。
宿敵ジョーカーとは永遠の憎しみの誓いなんぞ交わしちゃうし。
萌えキュンポイントてんこ盛りでした。
一番の見どころは何といってもバットマンの生脚ですな。
あ、それとあんまり「パンいち」には突っ込まない方がいいかと思います。
子ども向けというよりは大人向けの作品ではないでしょうか。
未見の方には是非ぜひオススメです。


更新の励みにイチポチよろしく→/

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

映画「SING」観てきた

随分前から気になっていたこの作品。まず字幕版を観て、さらに吹き替え版も観に行きました。ヒゲもハゲも出てませんけど(毛むくじゃらは多数)満足度は5点満点の5★★★★★



sing201703.jpg

かつては栄えていたにも関わらず
今や客足は途絶え経営が全く上手くいなかい状態が続くムーン劇場
その主催者であるコアラのバスターは根っからの楽天家
少しろくでなしなところもあるバスターですが
自分の劇場を何よりも愛し
劇場を守るためなら何でもやろうと決心します
そんな彼の望みが危機に直面した今
劇場にかつての栄光を取り戻すため
最後のチャンスである世界最高の
歌唱コンテストをブロデュースすることに!



昨年の夏に「ペット」を観た時にこれの予告を目にして以来、ずっと楽しみにしていました。
も〜〜ホント期待を裏切らず、いやいや、期待を上回る面白さでした。
まず字幕版を観ました。
その後吹替版にMISIAが出ているらしいとのことで、それが気になって吹替版も観てみたら、こちらも予想以上でした。
何より山寺宏一の芸達者なことといったら、本当に驚きですわ。
彼はMISIA以上にこの作品に貢献していたと思います。
殊に「マイ・ウェイ」は必見、いや必聴ですよ。

コンテスト参加者たちを巡るドラマも気が利いてて素晴らしいです。
中でも私が一番グッときた、というか共感したのは、やはり主婦のロジータでしょうか。
スーパーマーケットでの買い物の最中、流れてきた「バンボレ〜ア〜♪バンボレ〜ア〜♪」の曲についつい踊り出してしまう彼女の姿には、思わず心の中で「あるあるそういうこと」と呟いてしまいましたもの。
久しぶりにジプシーキングスの曲が聴きたくなりましたよ、どこやったっけCD。

以下ネタバレになりますので、この方の登場です。
ネタバレがお嫌いな方はコチラをポチッとして、すみやかにお帰りください。/


takanede8.jpg
♡ああ今日もウシジマくんは美しい♡



ゴリラのギャングの息子ジョニーのエピソードも泣かせます。
実は私あんまり猿は好きじゃないんですけどゴリラは別、特に♂のゴリラだけ出てきたのは良かったかも。笑
ヤマアラシのアッシュも素敵でした。
英語版の声がスカヨハで日本語版が長澤まさみというのも素晴らしいです。
二人とも歌が上手いのよ、またコレが。

でも一番心に残ったのは、劇場支配人のバスターとその友人エディの関係です。
劇場が文字通り潰れてしまい無一文となったバスターは、父親の残したバケツ一個を頼りに洗車の仕事を始めるのですが、それを手伝うエディの台詞がたまりませんでした。
「おまえは洗え、おれは拭く」
くだくだ慰めの言葉をかけるのではなく黙って手伝う、それこそが本当の友人てものですよね。

ほんのチョイ役で水樹奈々が出てたりするのもナイスです。
ソフトが出たら買ってもいいかな、なんて思ってます。
車の中で流すのにもいいでしょ?
え?そうでもない?

