FC2ブログ

シリーズ14作目「美しき獲物たち」感想

人間の記憶なんてホント宛になりませんね。ムーアボンドは全部観たと思ってたんですけど、これはどうやら未見だったようです。


007/美しき獲物たち
映画「007/美しき獲物たち
作品情報



結構面白かったんですよ。
当時はまだスノーボードとは呼ばれていなかった雪の上のアクションやら、はしご車でのカーチェイスやら、跳ね橋からずり落ちるパトカーやら。
さらにはイギリスらしい競走馬でのチェイスに、そしてラストの飛行船の爆発と、今見ても目新しい物が満載でした。
けれども、どれ一つとして記憶に残っているシーンがないの。
敵の造形も、かな〜り強烈なのに、これを全く覚えていないのだとしたら、それはそれで私の記憶もまるきし宛にならないって証拠でしょ。苦苦苦

唯一「あ!コレ知ってる」と思ったのは、デュラン・デュランの主題歌のみ。
でもこれは単に1985年当時、土曜の深夜に放送されていたベストヒットUSAを毎週欠かさず私が見ていたから、という理由でしかないのもハッキリしてます。
エッフェル塔で撮影されたPVを、何度も目にしましたから。
デュラン・デュランはあんまり好きじゃなかったのよ。
好きだったら劇場公開時にこの作品を観に行ってたんでしょうけどね。

まず敵の刺客の黒人女性メイデイがスゴイです。
てっきり元男性じゃないかと疑ったくらい。
また敵ゾリンの目的もある意味スゴイ。
断層に爆薬をしかけて地震を起こし、シリコンバレーを水没させようなんて、物理的な大きさが半端ないでしょー。
いやホント色んな意味でビックリでした。

そして何よりメイデイの最期が切ない。
シリーズ中こんなに心に残った敵は彼女だけだと思う。
へたなボンドガールなんかより、よっぽど強烈な印象でした。
さすがウォーホールのミューズだけあるわ。

「黄金銃を持つ男」「オクトパシー」と2度のボンドガールを務めたモード・アダムスが、エキストラとしてこの作品に3度目の出演をしているということで、頑張って探してみました。
フィッシャーマンズワーフに向かう路面電車からボンドが降りるシーン、ボンドのすぐ後に続いて降りる女性がそうです。
さらに次のシーン、魚屋に扮したCIAとボンドが接触する場面でも、ボンドの後を通り過ぎる彼女の姿が確認できます。
それがコチラ↓ちょっと分かりづらいかな〜?

softshellcrub.jpg


という訳で、なんとか今年中に全24話、観賞し終りました。
ざっくりとした総括も年内にできれば、と思います。


007シリーズに興味のある人も↓ない人も、どうか一つポチッとお願いします。

theme : 007シリーズ
genre : 映画

映画「トゥルー・グリット」感想

ここ最近西部劇を観ることが多いような気がします。まぁ西部劇ってのはアメリカの時代劇みたいなものですものね。


トゥルー・グリット
映画「トゥルー・グリット
作品情報



口だけは達者な14歳の少女が、保安官とともにならず者に殺された父の仇討ちに行く、という筋立て。
観賞しながら、いったいコレはどういう向きに作られた作品なんだろう?アクションでもないし、サスペンスでもなさそうだし。そもそも主人公はいったい誰?
と、なかなか観るポイントが絞れずにいました。

ところが父の仇討ちを仕留めた直後から、文字通り急転直下の展開となります。
それまで傍観者的な立場だった少女に襲いかかる危機、そしてそれを懸命に救おうとする保安官。
危険がいっぱいの西部の荒野で、14歳の少女にそれまで何事もなかったのが、むしろラッキーだったのですよね。

少女を抱えて走る保安官の姿を見た時に、ようやく私はこの物語の主題が何かを悟りました。
だって本気で急いでるんなら、お姫様抱っこなんてしないでしょ。
人間を抱えて走るなら、肩に担ぐのが一番効率が良いはず。
でもそれじゃ全然ドラマチックにはならないから、少女の顔が見えるようにお姫様抱っこで走るの。
故に少女がお姫様(主人公)だ、という意味だと私は受け取りました。

父親の仇討ちを果たして少女が大人へのステップを上がる物語、ただしその一段はかなり相当ハードな物だった、そういう主題の作品だと思います。
ちょっと「太陽の帝国」を思わせるな、と思ったらスピルバーグが制作に関わってるのね、この作品も。どーりで納得。


