FC2ブログ

うわさの男にたどり着く ③

うわさの男というのは、他でもないダスティン・ホフマンのことであります。過去の一時期彼に興味があって出演作をいくつか観た、そんな記憶が「真夜中のカーボーイ」を観てようやく蘇ってきたのです。


土地ー
<全然笑えなかったトッツィー>



近頃では映画を鑑賞する方法も種々様々となり「この作品いつどこで観たんだっけ?全然思い出せないわ」そんな思いを抱いているのは私だけではないと信じたいです。笑
人生が半世紀を超えたあたりから、忘れていたことを思い出すことが多くなりました。
そのため「真夜中のカーボーイ」を観たことを忘れていた自分に、さほど驚きはしなかったのです。

そんな私が観たことをすっかり忘れていて、もう一度レンタルしてしまい相当ショックを受けた作品があります。
それはダスティン・ホフマン主演の「トッツィー」。
何がショックだったかって、まず2度目を観たとき私はまだ30歳そこそこの年齢だったから。
こんなトンデモナイ作品を観たのに、覚えていられなかった自分が自分で情けなくて、怒りすら覚えてしまったものです。

でもね今ならわかるんですよ、私は「トッツィー」でなくて「クレイマー・クレイマー」を観ようと思っていたということが。
確か1度目の「トッツィー」の前に「パビヨン」を観たような気がするんです。
劇場公開時に「パピヨン」を観た兄が「この映画面白かったで〜、絶対観て損はないで〜」と語っていたことをはっきりと覚えているから。

時系列を整理しましょう。
テレビの洋画劇場か何かで「真夜中のカーボーイ」を観た私は、ダスティン・ホフマンて素敵ちょっと彼の映画を観てみようかな、と考え「卒業」を観たのだろうと思います。
まだビデオテープのレンタルの頃だったはず。
次に観たのが「パピヨン」、何しろ前述の通り兄の強いススメがあったので。
その次が「トッツィー」と「クレイマー・クレイマー」どっちにするか迷って「トッツィー」に。
ところがこの「トッツィー」のダスティン・ホフマンに衝撃を受けた私は、ひょっとすると自分が彼に惚れていたこと丸ごとを封印してしまったのかもしれません。

何年かが経過しレンタルもDVDへと変わった頃、どうしたことかこの「トッツィー」「クレイマー・クレイマー」どっちにしようの思いだけが再び湧き上がってきて、またしても「トッツィー」に手を出してしまったんです。
この2度目のトッツィーの時には、ダスティン・ホフマンのことなどすっかり忘れていました。
いやむしろ逆に【気持ち悪いトッツィーの俳優】というマイナスイメージで上書きされてしまったんです。
オイおい女心と秋の空どころじゃないじゃん、と自分の浮気性には開いた口が塞がりませんわ。

2度目に「真夜中のカーボーイ」を観たのは今年の始め頃だったと思います。
その後「クレイマー・クレイマー」「パピヨン」「フック」を観ました。
その以前には彼のことなど気にしないで観ていた作品もいくつかあります。
「シェフ 三つ星フードトラック始めました」とか「パフューム ある人殺しの物語」とか。
でも今の私には全く彼はピンときませんでした。
本当にダスティン・ホフマンには心から申し訳ないと謝りたい。
罪滅ぼしも兼ねて私の一番好きな彼の写真を添えて、このくだらない回顧録を終えたいと思います。


ホフフフフまん
<やっぱ白髪白髭でしょ>




/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト

うわさの男にたどり着く ②

「真夜中のカーボーイ」この作品名のカーボーイは都会に出てきたカウボーイだから都会的にカーボーイという表記にしたのだそうです。ずっと私は「真夜中のカウボーイ」と「真夜中のカーボーイ」の二つの作品があるのかと勘違いしていました。引き続きブログDEロードショー秋の音楽祭への参加です。


カーボーイ2018

金持ち女の相手をして金を稼ごうと
テキサスの片田舎からニューヨークへやってきたジョー
だが現実の壁は厳しくカウボーイを気取る彼の夢は
遠のいていくばかり
そんなジョーが知り合ったのがラッツォと呼ばれる一人の男
終始咳き込み足を引きずって歩くその小男とジョー
大都会のはみだし者同士次第に友情を深めていく二人だが
ラッツォの病状は日増しに悪くなっていた
ジョーはフロリダへ行くとというラッツォの夢を叶えようとするのだが・・・
以上のあらすじはYahoo映画より引用