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「天使のいる図書館」観てきました

そうだ!奈良に行ってみよう!見終わってそう感じる作品。小芝風花の奇麗な無表情に★を進呈したいと思います。ヒゲもハゲも出なかったけど満足度5点満点の4★★★★☆



tenshinoirutoshokan.jpg

新卒のさくら(小芝風花)は奈良県葛城にある
図書館の司書として働き始めるが
毎日が緊張の連続だった
ある日彼女は図書館にやってきた利用者と一緒に
探し物をすることになり
自分が勤める地区の隅々まで足を延ばすようになる
やがてさくらはたくさんの地域の人々と知り合い
これまで知らなかった地元の魅力に気付いていく
Yahoo!映画より引用
公式サイトはコチラ





感情を表に出さないさくら(小芝風花)の造形が見事です。
歩く時も点字ブロックに沿うように直角に曲がったり、しゃべり方が自販機から流れて来る自動音声みたいだったり、自転車に乗る姿なんてまんまカラクリ人形みたいで。
図書館の業務の中のレファレンスサービス(調べものの手伝い)の際には、ネット検索エンジンみたいな回答をしてくるのも素晴らしい。

予告編冒頭の「王子様の出てくる本」を探している少女対して答えた「イギリス、オランダ、スペイン、モロッコ、ブータン、サウジアラビア、スワジランド」の言葉に、また随分コアな国ばかり挙げてるなぁ、別に日本でもいいじゃんと思ったんですけどね。
はいスミマセン私の勉強不足でした、確かに日本に王子様はいませんな。

図書館司書っていうと本を読むのが大好きな文系少女ってイメージだったんですけど、実際はそうでもないんでしょうね。
さくらは数字が大好きで、銀行などの金融機関への就職も考えていたようです。
彼女の一番好きな本は地図、次が図鑑。
思わず「私も!私も地図大好き〜!」と心の中で大きくうなずいてしまいましたわ。

さくらが感情を出さなくなったのには理由があります。
そこいらの筋立てはありがちと言えばありがちで、物語としては特段どんでん返しもありません。
それでも退屈することなく108分を見終えたのは、小芝風花ちゃんの可愛さと脇を固める人達の演技力、そして何より奈良県葛城地区の美しい風景があってのことなのでしょう。

あ、そうそう予告編に出てくるストーカーらしき男性、全然ストーカーじゃないですのでご安心を。
あの彼もさくらの無表情に関わってくるんですよ。
さくらは自分のことを美人だと思ってる、ってのもキーポイントかと。

感情を少しずつ取り戻し、終盤には「あほなこと言うてるのわかってる」と言いながら大粒の涙をこぼすさくらの姿に、あざといと思いながらも我慢できずにもらい泣きしてしまいました。
東大寺に法隆寺に薬師寺というメジャーな観光地ではない、人々の普通の暮らしが身近に感じられる奈良葛城地区を訪れてみたい、そう思わせられる作品です。
上映館が少ないのでレンタルになったらゼヒ是非!


/


theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「ザ・コンサルタント」観た

なかなか面白かったです。ほんのワンシーンだけ見せてくれた主演ベン・アフレックのヒゲとJK・シモンズのハゲに☆を進呈したいと思います。ヒゲヒゲ満足度5点満点の5★★★★★



consar2017.jpg

小さな町で会計士として働くクリスチャンのもとに
ある日大手企業からの財務調査のオファーが寄せられる
調査を進めるうちに彼は重大な不正を発見するが
依頼は突然取り下げられ
それ以来クリスチャンは身の危険を感じるようになる
実は彼は闇の社会の会計士として
各国の危険人物の裏帳簿を握る凄腕の暗殺者だった
Yahoo!映画より引用




劇場予告を見て気にはなってたんですけど、ベン・アフレックはそんなにタイプじゃないので、すぐには観に行く気にはなりませんでした。
けど評価がそこそこ良いらしいので、まだ間に合うかなと調べてみたら、いつも行ってる最寄りのTOHOで公開中だったんです。
他では終了しているのに、一番近くでやってるんなら観なきゃでしょ、と思って行ってきました。
なるほど観た甲斐がありましたわ。

予告で見た時から、凄腕の暗殺者で実は他人とのコミュニケーションが苦手というのは、ちょっと「レオン」に通じるところがあるような気がしてました。
レオンは銃の扱いに長けているという設定でしたが、クリスチャンは接近戦もこなします。
何も武器も持っていない彼は、自分のベルトを使って敵を仕留めるんですよ。
いやぁ本当にカッコ良かった。

