アヤマダ歓喜情報

綾野剛と山田孝之の両方が好きな人のことをアヤマダというのだそうです。断っておきますが、私は違いますからね。


ayamada0310.jpg
<まるっと切り取ってきた記事でゴメンです>


赤西仁と山田孝之のユニットがJINTAKAだったので、この二人のユニットがどういうネーミングになるのか、それがちょっと楽しみではあります。
剛&孝(タケシトタカシ)とかどうよ?
なんだか演歌歌手のデュオみたいですな。笑


himei2.jpg
<電話の向こうから聞こえてきたのは拷問の声だったりする>




アヤマダに興味がある人もない人もひとつコチラをポチッとな〜!→/

スポンサーサイト

theme : 闇金ウシジマくん
genre : 映画

深夜ドラマの帝王 主演男優賞受賞

Y氏がコンフィデンスアワードとかいうのの主演男優賞をもらったそうです。おめでと〜!どういう賞なのか良くわかんないけど。詳しくはコチラのYahoo!ニュースをどうぞ。


hakubutukan0318.jpg
始祖鳥見に行かなきゃ


さらには今月18日より国立科学博物館で開催される「大英自然史博物館展」の音声ガイドをY氏が務めるとのこと。
そりゃ行かなきゃでしょ。

onseiguideyamada.jpg
30分540円2回は聞かなきゃね




さらにさらにテレビ東京で4月12日に放送されるドラマ「破獄(公式サイトはコチラ)」にも出演するとのこと。
こないだ年明けに収録していたと思ったら、もう放送なんですね、早いな〜。

hagoku0303.jpg
主演はビートたけし



Y氏のファンは忙しいよ。
さ、もうすぐバイプレとカンヌの時間だ〜。


テレビ東京が映る地域の人も、映らない地域の人も、どうぞおひとつポチッとな〜/

theme : テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

山田孝之のカンヌ映画祭 第一話感想

ナレーションがまさかの長澤まさみでした。Y氏はやっぱりホラーやりたかったのかぁ、ちょっと納得です。ヒゲ満足度5点満点の4★★★★☆



cannejacket.jpg
だっ、だだだ、誰コレ?



cannefujifabyamada.jpg
こっちは右から二人目が明らかにY氏




上は二つともドラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」のオープニングテーマ曲絡みの画像です。
いやビックリしましたよ、特に上のアレには。
テーマ曲はフジファブリックというバンドに山田孝之が混ざって歌ってるらしい。
上の画像はジャケット写真だそうです、なんだぁガッカリ。
てっきりY氏かと思っちゃったわ。

cannered1.jpg
こちらは作中のY氏と山下監督
指し色の赤が効いてて画像がいちいちオシャレです





テレビ東京が映る地域の人も、映らない地域の人も、どうぞおひとつポチッとな〜/

theme : テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

明けましておめでとうございます

これまで通り新年のおめでたいショットとして私はコレ↓を選びました。2017年もよろしくお願いします。

ps4cmweb9.jpg
♡♡フォーマルスーツの勇者♡♡



9月にこのPS4のCMを目にした時、これは新年用のショットに最適だわと直感しました。
その後のPS4のCMシリーズを見るにつけ、SONYの人のY氏への愛を感じ、とても嬉しかった。
でも買わないよPS4は。
テレビを買い替えるなら、今度こそSONYにしよう、とは思ってますけどね。
まだ当分先の話ですってば。

