トリガール

久々に見終わってから「金返せ」と言いたくなる映画を観ました。言いたくなっただけで言いはしなかったのは、ポイントを使ったタダ見だったからです。けど「ポイント返せ」と言いたかったのはホントのところかな。


torigirl2017.jpg
<ユキちゃん(矢本悠馬)は頑張ってたのにね・・・>



どういう理由で映画になったんでしょうか。
テレビの2時間ドラマで充分だったと思うんですよ。
そのくらいバカバカしい展開でした。
うちの近くでロケが行われたと知り、それを確認するのが主眼だったんですけど、まぁソレだけです。


/ ←ひとポチよろしく!


スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

「秘密トップシークレット」観た

劇場公開時に行こうかどうか迷ったんですけど、その上映時間の長さから躊躇して結局行きませんでした。でも行かなくて正解、もし観ていたら終わってから「金返せ!」と言いたくなっただろうから。

topsecrett2017.jpg
<キャストはやたら豪華です>



それにしても酷い、あまりにヒドい、こんなに無惨な作品になっていようとは。
ここんとこマンガ原作の実写映画を沢山観てるんですけど、その中でも類を見ないくらいのダメだめ映画です。
エンドロールを見たところでは脚本に4名もの名前がありました。
いわゆる「船頭多くして船山に上る」そんな状況だったのでしょうか。
原作を知っているだけに残念でなりません。

前半部分はわりと良かったんですよ。
緊張感のある映像がテンポ良く進んで、これは面白そうだと感じたんですけど。
後半いきなり失速です。
特にキーとなる女性絹子の登場から怪しくなってきました。
この絹子という女性は、殺人鬼でありながらその事実を父親が隠していた、という設定なんですけど。
記憶喪失なのに父親が死んだ後に、タイミングを計ったように表に出てくる、っておかしいでしょ。
記憶を無くしてなんかない、って誰の目にも明らかだし。
御都合主義が過ぎるってもんです。

さらに私がこりゃアカンと思ったのは、この絹子がペラペラしゃべることです。
それもしょーもないことばっかり。
登場した直後は台詞もほとんどなくて、目線やしぐさだけでミステリアスさがとてもうまく出ていたのに。
しゃべればしゃべるほどそのミステリアスさが失われていくんですよ。
挙げ句の果てには「私は生きる云々」という言葉を口にして

おおおっっと〜〜!
これから下はネタばれになるので、いつものあの方に登場していただきましょうか。

boori5201708.jpg
♡ウシジマくんとは呼べないくらい大人の男丑嶋社長30歳♡



美しいウシジマくんで癒されたところで、以下ネタバレ感想を続けます。

絹子のダメ出しポイントはもう一つ、途中で病院に現れて何やらどーでもいいことをしゃぺってから出て行くシーンがあるんですけど。
その時にご丁寧にスーツケースを引っぱりながら去って行くんですわ。
何なのあの流行のレトロなスーツケースは?
なんじゃいそら、どっかに旅行にでも行くんかい、と思いましたもん。
ミステリアスな女性があんな物持ってるってどーゆーこと?
そこで中途半端なリアリティを持たせてどーすんの?
雰囲気ぶち壊しなだけじゃん。

そして極めつけ、自分の周りに灯油か何かをまいて火を放って終る絹子が「私は生きる(とかなんとかそんな言葉)」を吐いて終るんです。
はぁ?なんのこっちゃ?ワケわからんし。
私は映画は画で見せるべき、台詞は極力削れるだけ削った方が良いと思っております。
その観点からすると、この絹子のダメさ加減はこれまで私が観てきた映画の中でも、1〜2のひどさじゃないかと思われます。

かと思えば、絹子の最期のダメさに追い打ちをかけるようにダメダメ台詞のオンパレードが続き、もーホント開いた口が塞がらない状態でエンドロールへとなだれ込みました。
薪とその親友のエピソードの件は語るだけバカバカしいので割愛。
私がダメ押し的にアカンと思ったのは、ラストの青木(だよね?薪じゃないよね?)のナレーションです。

この作品に一つだけ褒められるポイントがあるとすれば、独特の世界観をとても上手く表現していたところでしょうか。
登場人物の衣装がちょっと変わっていて、我々の知っているスーツとは違っていたり。
車も全て外国の物を使い、徹底的に近未来の日本感を良く出していました。
つまり薪や青木の世界は我々の世界とは違う、そういう雰囲気が強く感じられたんです。

ああそれなのにそれなのにエンドロールの始まる直前、青木のナレーションがグタグタ流れる中に「この世界は美しい」という言葉が出てくるんですわ。
この世界の「この」ってのはどこのことを指してるの?
あなたたち薪や青木の世界のことだよね?
そちらの世界が美しい、ってその台詞はいったい誰に何を訴える物なの?
まったくもって謎だらけの作品でした。
ホント見るだけ時間の無駄でしたわ。

あああ〜こうしてそのダメ出し感想を綴ることは、も〜っと無駄な時間だと知っているのに、何故そんなことをしたかと言うと、それはやっぱり原作のことを知って欲しいからです。
ぜひ清水玲子の原作マンガ「秘密」を読んで欲しいです!
って、私も途中で放り出したクチなんで大きな事は言えないんですけどね。
ここまで長々としたしょーもない感想を、最後まで読んでいただきありがとうございました。

せっかくですのでひとポチよろしくお願いします→/


theme : 映画感想
genre : 映画

「奇跡」のために新しいカテゴリ作りました

これってひょっとして「誰も知らない」の2匹目のドジョウを狙ったんでしょうか?私の嫌いなテンポの悪い日本映画の代表みたいな作品でしたわ。


kiseki.jpg



「誰も知らない」は柳楽優弥という稀有な少年が被写体であったからこそ成立した作品だと思うので、子ども漫才兄弟がそれに対抗しうるワケがありません。
そうでなくても緩急の全くないダラダラした展開で、これぞまさに日本映画!みたいなゆる〜い映像が退屈極まりない。

中盤にドキュメンタリー風インタビューみたいな映像が挟まれるんですけど。
演技させるんならキチンとさせて、させないなら徹底的にさせないようにしないとさぁ。
ここは演技しているところ、ここはしてないところ、それを感じさせちゃ〜ダメでしょ。
ま、Y氏に求めるようなことを子役に求めちゃいけませんかね。
時間の無駄となった128分でした、って、あ〜いや終盤早送りしたので、120分くらいだったかな。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画感想
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パッセンジャー」「ファウンダー」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「ベイビー・ドライバー」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示