でもね、私は冒頭のクリスチャンの子ども時代のシーンから、ウルウルして仕方ありませんでした。
大人になってからの彼も、必死に孤独と闘っているようで、見ていて辛かったです。
誰かとつながりたい、自分の思いを共有して欲しい、理解してもらいたい・・・。
それらをうまく言葉にできない彼の様子が、ただただ切なくて。

サスペンスタッチで様々な謎がちりばめられ、そして最後にはそれらが見事にパズルのカケラを繋ぎ合わせるようにはまっていくのは、確かに気持ちいいです。
裏社会に通じたダークヒーローでありながら次々と悪を粛清していく様は、いくらかウシジマくんを思わせなくもない。
ただやっぱりねぇ、まるでゴキブリを叩き潰すかのように、何のためらいもなく人間の頭に銃弾を撃ち込むクリスチャンの姿がどうにも見ていられなかったんですよ私は。
そりゃ、あれじゃ生き辛いわな。

主人公サイドから見ればハッピーエンドです。
レオンのように悲しい物語という訳ではありません。
私はレオンの方が好きですけど。
レンタルでいいですから、ゼヒ是非おすすめしたい作品です。
なんだか久しぶりにジグソーパズルやりたくなってきたかも〜。

ジグソーパズルのお好きな方も苦手な方も、どうかおひとつポチッとな〜!→/

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「マリアンヌ」観た

ラブストーリーがメインですから、まぁこんなもんですかね。どこかに麗しいヒゲハゲが見られたか、全然記憶がないのでヒゲハゲ満足度は5点満点の2★★☆☆☆



marianne2017.jpg
何度涙を流せば愛する妻を守れるのか
カサブランカで出逢い一瞬で恋に落ちた
孤独だった人生に初めて幸福を感じた
このままずっと続くと思っていた
愛する妻マリアンヌに向けられた信じられない疑惑
疑いを晴らせなければ妻の命はこの手で奪うことになる
愛する妻マリアンヌは何者なのかー?
以上のあらすじは公式サイトより引用




確かコレの撮影中に主人公マリアンヌを演じるマリオン・コティヤールとブラピが親密になり過ぎて、それを疑った妻アンジーが三行半を突きつけたって作品ですよね。
まぁマリオン・コティヤールは確かに綺麗でしたし、ブラピも頑張ってたと思いますよ。
でもね、そういうゲスの勘繰り的な興味でもないと、あんまり見る価値ないかな、というのが私のとってもと〜っても偏った感想です。

イギリス人パイロットのマックス(ブラピ)とフランス人のマリアンヌ(コティヤール)は、どちらもドイツ人将校の暗殺という任務のために出会った、いわばスパイ同士なんですけど、それで恋に落ちちゃうマックスがどうにもピンと来なくて。
マックスがいったい何歳なんだかわからなかったんですけど、どんだけ女に免疫なかったのよと思いましたわ。

一方でマリアンヌの腹の括り方は見事でした。
まさに母は強し、生み出す性に破壊する性は敵うはずありません。
ラストの彼女の決断も私は納得できました。

とはいえ今回の目当てはマリオン・コティヤールだったんですけど、これの後に観たもう一つの彼女の方が私は好きです。
マリアンヌの造形は確かに奇麗でしたけどねぇ、なんというか・・・。
マックスが惚れてはいけない相手に惚れてしまうような、そんな動機付けがあんまり感じられなかったの。
それを言い出すとラブストーリーにならないと言われればその通りなんですけど。
だから嫌いなんだってばラブストーリーは。

本当にこの作品が離婚の原因になったんだとしたら、プラピがあまりに可哀想ですわ。
そんなブラピを哀れに思う方のお心に応じて、劇場観賞なりレンタルなり、あるいはテレビ放映まで待つなりしてください。
あ、全く観ないというのももちろんアリですよ。