てっきり初めて観る作品だと思ってたんですよ。
でも冒頭「うわさの男」の曲が流れるオープニングクレジットに見覚えがあってアレレ?と思いました。
その後も、なんとな〜く見たことあるようなないようなシーンが続きモヤモヤしていたんですけど。
中盤の靴磨きをするシーンが決定打、あちゃ〜コレ観たことあるわ〜と気が付いたという次第。
そうすると次から次へと芋ずる式に、色々と思い出してきたんです。

主人公のジョー(ジョン・ヴォイト)が、色男でやたら女性にモテる、みたいな設定なんですけど。
私は全く彼のことがピンとこなくて、むしろラッツォの方が好きだな、と最初の鑑賞時に感じたことを思い出しました。
そして2回目の時も全く同じように感じたんです。
そりゃ確かにラッツォは背が低いけど、そんなことは大したことじゃない。
むしろ背が低くて足が悪いことが彼の良さを際立たせている、そう思ったんです。

ジョーを演じているジョン・ヴォイトってアンジェリーナ・ジョリーの実父だったんですね。
どうりでピンとこないワケだ、親子で全く私の趣味には合致しないんだもん。笑
ラッツォを演じているのはダスティン・ホフマン、その顔立ちからてっきりラテン系かと思ってたんですけど、そういうワケでもないらしい。
でもヒゲが似合う点では私のストライクゾーンど真ん中なんですってば。

今回3度目の鑑賞をしました。
初見の時のラストの衝撃は忘れられません。
2度目の時はラッツォの切なさ(ジョンに恋心を抱いている?)を辿っていたんですけど、今回3度目にしてようやく主人公ジョーの切なさに思い至りました。
愛する人に先立たれてばかりのジョー、次に誰かに出会ったら早くその人の大切さに気がついて欲しいと願うばかりです。

次回いよいようわさの男の謎が明かされますよ。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 洋画
genre : 映画

良いお年をお迎えください

以下2017年マイベスト映画をまとめて記しておきます。終ってみると他の58作品全てがウシジマくんを称えるための添え物だったという笑、私にとってはこれ以上ない一年だったと思います。

shoumeiusiusi2017.jpg
♡ウシジマくん証明写真♡



1位「闇金ウシジマくんPart3」
2位「イップマン継承」
3位「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」
4位「ゴッホ最期の手紙」
5位「アウトレイジ最終章」
6位「たかが世界の終わり」
7位「この世界の片隅で」
8位「SING」
9位「ジャスティス・リーグ」
10位「ライフ」
10位「散歩する侵略者」
10位「エル ELLE」

参考までに2017年に私が観賞した作品を、ざっくりと観た順番にタイトルだけあげておきます。

「土竜の唄香港狂騒曲」「ダーティ・グランパ」「新宿スワン2」「ザ・スクワッド」「ルパン三世カリオストロの城MX4D」「マグニフィセント7」「この世界の片隅に」「闇金ウシジマくんPart3」「破門ふたりのヤクビョーガミ」「ザ・コンサルタント」「マリアンヌ」「たかが世界の終り」「ナイスガイズ!」「天使のいる図書館」「トリプルX再起動」「SING」「「レゴ・バットマン・ザ・ムービー」「グレートウォール」「ワイルドスピード・アイスブレイク」「「イップマン継承」「ガーディアンオブギャラクシー2」「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」「山田孝之3D」「キング・アーサー」「花戦さ」「メアリと魔女の花」「昼顔」「忍びの国」「銀魂」「カーズ/クロスロード」「ライフ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「パワーレンジャー」「お前はまだグンマを知らない」「ザ・マミー」「怪盗グルーとミニオン大脱走」「ジョジョの奇妙な冒険」「トランスフォーマー/最後の騎士王」「東京喰種クーキョーグール」「ワンダーウーマン」「関ヶ原」「西遊記2妖怪の逆襲」「散歩する侵略者」「エルELLE」「スキップトレース」「トリガール」「亜人」「スクランブル」「エルネスト」「アウトレイジ最終章」「アトミックブロンド」「ブレードランナー2049」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ最期の手紙」「ローガンラッキー」「ジャスティスリーグ」「鋼の錬金術師」「KUBOクボ二本の弦の秘密」
以上全59作品



/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 栄えある1位はコレ!