ps4cmweb3.jpg
♡♡アーサー王もかくやの麗しさです♡♡



Y氏は本当にフォーマルな出で立ちが似合いますよねぇ。
おっとスーツと言えば、この方も忘れちゃなりませんな。

jasonformal.jpg
♡♡いやん、蝶ネクタイ素敵♡♡



今年はこのヒゲハゲ観察日記のヒゲハゲ率が高くなる予定。
昨年同様お引き立てのほどお願いいたします。


ps4cmweb5.jpg
♡♡早く白髪になってね〜♡♡




theme : 闇金ウシジマくん
genre : 映画

映画「指輪をはめたい」感想

過去に一度Y氏目当てに観たのですが、今回は二階堂ふみが目当てで観賞しました。



yubiwa2016.jpg
製薬会社に勤務する29歳独身の片山輝彦(山田孝之)は、
ある日営業先のスケートリンクで転倒し、
頭を打ち気を失ってしまう。
目覚めた彼はカバンの中に婚約指輪を見つけるが、
その指輪を誰に渡そうとしていたのか全く思い出せない。
そんなとき輝彦の前にまるでタイプの異なる3人の女性が現れ、
3人とも自分が輝彦と付き合っていると主張し・・。
以上Yahoo!映画より引用




観たはずなのに、どこにも感想が記されてないので、必死に探しまわったらありましたよ「全然面白くなかった」の一言だけ。
2度目の今回も感想は全く同じです。
記憶喪失物なのに時間軸がはっきりしなくて、どこが現在でどこが過去なのかチンプンカンプンなんですわ。
それって致命的でしょ。
さらには過去の思い出なんだか妄想なんだか夢なんだからわからないシーンも沢山あって、夢なのか現実なのか、こちらもチンプンカンプン。
もぉ〜お、どーしよーもないですな。

物語としてはそーゆー感じなので褒める箇所は見当たらないのですが、女性たちのキャラがなかなか良くできていたとは思います。
テルヒコの先輩社員で非の打ち所のない美女に小西真奈美。
明るく屈託のない風俗嬢で巨乳の真木よう子。
料理がドヘタな癒し系クリエイターの池波千鶴。
この3人のテルヒコへの態度がまさに三人三様で、男性からすればどのコにするか決められない、というのは全く道理だと女の私でも感じましたから。

そして今回目当てだった二階堂ふみもブラボー。
撮影当時16歳くらいの彼女、まだまだ少女らしくスラッとしたボディなのには驚きました。
先日観た「蜜のあわれ」では安産タイプ美ボディを披露していたことを思うと、ほんの5〜6年の間に女の子はこんなにも成長するのかと、ただただ驚嘆するばかり。
さらには、おそらく10年後くらいの設定なのでしょう。
作中ググッと大人びた造形に変化していたのにも驚愕。
26歳と言っても充分通用する美女っぷりでした。

あ、そうそう。
この作品でいったい何を表現しようとしていたのかは全く理解できなかったのですが、この作品で何をしたいと思っていたのかは何となくわかりました。
それは「山田孝之を徹底的なダメ男にしてみたい」です。
まぁ女性の監督さんなんで、気持ちはわからなくもないんですけどね。笑



theme : 映画感想
genre : 映画

カミサマにお願い

最近自分の年齢を間違えることが多くなりました。間違えやすいのは年の終わりまで一週間という今日が誕生日なせいもあると思うんですよ。だって西暦で換算した満年齢が正しいのは、一週間だけなんですもん。


ricoco.jpg
「シーサイドモーテル」の成海璃子



西洋では誕生日のケーキに飾られたロウソクを吹き消す時に、願い事をするのだそうですね。
でも一息にそれを吹き消さないと、その願いが叶わないとかなんとか。
この年になったら、一息で消すなんてことは無理な数なので、そんなことを試みようとは思いません。
でもせっかくなので(?!)願い事だけはしとこうかなと思います。

年末になってY氏の来年の動向の情報がいくらか発表されました。
色々とあっと驚くようなことを企んでいるようですが、私は単純に彼の大人の恋愛物語が観たいというのが一番の希望だったりします。
あ〜、そういえば、いつだかのインタビューに「これまでやったことのないジャンルで唯一残っているのはホラー」って言ってたから、次はホラー作品に出ようと思ってるのかも。
うーぬぬぬ、だとしたらとってもツラいわ〜。