この作品に1100円払ったケフコタカハシを哀れに思う方はコチラをひとつポチッとな〜!→/

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「破門ふたりのヤクビョーガミ」観た

時間つぶしに観たのであまり面白くなかったけど、こちらの作中の村井さんのヒゲに★一つ進呈したいと思います。ヒゲ満足度5点満点の1★☆☆☆☆


つまらない作品の画像を探すのもつまらないし、あらすじを考えるのも全く時間の無駄だと思うので、一切ナシです。
何やら賞を取った小説が原作だそうですけど、そんなことはどーでも関係ない!
タイトルが「二人のヤクビョーガミ」ということなので主役は二人ということなんでしょうね。
けど片方だけが目立ってて、もう一方が本当にしょーもなくてダメダメです。
具体的には佐々木蔵之介のヤクザはそれなりなんですけど、横山裕の33歳のダメ男が全くピンと来ませんでした。
という訳でキャラ重視で映画を観る私には全く面白く感じなかった作品です。

けどそんなことよりもっと腹立たしいのは、1100円現金で払ったから楽天ポイントもつかなきゃ、劇場もTOHO系じゃなかったので、TOHOシネママイレージもつかなかったこと。
本当は恋妻家宮本の方が観たかったんだけど、時間が合わなくてコチラにしたんです。
なんでそんな状況だったのかは、次の水曜日に判明する予定。
せっかくなのでお口直しに美麗なウシジマくんをどうぞ。

eizounoseiki12.jpg
珍しい寝起きのウシジマくん、いやだから違うって笑




更新の励みにイチポチよろしく→/

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

この世界の片隅に 観てきました

楽しい作品ではないと覚悟して観賞、とてもと〜っても濃い129分でした。エンドロールの最後まで思いのぎっしり詰まった作品です。ヒゲもハゲも出てこなかったけど満足度は5点満点で5★★★★★



suzusan.jpg
すずは広島市江波で生まれた絵が得意な少女
昭和19(1944)年20キロ離れた街・呉に嫁ぎ
18歳で一家の主婦となった彼女は
あらゆるものが欠乏していく中で
日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす
だが戦争は進み日本海軍の根拠地だった呉は度々空襲に襲われる
庭先から眺めていた軍艦たちが炎を上げ灰燼に帰す市街
すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく
それでもなお毎日を築くすずの営みは終らない
そして昭和20(1945)年の夏がやってきた・・




水曜日のレディースデーに行こうと思っていたら、1日の映画の日と重なってしまいました。
平日の昼間だというのに、400席のスクリーンが6〜7割りは埋まっていたようです。
前の日にネットでチケットを取る時に、随分大きなスクリーンだなと思ってたんですけどねぇ。
一人でも多くの人に観てもらいたい作品です。
きっと何かを得られるはずだから。

とにかく中味がぎっしり詰まってるなぁ、というのが観終わって一番に感じたことです。
看板やら手紙やら触れ書きのような紙に書かれている文章が、ほんのチラッとしか映し出されなくて、しっかりその中味を把握できなくなっているのも、おそらくわざとなんでしょうね。
もちろん旧仮名遣いなので一瞬目にしただけではなかなか理解できない、という事情もあるのかもしれませんが。
普通の映画だとそういう用紙に説明的な情報が記されていて、観る者に読む時間を与えてくれたりするんですけど。
それらを詳しく示さないことで、より想像力がかき立てられてしまうんですわ。

今回コレを観て痛感したのは、どんなリアルな実写の作品よりも、アニメ作品での空爆の様子の方が、私にはより恐ろしく感じてしまうということ。
「小さいおうち」のおもちゃのような家の空襲のシーンもそうでしたし、もっと端的だとアニメ「蛍の墓」などもそうです。
描ききってしまわないことで、恐怖への想像力がより大きく膨らんでしまうのかもしれません。