今日は水曜日ウシジマくんを称える日です。え?まさか他の何か特別な映画作品が1位に選ばれると思ってたとか?んなワケないない。この日に合わせて番外編やら関係ない作品の感想やらを並べてきたんじゃ〜ありませんか。

panffpart3.jpg
♡鬼に金棒のウシジマくんも素敵♡



2017年マイベスト映画 1位「闇金ウシジマくんPart3」を最後に観に行った時の記事はコチラ

2017年に私が劇場観賞した新作映画の中から、ナンバーワンだと思う作品は「闇金ウシジマくんPart3」であります。
この作品の公開は2016年9月じゃなかったのかって?
確かに最初の公開日は2016年9月22日ですけどね。
今年の2月8日に千葉の隅っこの方にある映画館まで足を伸ばして観てきたんですよ。
なので間違いなく選考対象に入ってるんですってば。

ウシジマくんの映画は全部で4作あります。
その中でもPart3は一番ウシジマくんの出番の少ない物だと思います。
でもねぇ、私はコレが一番好きかも。
どれも好きなので絶対コレが一番とは決められないんですけど。

Part3が好きな理由はウシジマくんが最も一人の若者らしいと感じるから。
幼馴染イヌイの盟友丑嶋くんではなく、柄崎の尊敬する丑嶋社長でもない、20代半ばの青年丑嶋馨という人間の一面を見せてくれたような気がするから。
フリーエージェント業界で頑張り、憧れた贅沢な暮らしに一瞬だけ手が届いたものの、すぐその夢が砕け散ったシンジに対しウシジマくんはこう言います。
「オマエそんな悪いことしたの?自分の命かけて勝負したんだろ?何もしねえよりマシじゃねえか」
その裏には「俺はオマエがどれだけ頑張ったか知っている」そういう意味が込められていると感じたんです。

シンジのやったこととウシジマくんの闇金業という商売には、どこか似ていて相通ずる物があるような気がします。
キャッシュレス化の進むこの時代、ウシジマくんの暴力的な取り立ても、いつまで通用するかわかりません。
次の作品「闇金ウシジマくんザ・ファイナル」の終盤の柄崎の台詞じゃありませんが「ギリギリのところで闘って生きている」のは柄崎だけでもなくウシジマくんだけでもない、みんな同じ。
楽に生きている人なんていないのです。

この作品は劇場公開直後に娘たちと3人で観に行きました。
下の娘はドラマも映画も全て観ていたのですが、上の娘はこれが初めての闇金ウシジマくんです。
それでも面白かったと言っていました。
あまり闇金ウシジマくんらしくない、シリーズ中で最もダークさが薄い作品かと思います。
ウシジマくんに興味はあるけれど、なかなか手を出しかねているという方にはまずコレから観てみるというのもアリかも。
未見の方は是非ぜひ!


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 2位

そもそも映画ブログを始めたのがドニー・イェンとの出会いがきっかけでした。これまでも彼の作品を劇場で観てきましたが、何よりこのシリーズは別格なんですよ。

ippmaandisc.jpg
<大好きなドニー・イェン作品たち>



2位 「イップマン継承」感想はこちら

ドニー・イェンとの出逢いはいつだったのか、一番最初はチャン・イーモウの「HERO」でだったのでしょうけど、その時はまだ彼のことは意識していませんでした。
何しろ登場キャラとしては下から2番目くらいのポジションでしたから。
といってもこの映画の登場人物は7人くらいしかいないんですけどね。

その後「セブンソード」を観た時に、あら!!この人の体の動きが素敵だわ♡と気が付いたのははっきり覚えています。
で調べてみたら「HERO」にも出ていたということがわかり、サクっとネットで中古のDVDを買っちゃったんですよ。
他にもいくつかレンタルして、そうこうするうち当然のように辿り着くのが「イップマン葉問」てワケです。

以来約6年いろいろ彼の出ている作品を観てきました。
どシリアスな物から超コメディな物、古代歴史物語から星間戦争のSFまで、それはもう幅広いジャンルだったように思います。
時々見せてくれるヒゲハゲもいいんです。
何せ美ヒゲの神様、関帝まで演じてるんですもの。

昨日久しぶりにこのドニー・イェン関羽の「三国志英傑伝」を見直してみたんですけど。
最近三国志物から遠ざかっていたせいで色々忘れていて、歴史的政治的背景がまるきしチンプンカンプンでした。
この作品そーとー三国志のコアなファンでないと、なかなか物語について行けないと思います。
まぁドニー・イェンのアクションを堪能するだけが目的なら、そういうのはあんまり関係ないかもしれませんね。

