映画「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」感想

3年連続で3作作られてるんですね。なるほど子役があまり大きくなってないワケだ。



スパイキッズ3-D:ゲームオーバー
映画「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー
作品情報



ゲームオーバーというタイトルのゲームの世界に入り込む、というバーチャルアドベンチャー作品。
シーンの7〜8割がブルーバックで撮られたCGのような感じでした。
そのせいか前2作に比べるとぐぐっと子ども向け感が強くなり、ちょっと退屈。
そもそもの目的のアントニオ・バンデラスもあんまり出ないし。

けど悪役のスタローンが割と良くて、初めて彼が素敵に思えたのは収穫だったかも。
昔の軍服のような衣装を着ていたのが良く似合ってたんですよ。
そういえば彼、現代物ばかりでそういうコスチュームプレイ物って一度も出たことないんじゃ?
もったいないなぁ、それなりに男前なのに。

最後はこれまでの登場人物勢揃いの、まるでフィナーレのよう。
あの人もこの人もみんな家族、というアメリカらしい締め方でメデタシめでたし。
うまい具合にシリーズにオチがついたと思います。
けど、もう一作あるんだよね。


「スパイキッズ」感想の記事はコチラ

「スパイキッズ2 失われた夢の島」の感想はコチラ

コスプレするのが好きな方はコチラを→

コスプレ見るのが好きな方はコチラを→/

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「スパイキッズ2 失われた夢の島」感想

これは観てませんでした。シリーズ中で観たのは1作目だけってことのようです。


スパイキッズ2 失われた夢の島
映画「スパイキッズ2 失われた夢の島
作品情報



観てたんなら絶対忘れないと思う、冒頭に登場したあのアトラクション。
ジャグラーなんて、そのまんまの名前のあのアトラクション、目にした途端震え上がりましたもん。
子どもには魅力的な物に写るんでしょうかね。
私には絶対ム〜リ〜〜〜!

様々な映画のパロディからなるキッズ向け冒険コメディ。
今作はどうやらジュラシックパークとインディ・ジョーンズベースのようです。
ま、タイトルからしてすぐわかりますよね。
舞台となるのは、秘密のシールドに被われたマッドサイエンティストの住む島。
妙ちきりんな生き物が沢山出てきます。
地下の迷路と骸骨の群れも登場します。
けどこの骸骨さんたちが、割と素朴で良い人(?!)なのが笑えました。

子ども向けの作品ですから、敵や骸骨も含め登場する人物は皆根は善人ばかりなんですよ。
そういうところも安心して観ていられるのがいいです。
心の汚れた大人には善人ぶってるキャラには裏があるんじゃないか、な〜んて勘ぐってしまう癖があるから。


「スパイキッズ」感想の記事はコチラ

心の汚れた大人はコチラを→

心の綺麗な大人はコチラを→/

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「長ぐつをはいたネコ」感想

バンデラス目当てでレンタルしました。でも日本語吹き替えの竹中直人もなかなか良かったです。


長ぐつをはいたネコ
映画「長ぐつをはいたネコ
作品情報



ヒゲの似合うバンデラスとハゲの似合う竹中直人、ヒゲハゲ観察にはもってこい、と言いたいところですが、声だけなので残念ながらそれはできません。
元々「マスクオブゾロ」のパロディとして生まれたのが、長ぐつをはいたネコのプスです。
バンデラス以外が声をあててさまになろうはずがありません。
2度目に日本語吹き替えで観た時、最初はベテラン声優だとばかり思ってたんですよ。
しばらくしてから、アレ?これひょっとして?と気が付きました。
シリアス竹中直人も結構カッコいいじゃないですか〜。
このBlu-rayも欲しくなってきちゃったわ。

プスの絵に描いた(ような)カッコ良さはこの際割愛したいと思います。
私が注目したのはプスの過去にかかわるキャラ、ハンプティです。
この作品の主役はもちろん、長ぐつをはいたネコのプスですけど、物語の主人公はハンプティじゃないかと私は思いました。
彼の存在がとてもアイロニックで、いくらかブラックジョークととれなくもないから。
以下ネタバレしているので、未見の方はご注意ください。