中味のぎっしり具合はエンドロールにも良く現れています。
本編で語り尽くせなかった主人公のその後や、脇役の過去の物語までもが簡単な描写で描き尽くされているのです。
そういうのは割と珍しくありませんけど、他にもスゴイと思ったのはクラウドファンディングに協力した人の名前が全て記されていたこと。
ハリウッド映画のエンドロールには、制作者に関わった人間の名前がヅラヅラ出てくるので、それと何が違うのかと言われそうですけど・・・。
うまく言えませんが、何か熱い想いのような物を感じてしまったんです。
そして最後の最後、ヒラヒラとさよならを言うような右手の映像も。

これ以上詳しいことはネタばれになってしまいます。
今回はネタばれだけでなく、ちょっとエグい話にもなるので、そういうのがお嫌いな方はコチラをポチッとしてからお帰りください→/

それではいつものようにこの方に登場していただきましょう。
今回は台詞重視で選んだ画像なので、あんまり美しいウシジマくんじゃなくて申し訳ない。


sousouryoku2017.jpg
「人間想像力あっから思わせぶりで勝手に想像するんだよ」




それでは以下ネタをばらしてエグい話にいきたいと思います。
話題の中心はズバリすずの失った右手に関してです。
エンドロールが終わり、最後の最後に右手がサヨナラするような画像でこの作品は締められます。
観終わってからもあのヒラヒラ動く右手が脳裏に焼き付いていて、本当に切なかった。

でもね、きっとすずは残された左手で絵を描こうとするに違いないと私は思うんですよ。
何しろまだ20になるやならずの若さですから、左手を利き手にすることなんて訳ないはず。
そして描かずにはいられないはず。
すずにはその強さがあるはず、そう信じたい。

体の一部を失うというのは、どういう喪失感なんだろうか、と考えたんですけど。
自分もそういう人間の一人なんだということを忘れてましたわ。
まぁ私の失った物は、必要ない部位の代表ですから。
体のバランスがちょっと変わる程度で、さほど不自由はありません。
利き腕を失うというのは、どれほど大変なことか。

あ、そーいえば、バイクの事故で左足の薬指を失ったW君どうしてるだろ?
手術の前に壊死しかかったその指の写メを撮ったと言ってたっけ。
「見ます?」と言われて「無理っっ!冗談はやめて!」と激しく断ってゴメンね。
今なら見てあげても・・・・いや、やっぱ無理だわ。

なんだか名作アニメ映画の感想が、とんでもない話で終って申し訳ない。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
お詫びの印に今度こそ美しいウシジマくんを・・・え?必要ない?
んじゃこちらをどうぞ。


georgiashokki.jpg
なんだかケイン・コスギに似てますな
やっぱりウシジマくんの方が美しかったかも
自分の審美眼に自信がなくなってきたわ





theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

マグニフィセント・セブン観てきた

「七人の侍」「荒野の七人」を原案とした痛快アクション活劇。うまい具合に両方の良いところをミックスし、なおかつ現代的に味付けした見応えのある作品でした。ヒゲ満足度5点満点で5★★★★★


seven20172.jpg

南北戦争後のアメリカ
とある小さな田舎町ローズ・クリークの住人たちは
悪徳実業家ボーグによって苦しめられていた
彼に家族を殺されたエマ(ヘイリー・ベネット)は
荒れ果てた大地にやってきた訳ありのアウトロー7人に
正義のための復讐を依頼する
当初は金のために集まった7人であったが
住人たちと知り合うにつれてそれ以上の意義を見出し
圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく
拳銃、斧、ナイフ、弓矢など
それぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく




やっぱり西部劇はいいですねー。
何が良いって、すご〜く大地を感じられることです。
特に馬がドカドカパカパカと音をたてて走るシーンは最高!
アメリカの馬って本当にガッチリしててパワフルで、走る姿を見ているだけでも元気になってくるから好きです。
馬を使ったアクションも、これぞ西部劇って感じで素晴らしい。

物語冒頭に悪漢ボーグは「おまえたちの大切な土地(land)だ」と、土をバカにしたみたいなことを言うのですが、思わず「土をなめんじゃね〜!」と心の中で叫んでしまいましたよ。
このボーグという男は金脈探しのためにローズ・クリークの町を奪おうとしているという設定です。
こういうのがいくらか金満主義を批判しているようにも受け取れ、とても現代的だと感じました。