以下「三国志英傑伝」の感想を含む、ドニーさん関連の昔の記事をリンクしておきました。
興味とお時間のある方はどうぞのぞいてやってください。

過去記事その1

過去記事その2

過去記事その3

過去記事その4

過去記事その5


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 3位

3位と2位の作品もどうするかずっと悩んだんですよ。今年の一作としてはこちらの作品が一番のような気がするんですけど、何しろ諸々初めてづくしのことなので、これまでの蓄積してきた思いのボリュームも鑑みてこういう並びに落ち着きました。

jeegdisc.jpg
公式サイトはこちら



3位 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」感想はこちら

ちょうど先日ブルーレイが届いたばかりです。
見返してみると主演のクラウディオ・サンタマリア、ちょっと北村一輝に似ているような気がしました。
やっぱり北村一輝はイタリア人っぽいってことですかね。笑
何しろ「テルマエロマエ」でローマ皇帝役を演じた彼、本気で現地の人に間違われたらしいから。

初見の時の感想には悪役ジンガロのことにほとんど触れてなかったので、ここでちょっと記しておきます。
「悪役は美しくなければならない」そう言ったのは評論家の中島梓(作家の栗本薫の別名)だったかと。
その言葉にドンピシャな美しい悪役、それがジンガロ(ルカ・マリネッリ)です。

jingaroo2017.jpg
<目が青くて超絶美形のジンガロ>


悪い(けど大したことのない)組織のヘッドである彼は、美形キャラのお手本のように潔癖性でサディスト&ナルシスト、ついでに歌もちょっと得意だったりする。
上の組織のボスの誕生パーティで、お祝いと称してノリノリで一曲歌ってみせるシーンは圧巻、ほんと〜に気持ち良さそうに歌ってます。
まあそんな調子こいてるジンガロのことをボスは快く思っているはずもなく、やがては邪魔者として消されそうになるワケですが、その後のジンガロの美しさに磨きがかかるのが素晴らしい。

表面的な意味の磨きだけでなく内面的な物、つまり心根の小ささや醜さにも磨きがかかるんです。
醜さに磨きがかかるってのも妙な表現ではありますが、美しさに対比させるのは醜さだろうから、そう言うしかないような気が。
美しかった悪役が美しくなくなった時、いったいどういう悪役になるのか?
醜さに磨きのかかったジンガロはやっぱり美しかった、トンチか禅問答みたいですけど、私はそう感じたのです。

今年の四月からNHKのイタリア語講座を見てます。
そしたら先日イタリア映画紹介のコーナーでこの作品が取り上げられていました。
作中でほんのポツポツですが単語が聞き取れるようになったのが嬉しい。
イタリア語学習のスタート記念としても、忘れることのできない作品となったことは確かです。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 番外編

ベスト3発表の前にちょっと番外編なぞを。今回のベストテン選出は2017年に劇場観賞した新作映画からということにしています。

kariososs.jpg
<劇場公開時のポスターはこういうのじゃなかったかと>



この「カリオストロの城」は新作ということにはならないので対象外なんですけど。
それでも好きな作品なのは間違いないので、取り上げておくことにしました。

それにしても38年も昔のアニメ作品をMX4Dにして、再び劇場公開させようとするってことは、この作品の人気が高いって証明に他なりませんよね。
実際私にとっても特別な作品で、過去に観た全ての物の中から選ぶ好きな映画ベストテンに入るのは確か。
というか私の個人的ベストテンて、どういう映画なんだろ?
そうか、そういうカテゴリでも作ればいいのか。

一応この作品に関する記事は3つほどあります。
けどどれも感想じゃない与太話ばかりなので、興味と時間がおありならのぞいてやってください。

「カリオストロの城」に関する与太話 その1

「カリオストロの城」に関する与太話 その2

「カリオストロの城」に関する与太話 その3


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画4位「ゴッホ最期の手紙」感想

ゴッホは私の一番好きな画家です。そのゴッホの生き方を題材とした上に、その作品をアニメーションにして作られた映画だなんて、ゴッホファンとしては見逃してはならないでしょう。ヒゲの素敵なイケメンゴッホに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★

gochpanf2017.jpg
公式サイトはコチラ



ゴッホってイケメンのモテ男だったんですね。
いやもちろんあくまでもフィクションですから、実際の彼がどういう人間だったかなんて想像の域を出ませんけど。
私はてっきり絵を描くこと以外何もできない、ある意味コミュ障気味の変な男だと勘違いしていました。

