リュック・ベッソンやっぱり好きだわ

昨年末にテレビ周りの環境が変わって自室でBSが見られるようになり、NHKプレミアムシネマで放送されている気になった映画を録画して観てます。そのうちの一つが「ニキータ」20年ぶりくらいの再見。殺人マシンのジャン・レノに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点の5★★★★★


nikita2018.jpg
警官を射殺して捕らえられた麻薬中毒の少女ニキータは
政府の秘密機関に属する暗殺者になることを迫られる
3年後特訓の末に殺し屋になった彼女は恋に落ち
幸せな日々を望んで苦悩するのだった



1995年前後に友人に勧められジャン・レノ主演の「レオン」を初めて観た後、他のリュック・ベッソン作品をいくつかレンタルして観ました。
監督に興味を持って作品を選んだのはこの時が初めてだったと思います。
「サブウェイ」「グラン・ブルー」「ニキータ」と手を出して、その後に劇場公開された「フィフス・エレメント」も観に行ったんですよ。
つい先日娘が「ニキータ良かったわ〜」と言っていたので、どんな作品だったっけと思っていたところ、NHKプレミアムシネマで取り上げてくれたという次第。

いやぁホント良かったですわ〜、こんなにジ〜ンと心に染みる作品だったなんて、すっかり忘れてました。
1990年の作品だというのに全く古さを感じさせないのが素晴らしい。
何より台詞が少ないんですよ。
くどくど言葉で説明することなく映像で見せる、こういう作品が私は大好きだもの。
そんな中とても印象的な台詞があったので、思わず書き取ってしまいました。

「この世には無限が2つある、女の美しさとそれを巧みに使うこと」

フランス語で何と言っているのかすごーく気になったんですけど、日本語字幕しかないのがテレビ放送される時の難点ですよね。

で、観終わってから気付いたのは、実はコレかな〜り「レッド・スパロー(感想はコチラ)」に似てるってこと。
NHKプレミアムシネマは劇場公開中の作品にからめた物を放送しているようなところがあるので、私はてっきりリュック・ベッソン監督作品「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」がらみだと思ってました。
「レッド・スパロー」も凄腕工作員になっていく女性の物語、ただし「ニキータ」に比べると遥かにタフ&ヘビーですけどね。

とかなんとか実は「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」観てきました。
SF系はあんまり得意じゃないんですが、リュック・ベッソンなら観てもいいかなと思ったので。
なかなか面白かったですよ。
サブタイトルの「千の惑星の救世主」ってのが、何だかえらく大風呂敷な感じがして大丈夫か〜?とちょっと不安だったんですけど。
平たく言うと愛は地球を救うならぬ、愛は宇宙を救うってところですな。
重過ぎず軽過ぎずバランスのとれたエンタメ作品だったと思います。

valeliaaan.jpg



という訳でリュック・ベッソン祭りのカテゴリ作りました。
とりあえず「フィフス・エレメント」をTSUTAYAディスカスのリストに入れておきますわ。


/ ←ひとポチよろしく!

スポンサーサイト

theme : 洋画
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「日の名残り」「マイ・インターン」「パッセンジャー」「ファウンダー」「ベイビー・ドライバー」「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「トゥーム・レイダー」「50回目のファーストキス」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「ゴッホ最期の手紙」 「SING」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示