もうかりまっか?ポチポチ↓でんな〜。

theme : 映画感想
genre : 映画

映画「ブーリン家の姉妹」感想

エリザベス一世の母親、アン・ブーリンとその妹メアリーの物語。セットもキャストなかなか豪華で見応えがありました。

ブーリン家の姉妹
映画「ブーリン家の姉妹
作品情報



主人公アンにナタリー・ポートマン、メアリーにスカーレット・ヨハンセン、という配役。
メアリーの夫にベネディクト・カンバーバッチがこそっと出てます。
妻が王に気に入られてしまい、泣く泣く宮廷に差し出す気弱な男という役を、台詞もほとんどない表情だけの演技で見事に表現していました。

メアリー役のスカーレット・ヨハンセン、私はあんまり好きじゃないんですけど、一目みて『あ!スカヨハだ!』とわかるという点では、私には有り難いかも。
彼女はどの方向から見てもスカヨハだから。

一方でアン・ブーリンを演じたナタリー・ポートマンは、髪型や衣装、もちろん化粧によって、全く別人に見えてしまいます。
ああ!「レオン」に出ていたマチルダちゃんたら、もうこんなに大きくなったのね!
って、そりゃそうだ。レオンは1994年公開の映画だもの。
娘が「ブラックスワン」が好きで、やたら勧めてくるんですけど、私には絶対無理。
なのでマチルダ以来、久しぶりのナタリー・ポートマン作品でした。


ポチポチ↓行こか〜!


んぁ?ひょっとしてバレた?スター・ウォーズ観たことないの。

theme : 映画感想
genre : 映画

「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」観てきました

子ども向けというより、子どもにも見せてOKなアクション映画、イーサン・ハントやジェイムズ・ボンドを彷彿とさせるようなフライング・エース(スヌーピー)の活躍が見事です。


I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE
(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Peanuts Peanuts Worldwide LLC.
映画「I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE
作品情報



子ども達(と言っても立派な大人)と三人での観賞。
私がスヌーピー大好きだったので、娘たちも小さい頃からスヌーピーのアニメを飽きるほど繰り返し観ていました。
そもそもこの作品は子ども向けなんでしょうか?
大人が観ても十分観賞に堪えられる良作だと思いますよ。

主人公のチャーリー・ブラウンは、原作者チャールズ・M・シュルツの子どもの頃がモデルなのだそうです。
何をやってもダメなチャーリー、凧揚げすらもまともにできません。
コンプレックスの塊のような彼ですが、世界中に知られるようなキャラクターを生み出したのですから、実際のところはきっととてもユニークな人だったんだろうなと思います。

今回20年ぶりくらいにPEANUTSの面々を見て、新たに発見したことが多々あります。
チャーリーの妹サリーは、根本では結構チャーリーに似ているなと思いました。
超ネガティブなチャーリーに対し、超ポジティブなサリー、振れ幅の大きさが二人ともだいたい同じ。
いわゆる足して2で割ればちょうどいい、そういう性格。
あいたたたた、それってまんまうちの娘二人に当てはまるじゃん。
同じような人間が二人いてもつまらないので、足して割ったりする必要なんて、全然ないんですけどね。苦笑

チャーリーたちの学校生活の模様と、スヌーピーのフライング・エース(戦闘機乗りとしての呼称)の活躍と、二つの物語が同時に進んでいきます。
このフライング・エースのライバルがレッドバロンのリヒトホーフェンという設定。
新・映像の世紀の第一回で本物のリヒトホーフェンの映像を目にした時、どこかで彼のことを聞いたことがあるような気がしてたんですよ。
そうか、スヌーピーのライバルだったのか!
思わぬところで情報がつながり、嬉しくなりました。

それにしても、常に埃まみれのピッグペンが、シャワー(?!)浴びて綺麗になったら実はイケメンだった、ってのは二次元のフィクションのお約束な展開ですけど、それがこのスヌーピーの物語にも当てはまるというのが驚きでした。
つくづく時代を先取りした漫画家だったんですね、シュルツという人は。


スヌーピーに詳しい人も↓詳しくない人もポチッとよろしく。



theme : 最近見た映画
genre : 映画

シリーズ13作目「オクトパシー」感想

オクトパシーOctopussyというのは原題と同じ。でも作中では「オクトプッシー」って言ってるみたいに聞こえるんですけど、気のせい?