また後半にボーグの雇った傭兵軍団みたいな男たちが、背広ネクタイにロングコートという衣装で現れたのも印象的。
この連中の都会的あるいは近代的なビジュアルが、典型的なカウボーイのような7人のいでたちと対比させているのが面白かったです。
「荒野の七人」とはいくらか時代が下った設定になっていることで、より善悪の対比がわかりやすくなっているように感じました。

seven20174.jpg
傭兵軍団の画像がなかったのでコレで流用の背広ネクタイ姿
傭兵の人たちはもっとすらっとしてイケメンでカッコ良かったです笑




7人のキャラの描き分けは、旧2作に比べうまくいっていると思います。
旧2作は何度も観ているけれど、その度にキャラの把握に四苦八苦してしまうのは私だけ?
何しろ人種も国籍も様々、西部劇でこんなにグローバルな7人はそうそうないでしょ。
ただ年齢の幅が狭いというか、わからないというか、皆年齢不詳過ぎというか。笑
ネイティブアメリカンの彼はひょっとすると10代くらいの設定年齢だったのかな、と終ってから気が付きました。
一番若い者は生き残る、というのがこういう物語の鉄則ですものね。

seven20171.jpg
ブラックにイエローにホワイトにネイティブな人々



そして何より唯一の女性キャラが私的には最高でした。
序盤からずっと出ずっぱりなこの女性エマは、どういう役割なんだろうなぁと思いながら観賞していたんですけど、まさかのとどめを刺す人だったとは。
いやぁ、いいですね〜、こういうの大好きです。
他の女性に比べ一人だけやたら肌の露出が多くて、なんかそーゆー役割でもあるのかと思ってたら、全くそういうのじゃなかったところも◎。
一人で女性の強さと美しさを背負ってるキャラという訳です。

seven20173.jpg
胸の谷間も担当しているヒロイン
作中二人ほど見かけた客商売の女性は生脚(というより下着のみ?)でした



とかなんとか、一番のお目当てだったのはクリス・プラット。
彼に関して語るとネタバレになってしまうので、いつものように美しいウシジマくんにご登場いただきましょう。
ネタをばらされるのがお嫌いな方はコチラ→をポチッとしてからお帰りください。/

2017usi1no33.jpg
眉間の深い皺も美しいウシジマくん



以下ネタをばらしますのでご注意ください。

クリス・プラット演じるギャンブラーのジョシュ・ファラデーというキャラ。
一目見て「七人の侍」の菊千代(三船敏郎)のポジションだとわかりました。
人なつこく茶目っ気たっぷりで、女性から「可愛い」と言われる男性。
ということは、生き残ることはないということ。
きっと華々しく散って終るんだろうな、と直感しました。
まさか文字通り砕け散っての退場とは・・・・切ない、切な過ぎるわぁ・・・泣。

seven20175.jpg
マジックの特技を持つジョシュ・ファラデー(クリス・プラット)
頬ヒゲと首ヒゲが見事です



事が終わって牧師が「手厚く葬る」と約束した後、4本の十字架が映し出されるのですが、うち一本はただの十字架だけですよね?
もう本当に華々しく盛大に粉々に砕け散ったジョシュの最期は、とても見応えがありました。
何度も何度もダメかと思わせながらのラストのあの大爆発、ソフトリリースされたら、じ〜っくり堪能したいシーンです。


敵の親玉ボーグとチザム(デンゼル・ワシントン)のラストの一騎討ちで、この両者の因縁が明らかになります。
南北戦争時の出来事らしく、いわばチザムの私怨ということなんですけど、それがこの戦いに参加するチザムのモチベーションだったのかと思うとちょっと残念な気がしました。
ですからボーグにとどめを刺したのがエマだったというのは、とても納得のいく展開だったと思います。
あそこでチザムがボーグを殺したのでは、この物語がとても小さい物になってしまうから。
そもそも事の起こりとなったエマの正義の復讐への誓いが果たされて、一件落着めでたしメデタシ、これ以上ない見事な幕引きでした。