ゴッホは自殺したという説と他殺ではないかという説があります。
その彼の死を解き明かす一遍のミステリーとしても素晴らしい筋立て。
そういう殺人事件の犯人探しをする物語の好きな方には絶対おすすめですよ。
もちろんゴッホの絵がお好きな方にもおすすめ。
何しろゴッホのことが益々好きになるんですよ、この映画を観ると。

前述のように私は彼のことを誤解していました。
きっと女性にはまるきしモテない相手にもされない、そう考えていたんです。
ところがこの映画のゴッホは違います。
人当たりが良くて女性だけでなく男性にも好意を持たれる人間なんです。
芸術の才能があってイケメンで女にも男にももてる、そんな人間につきもの、それは妬み嫉み・・・。
彼の死はそういう嫉妬心に起因しているのです。

もちろんソレだけではありません、彼の弟テオへの愛情も大きく関係しています。
弟テオの奥さんも良く我慢したと思っていたんですけど、この映画を見ると必ずしもゴッホのことを疎ましく思っていたワケではないのかな、とちょっと安心しました。
そもそもそうでなければ彼の作品を残しておくこともなかったはずですもんね。
なんだかんだで悲しい物語ではありますが、観終わって不思議と満ち足りた気持ちになる素晴らしい作品だと思います。
ソフト化されたら絶対入手したいです!

というワケで2017マイベスト作品の4位はこの「ゴッホ最期の手紙」です。
公開直後の11月始めに観に行ったんですけど、せっかくだからゴッホ展も観てから感想を記しておきたかったので今日まで寝かしておきました。

ああ、えーと・・・Y氏が声優を務めたのは物語の主人公(ゴッホではない)なんですけど、その件に関しては可もなく不可もなくってところでしょうか。
彼に興味のない人は言われないと誰だかわかんないと思う、ある意味うまく個性を消した演技をしてると思いました。
それは普通に役者をしている時にもよくあることですから。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 5位

5位と4位の差はソフトを手に入れたいと思うかどうかの差で決まりました。

ichino31.jpg
♡めずらしくアンニュイなウシジマくん♡



5位 「アウトレイジ最終章」の感想はコチラ

怖いし暗いし全く華やかさに欠けるし、正直何がどう面白いのか、なかなか言葉にできないんですけど、大きなスクリーンで観られたことがこんなに嬉しかった作品は初めてです。
スクリーンを注視している間の、心臓ばくばくドキドキ感は「ジュラシックパーク」の勘違い観賞(詳しくはコチラ)の時以来だったかも。
でもあの時とは違ってワクワクどきどき感の方が勝っていたから楽しかったんだと思います。
ですから2回目以降は多少そのワクワク感が薄れるような気がするんですよ。

正直ソフトリリースされても買おうとは思いません。
でも最初の作品から3作まとめて観てみたいのは確か。
あの「ゴッドファーザー」を一日でまとめて観賞したように、これも一日で全部観るのもなかなかオツな物でしょう。
まさに「ゴッドファーザー」と並ぶ裏社会映画だと思う。
こっちの方が地味さ渋さ&暗さでは上なのは間違いないです。笑

あ、そうそうY氏とビートたけしが共演したテレビ東京のドラマ「破獄」なんでソフトリリースされないんでしょうかねぇ。
深夜バラエティ「山田孝之の元気を送るテレビ」なんて物のソフト化より「破獄」の方が先でしょ〜〜!
とここでY氏の話題を出したのは、ベスト4位がY氏関連作品だからだったりする、そうアレですよアレ。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

2017年マイベスト映画 6位&7位

6位と7位の作品も老若男女にお勧めしたい作品。ただし8位9位と違い、観終わってちょっと心が痛むんですけど、その痛みが心地良いようなある意味大人の味わいのあるものです。


prince.jpg
♡ウシジマ王子♡



6位「たかが世界の終わり」感想はコチラ

7位「この世界の片隅で」感想はコチラ

両者ともに出てくるエピソードに何かしら思い当たる部分があれば、かなり辛い思いをすることになるんでしょうね。
「この世界の片隅で」に関しては戦争に関わることなので、私には直接思い当たるものはありませんでした。
けれども「たかが世界の終わり」で描かれる親兄弟の確執みたいな物に覚えがあると、ちょっと辛いらしいです。
私にはそういうのがないので、それなりに冷静に観ることができたんですけど、むしろ娘がこの作品は辛い、と感想を口にしたことがいくらかショックでした。


/ ←ひとポチよろしく!

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示