な〜んて悪い予感は忘れることにして、以下Y氏の大人の恋愛物語についての希望を綴っていきたいと思います。
そもそもY氏は見目が若作りなので、相手役の女性が相当幼くないと年上感が漂ってしまうような気がするんです。
年上女性相手だと、どうしてもお子ちゃま(青春)ラブストーリーみたいになってしまうんですわ。
10代の頃は同い年だと女性の方が落ち着いてますからねぇ。

過去のY氏の相手役の二大女優は綾瀬はるかと長澤まさみです。
彼女たちはどちらも実際には年下ですけど、それでも童顔Y氏の方が若く(幼く)見えます。
ドラマでは同級生という設定なので我慢はしてましたが、今ならなおさら年上感漂ってしまいますよね。
参考までに以下に過去のY氏の相手役を、ざっと生まれた年順に並べてみました。

中谷美紀76年
小西真奈美78年
小池栄子80年
池脇千鶴81年
真木よう子82年
吹石一恵82年
山田孝之83年
綾瀬はるか85年
松下奈緒85年
石原さとみ86年
沢尻エリカ86年
長澤まさみ87年
戸田恵梨香88年
成海璃子92年
石橋杏奈92年
二階堂ふみ94年

この中で私が割としっくりきた相手は成海璃子と二階堂ふみ。
つまり10歳くらいは離れてないと年下には見えないってことでしょうか。
後はY氏自身が老けてくれないとどうにもならないのかなぁ。笑

fumifumimi.jpg
「指輪をはめたい」の二階堂ふみ



某イベントでの私の「早く老けて」のメッセージに「そんなこと無理でしょ」と返してくれたY氏ですが、あの時の状況では「今この場で浦島太郎のようにドロンと化けるみたいにして老けて」という風に受け取られてしまったのは反省してます。
私は単に、大人の色気を漂わせるY氏が見てみたい、そう伝えたかっただけなんです〜。
カミサマどうか1日も早くY氏にシブ〜い大人の色気を漂わせてください!

theme : 俳優
genre : テレビ・ラジオ

聖☆おにいさん実写化

山田孝之プロデュース&福田雄一監督で実写化という情報がリリースされました。この勇者ヨシヒココンビなら期待できそうですな。公式サイトはコチラ


oniisan.jpg



最近Y氏は髪の毛を伸ばしているようだったので、何かしらそういう長髪の役作りでもしてるのかなぁ、と思ってました。
プロデュースだけで終るはずもありませんから、やはり主役の一人のあの人の役なんでしょうか。

上の写真は我が家にある単行本です。
娘たちの物なんですけど、ご覧の通り何故だか第1巻と第2巻がありません。
この作品には前からちょっと興味があったので、家中あちこち探しまわったのに見当たらないんですわ。
こういう物はきちんと最初から順序正しく読み進めたいタチの私としては、3巻から読み始めるなんて言語道断。
という訳で、実はまだ手をつけておりません。

今回のこの実写化の発表で気がつきました。
これはきっと、この作品は読んではならない、というカミサマの思し召しに違いないと。

theme : 気になる芸能人
genre : アイドル・芸能

その夜の侍 感想その3

もう一作ブログDEロードショーへの参加です。3度目はないと思ってたんですけど、せっかくなのでもう一回観てみました。



nightsamurai.jpg

小さな鉄工所を経営する中年男の中村(堺雅人)は、
5年前に木島(山田孝之)が起こしたひき逃げ事件で最愛の妻を失ってしまい、
抜け殻のようになりながらも復讐することだけを考えて日々を生きていた。
やがて刑期を終えて出所した木島のもとに、
復讐を遂げる日までのカウントダウンを告げる差出人不明の脅迫状が届くようになる。
そして妻の命日の夜が訪れ、ついに中村と木島は対面を果たすが・・・。
(Yahoo!映画より引用)