童話「ジャックと豆の木」に出てくる魔法の豆を探し続けているハンプティ。
魔法の豆から延びたツルを登り、雲の上の巨人の城にいる金の卵を産むガチョウを盗むことを計画します。
プスと女盗賊猫キティの協力を得たことで、彼の企みはうまく進みめでたく金の卵を産むガチョウ(らしき鳥)を手に入れます。
けれどもこのガチョウは正しくはガチョウの雛鳥で、産むのは卵ではなく金の糞です。
この雛鳥を取り返すべくガチョウの親鳥(しかも巨大)がやって来て街を破壊する、といういくらかパニックムービーテイストで物語は締められます。

最初のこの巨大親鳥の登場シーンは、まるでジュラシックパークそのものでした。
体ははっきりとは捉えられず、目だけが葉っぱの隙間から覗くの。
私はてっきりあの雛は恐竜の雛かと思いましたよ。
何しろ鳥こそが恐竜の子孫、というのが昨今では当たり前の考え方ですから。

でハンプティに関してですが。
ラストに彼は「オレって何なんだ?」という問いを残します。
この問いを残したハンプティは、橋から落ちて割れてしまい、なんと中から金の卵が出てくるのです。
そしてその卵を巨大ガチョウが雛鳥と一緒に大事にくわえて、空の上へと帰って行くのです。

つまりハンプティは、自分が探していた金の卵に他ならなかったというワケ。
雛鳥がハンプティに最初に遭遇した時、いきなりすり寄って嬉しそうな様子を見せたのも道理。
その後もハンプティの上に乗って寝たりと、雛鳥はずいぶん親しげにします。
それもそのはずですよね、彼らは兄弟だったのですから。
魔法の豆を探すハンプティにはきっと、生まれた場所に帰りたいという潜在欲求があったのでしょう。
自分探しの旅に出て、本当に自分を探し当てたハンプティ、現在次回作が製作中のようなので、今度はガチョウの姿で再登場するのかもしれません。

ゆで卵は半熟が好きな方はコチラを→

ゆで卵は固ゆでが好きな方はコチラを→/

そもそもゆで卵は好きじゃないという方には、できれば両方ポチッとしてもらいたいです。

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「スパイキッズ」感想

アントニオ・バンデラス祭りのカテゴリを作りました。いつもはネットレンタルなんですけど、たまにTSUTAYA店舗に行くと思わぬ出会いがあるものですね。



スパイキッズ
映画「スパイキッズ
作品情報



宵乃さん主催のブログDEロードショーへの参加です。今回のお題は「ファミリー映画」ということだったのでコレを選んでみました。宵乃さんのブログ『忘却エンドロール』はコチラ

ビデオソフトの説明にあるストーリーは以下のような物。
世界最強の敵同士であった二人のスパイが恋に落ちた。そんな二人から誕生した子どもたちカルメンとジュニ。パパとママがスパイであったことを知らない子どもたちは、今となってはダサい両親にうんざり。だがある日スパイの知性を集大成した超機密兵器”第三の脳”を狙う組織にパパとママが誘拐されてしまう。カルメンとジュニは両親が残したスパイグッズを駆使して、パパとママそして地球を救うべく史上最大の作戦に立ち上がった。

TSUTAYA店頭で見かけ、過去に観たことあるようなないような確信が持てないので、とにかくレンタルしてみました。
始まって直後に、あ!観たことあるわコレ、と思いました。
ひょっとして2001年の劇場公開時に観に行ったのかもしれません。
ちょうどゾロシリーズ2作の間のバンデラス作品ですから、私がバンデラスにはまっていた時期に重なります。
けどすっかり忘れてるなんて、まぁ多情者の私の記憶なんてそんなもんですって。笑

引退してコンサルタント業を営む元スパイという役柄に、バンデラスの濃さが存分に発揮されています。
あれだけのくどい顔だと、どんな気障な振る舞いもイヤミにならないのが素晴らしい。
付け髭を付けてもはずしてもあんまり変わらないのも素晴らしい。
そんな色男っぷり満開なのに、しっかりパパしているのも素晴らしい。