全くの余談ではありますが、今作には恋物語が全く描かれていません。
こんなシーン↓もあって、あら?そういう展開になるの?とも思ったんですけどね。

seven20176.jpg
エマにウィンクするジョシュ


小さい子どもに向かって「君にお姉さんはいる?」というあの名台詞を、ジョシュには言って欲しかったかも。
もっと余談ですけど、若いネイティブの彼がエマを助けに行ったのは、やっぱり彼がエマのこと狙ってたからなんでしょうかね。
だとしたらこの二人の後日談は・・・という妄想もアリかと。
長々と書き綴ってきましたが、それだけ見どころの多い作品です。
未見の方は是非ゼヒ!


七人の侍 感想その1 感想その2 感想その3

荒野の七人感想

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

新宿スワン2観てきたよ

園子温監督が自主制作映画を作るためのカンパのつもりで観に行きました。ヒゲハゲ満足度はヒゲに関しては2ですが、可愛いハゲキャラがいたので彼に★一個つけてあげて★★★☆☆です。


san22017.jpg



キャストが豪華だったので、それだけでも見る価値はあるかと思ったんですけどねぇ。
物語冒頭の上地祐輔VS綾野剛のアクションシーンが、なかなか面白いなぁと思ったところで思い出しました。
そーーーだっっ!確かアクション監督は谷垣健二だったっけ!!!
やっぱり谷垣さんの香港仕込みのアクションは面白いです。
しっかり縦方向の動きを使ってダイナミックにみせてくれます。
道端にあるキャバ嬢たちの写真の看板が、わさ〜っと倒れてくるシーンなんて、まんま香港カンフー映画っぽいです。
でもね、褒められるのはそのくらいでした。

キャストが豪華というより、登場人物が多過ぎる、という方が適切でしょうか。
あれだけ沢山のキャラを、こんがらがらないように、よくストーリー展開させたとは思いますよ。
けど裏を返せば、ダラダラし過ぎててつまんないんですわ。
特に高橋メアリージュンの役柄がどうにもいけません。


以下さらっとネタばれしてます。
いつものあの方にお越しいただく価値もないので、さっさと進めます。
ネタをばらされるのが、おイヤな方はコチラ
/をクリックして、速やかにお帰りください。
あの方の登場はありませんが、せっかくなのでこの方の遺影なんていかがでしょうか。

hideyosiblack.jpg
器の小さいこのキャラあんまり好きじゃないのよ





それではネタをばらします。
高橋メアリージュンが演じるのは、主人公タツヒコの属する会社のライバル会社の社長タキ(浅野忠信)の女という設定です。
この女は、もう一人別の男と関係があるのですが、そこいらの三角関係が全くピンと来ませんでした。
「私はタキの女よ」なんて台詞を口にするんですけど、それってつまり金と地位だけが目当てってこと?としか受け取れなかった。
かといって、もう一人の男に惚れているかというと、そんな風にも見えなかったし。

何よりタキが事切れる瞬間に「タキ!タキ!」って、名字で呼ぶってどーよ???
そこは下の名前とか、もっと親密さを感じさせる呼び方にしなきゃいけなかったんじゃないの?
アレ見て、やっぱり本気で惚れてるワケじゃなかったんだな、と思いましたよ。
ということはビッチってことなのかぁ、おーーーコワ。
準ヒロインとも言えるような、せっかくの良い役柄なのに、高橋メアリージュンがもったいないよ〜!というのが一番残念だったことです。

これってつまり脚本がダメだったってことですよね。
所々やたら説明台詞みたいのが挟まれて、そういうのもちょっと興ざめでした。
そういえば南ヒデヨシ(山田孝之)の死の真相も、まだ明らかになってないんだっけ。
まだ次回作もある、みたいなことを主演の彼は言ってるようですが、はてさてどうだか。
もし3作目があってもレンタルになるまで待ったんでいいや、とここに記しておくことにしますわ。

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示