3度目だったんですけど、必ず同じところで泣かされるんですよ。
堺雅人でも山田孝之でもない、別な男性が泣くシーンで。
最初観た時は、なんでここで全然関係ないアンタが泣くの?と思いながら、ついもらい泣きしてしまいました。
2度目の時は、そうだここで彼が泣くんだっけとわかっていながらも、やっぱり泣けてきて。
今回は、彼は泣きたくても泣けない中村(堺雅人)の代わりに泣いてあげてるんだと気がつき、それが切なくて泣けてきました。

その彼(高橋努)はクローズZEROでは芹沢多摩雄(山田孝之)を付け狙う、お笑い担当のキャラだったんですけど。
今作では見目はあまり変わらなくてガタイの良い、けれども気は優しくて力持ち的な優しい人間。
中村と木島だけでなく他の登場人物も、出てくる人出てくる人皆危うい人間ばかりで、薄ら寒くなるばかりの中、唯一彼だけはとてもピュアな心を持っていると感じました。
例えて言うなら「掃き溜めに鶴」みたいな役割でしょうか。
一見すると無骨だけれど、塗装職人らしくとても繊細な人間、なかなか良いキャラだと思います。


過去のその夜の侍
感想その1はコチラ
感想その2はコチラ


theme : 映画感想
genre : 映画

ミロクローゼ感想 その4

宵乃さん主催ブログDEロードショーへの参加です。この作品の初見は2014年の6月で、感想その1〜3は、このブログ開設10個〜12個目の記事となっています。



mirocrozetitle.jpg
マネキンしか登場しない深夜のショートドラマ
「OH!Mikeyオー!マイキー」の制作を担当した映像作家石橋正義氏が
怪物役者山田孝之を用いて制作した奇想天外なラブ・ファンタジー。
3つのオムニバス作品がそれぞれ作用しあうという形態の物語。
神秘的すぎる美女ミロクローゼに心を奪われるも、別の男性と彼女がいるのを目撃し恋に破れ、心に空いた穴を鍋ぶたでふさぎながら孤独に生きるオブレネリブレネリギャー。
ダンディな恋の伝道師・熊谷ベッソン。
そして、さらわれた恋人を探す多門という浪人。
3人の恋の行方が絶妙に関わりあいながらストーリーが展開していく。
(公式サイトより引用)



以来2年と半年、いったい何度これを観たことか、まさに数えきれないくらいの回数観てます。
今回はY氏の演じる3人のパートそれぞれに登場する、女性のことについて触れたいと思います。


mirokuaiko.jpg


まず最初のブレネリギャが恋する女性「偉大なミロクローゼ」を演じているのが、今年妻夫木聡と結婚したマイコ。
慈愛に満ちた弥勒菩薩のようなその姿は、おそらく全男性が憧れるべき女性の代表者という位置づけなのでしょう。
そしてそれはすなわち母である、という訳で最初に登場するブレネリギャは子どもなんだと思います。



mirokuuriko.jpg


2番目のベッソン先生のパートに登場する、新幹線の売り子(佐藤めぐみ)は、セクシュアリティの代表としての女性。
ぶかぶか過ぎずピチピチ過ぎず程よくボディコンシャスで、品の良い悪いがギリギリ(若い娘だけなら大丈夫なデザイン)の制服を着ての立ち居振る舞いも見事。
上品にかがんでコーヒーを給仕し、そのフェミニンなS字ラインを見せつけてくれます。
佐藤めぐみがこれほどセクシーなプロポーションだったとは、驚きでした。
巨乳過ぎないのもいいんでしょうね。



mirokuyuri2.jpg


最後は愛する人を探し求めて時空を旅する男タモンの思い人ユリについて。
このユリの造形がまた良いんですわ。
何が良いかというと、ちょっとズレてるところが、です。
演じている石橋杏奈が全然可愛くないんだもん。
衣装がペラペラで、ただただ派手、いわゆるケバい感じの造形になってます。


mirokuyuri.jpg


誘拐され女郎クモイとなってからの彼女もまた面白くて良いの。
ユリとは全く別人みたいな顔してるのに、タモンはそれを一目で見つけるんですよ。
まさに愛の力なワケです。
ユリの方は変わってしまったタモンのことが、すぐにはわからなかったというのに、切ないなぁ。
近頃NHKに良く出ているらしい石橋杏奈は、撮影当時17歳ピチピチの高校生でした。