ママ役のカーラ・グギノもなかなか良いです。
顔立ちはすごく童顔なんですけど、造りによってはとても妖艶になれるのは、さすがハリウッド女優。
オープニングで子ども達二人と登場した時、娘のカルメンの方が年上に見えるとすら感じてしまったくらいのおさな顔なんです。
でも基本の顔が童顔というのは女優としては有利じゃないでしょうか。
化粧や髪型でいくらでも老けさせることができるから。
逆(老け顔を幼く見せる)はかなり難しいと思うし。

15年も前の作品ですが、全く古さを感じさせません。
出演者も実力派揃い、なんとラストにジョージ・クルーニーまで出てきます。
まんま007シリーズのようなスパイ小道具大道具も楽しい。
子どもにだけ観せておくなんてもったいない作品です。

シリーズは全部で4作あるとのこと。
どこまで観たのか確認しなきゃ。
バンデラスは3作目までしか出てないみたいだけど、4作目にはなんとジェシカ・アルバが出てるんですって?!
やっぱ全部観なきゃでしょ。

ジョージ・クルーニーファンの方はコチラを→/

シルベスタ・スタローンファンの方はコチラを→

アントニオ・バンデラスファンの方は両方ポチッとよろしくです。

theme : 映画感想
genre : 映画

ハゲ万歳!映画「オートマタ」観てきました

アントニオ・バンデラスのファンなら必見のSFファンタジーサスペンス。最終日になんとかすべり込みで麗しいハゲを観賞できたのは本当に良かった。


オートマタ
(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
映画「オートマタ
作品情報



いや、もう、とにかく禿バンデラスカッコ良かったです。
前からそうだったんですけど、バンデラスって若いんだか年とってるんだか、ぱっと見ではわからない人でした。
今回きれいさっぱり髪の毛を取っ払った(笑)ことで、さらにこの年齢不詳感が半端なく強くなってます。

1960年生まれなので、今年56歳になりますが、全然そんな年には見えない。
お肌(頭頂部も含めて)ツヤツヤだし。
相変わらずセクシーだし。
老いてなお益々盛ん、ならぬ老いてなお益々セクシーなんですよ、も〜たまりませんわ。

終盤ロボットと踊るシーンでの、言葉にできないようなあの色っぽさは、いったい何なんでしょうか?
手を取る相手はロボットですよ?
美しいとか、若くてピチピチしているとか、そういう範疇を越えた存在のロボット相手に、なんでそんなにセクシーオーラを出すことができるの?
まさに人知を越えたセクシーガイ・バンデラスを堪能できて満足でした。

けど、この作品のネットの情報をあたっていたら、この↓バンデラスのことを多くが『丸刈り』と表現していたのには???でした。
ハゲと言い切るのは抵抗があるのはわかるけど、スキンヘッドじゃダメなの?


banderashage1.jpg
これって丸刈り?



物語としては、人類の繁栄は終わりを告げ、自ら学習するようになった人工知能に取って変わられる、というロボット物の鉄板ストーリーで、特段変わった所は見当たりません。
細かいところを突っ込むとキリがないんですけどね。
一番最初に出てきた、家事ロボットの誤作動で愛犬が死んでしまった、と訴えていた一家は何だったの?とか。
バンデラス演じる主人公ジャックは玉を二つもっていたのか?なんて疑問とか。

あー、なんかこの表現だと誤解を招きそうよね。
玉というのは金色の球体型電池のことです。
この金色の玉電池がまた「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」に出てきたソレとそっくりだったのよ。
何かしら意味でもあるんでしょうか、あの形と色と大きさの。笑
とかなんとか、レンタルDVDになったら、もっとじっくり見直してみたいなと思ってます。

玉はやっぱり金でなきゃと思う人はコチラを→/

玉はやっぱり銀でなきゃと思う人はコチラをコチラを→

玉の色なんてどーでもいいわと思う人は、両方ポチッとよろしくです。

theme : 映画感想
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様のためのホログラム」「パッセンジャー」「ファウンダー」「亜人」「関ヶ原」「ワンダーウーマン」「散歩する侵略者」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

最近観るだけ観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示