今回私のリクエストに応じてくださった宵乃さんに多謝!
宵乃さんのブログ『忘却エンドロール』はコチラです。


過去のミロクローゼ
感想その1はコチラ 感想その2はコチラ 感想その3はコチラ

theme : 映画感想
genre : 映画

WHO ARE YOU

映画「何者」観てきました。Y氏のファンならチェックすべきだろうと思っただけで、中身に特別期待はしていませんでした。


何者
(C)2016映画「何者」製作委員会 (C)2012 朝井リョウ/新潮社
映画「何者
作品情報




青春物ですから筋立てとしては、特に目新しい物はありません。
Twitterやら何やらのツールを使って今風に仕立てててはありますが、簡単に言うと若者のいわゆる自分探しの物語です。
ま、タイトルからしてそれは明らかですけどね。

相変わらず見事に気配を消したY氏が素晴らしい。
ウシジマくんと勇者ヨシヒコを足して2で割るとサワ先輩になっちゃうのか?な〜んて思ったりするくらい。
主人公タクトとその他4人の個性を邪魔することのない無色透明で、なおかつ存在感のあるキャラ。
「おまえこそもっと想像力あると思ったよ」この重要な台詞の、言葉そのものだけを印象づけることのできる、無味無臭のキャラ。
ウシジマくんがこの台詞を口にしたら、主人公なんて霞んでしまう、いやきっと吹っ飛んでしまうはず。
ヨシヒコが口にしたら・・・笑うしかないでしょ。

それにしても83年生まれのY氏から94年生まれの二階堂ふみまで、年齢がほとんど変わらない(学年が1年違うだけ)という設定だったとは。
若い(幼い?)よなぁY氏は、それが良いことか悪いことかわかりませんが。
老け専の私としては、もっと年齢が上の役を演じて欲しいんですけどね。


物語がいくらかサスペンスタッチだったのは意外でした。
けれどもサスペンスには重要な、時間軸が分かりにくいのは致命的じゃないかと感じたんですが。
それもどうやら狙って敢えてのことだったようです。
以下かなりネタをばらしての感想になるので、未見の方はご注意あれ。


とりあえずインターミッションにウシジマくん画像をどうぞ
usihammer09.png
ハマーに乗る社長、佐藤健に負けない大きさにしてみました笑
いよいよ明日ザ・ファイナル公開です
あー、いや明日というより、ほとんど今日みたいなもんですけどね




現在の就職活動が、どういうタイムスケジュールで進行するのか、あまり把握できていなかったのですが、物語が4月から始まっていたのは確認しました。
佐藤健演じる主人公タクトと、その同級生の4人が就職活動に奮闘し、いかにして内定を勝ち取っていくかが描かれます。
4人のうち女子二人は留学経験者、一人はバンド活動に明け暮れたため留年していて、残る一人は1年休学して人生経験を積み人脈を広げたとのこと。

この4人は皆タクトのことを先輩センパイと呼びます。
同級生なのに何故タクトは先輩なのか?
それは就職活動の先輩、つまりタクトは就職浪人だったのです。
何かしらの理由があって、5年目の大学生をしている4人と違って、タクトには何もありません。

もしないで就職浪人として1年を無為に過ごした、それがタクトなのです。
いや、何もしなかったワケではない、自分以外の誰かをSNSでこき下ろすことはしていました。
そんなことに無駄な時間を費やすなら、資格の一つも取る勉強でもすりゃいーじゃん!
1年間の学費がどんだけかかると思ってんのよ!
以上、就活なんてどーでもいい世代のミモフタモナイ感想でした。


就活中の人はコチラを→

終活中の人はコチラを→/


theme : 映画感想
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示