007/オクトパシー
映画「007/オクトパシー
作品情報



敵のボスであるオクトパシー役のモード・アダムスは「黄金銃を持つ男」にもボンドガールとして出演していて、二度目の登場です。
彼女の父親は過去にボンドに殺されたという設定、あれ?どっかで聞いたことあるような・・・。
最新作「スペクター」のマドレーヌ・スワンも似たような設定じゃありませんか。

そんなオクトパシーは悪い事業をあれこれ手がけるやり手のボスで、ボンドのことは全く相手にしようとしません。
でもそれをまさに嫌がる女を力でねじ伏せるようにして、ものにしてしまうムーアボンド。
あくどいなぁ。

とかなんか、結局はラストシーンでこれまで通り仲良くイチャついて終るんですけどね。
ま、前作では殺されて終ったボンドガールだったモード・アダムスにしてみれば、ハッピーエンドでメデタシめでたしでしょうな。

さて、いよいよラスト一作「美しき獲物たち」を残すのみとなりました。
この「オクトパシー」は実はほとんど覚えているシーンがなくて、ひょっとしたら初見だったのか?とも思いました。
「美しき獲物たち」は二度目のはず。たぶん。

タコが好きな人も↓嫌いな人も、ポチッとよろしく。

theme : 007シリーズ
genre : 映画

映画「危険なメソッド」感想

元々フロイトとかユングとか、精神分析だとかがあまり好きではなかったのですが、映像作品を観て何かしら見方が変わるかもと思ってコレをレンタルしてみました。


危険なメソッド
映画「危険なメソッド
作品情報



うん、確かに見方は変わった。より悪い方に。
フロイト、ユング、そして元患者でユングの愛人の女性、この三人のやり取りがあまりにバカバカしくて、滑稽で見ていられなかったわ。
ユングの奥さんがとても美人で、それでいてただ者ではない感が最初からあったんだけど、最終的にはこの奥さんの勝利です。
美人で華奢なんだけど肝っ玉母さん、いいですよねぇ、こういう女性サイコ〜!

ユングは妻のことを「家の土台」、愛人のことを「漂う香り」なんて表現します。
女を馬鹿にするのもいい加減にしろ!と思いましたよ。
作中には一夫一婦制だとか、一夫多妻制だとかの話題が出てきますが、結局のところ根底に流れているのは男尊女卑の考えだな、と感じました。

人格破綻者の男性の台詞にあった「時間の無駄だ」という言葉がこの作品の全てを物語っていると思います。
あ、でもこの人格破綻した男性のヴァンサン・カッセルはなかなか良かったんですよ。
こういう役がホント良く似合いますな、彼には。


男尊女卑に賛成の人も反対の人も↓

theme : 映画感想
genre : 映画

ウシジマくんに言われたい その4

前回に引き続きオデンの話題です。今年の冬も業務スーパーに行ってたっくさん冷凍牛スジ仕入れてこなきゃね。


odenomaewa.jpg

カウカウ社員に好きなオデンの具を聞いていくウシジマくん、写真↑は摩耶ちゃんに向かって「オマエは?」と言った時のショットです。
あああ〜!このそっけなさがたまらない。
ミスインターナショナル日本代表の美女に向かってさえも、この愛想の無さ。
でも社長のこの問いかけに対し「ハンペンです」と答える摩耶ちゃんも↓ウシジマくんに負けず劣らず愛想がありません。笑

hanpendesu.jpg


美男美女のブアイソ対決は、言うまでもなく(なんで?)ウシジマ社長の勝ちっっ!
愛想なんてなくていいから、私も「オマエは?」って言われたい〜〜〜。

ポチポチ↓行こか〜!

theme : 闇金ウシジマくん
genre : 映画

シリーズ12作目「ユア・アイズ・オンリー」感想

前作「ムーンレイカー」で宇宙にまで行っちゃったジェイムズ・ボンド。次の任務は深い海の底に沈んだミサイル誘導装置の回収です。


007/ユア・アイズ・オンリー
映画「007/ユア・アイズ・オンリー
作品情報



しかしまぁ、上ったり下りたり忙しい情報部員ですなぁ、ムーアボンドさんは。
海底の誘導装置を回収したと思ったら、今度はギリシャの崖の上まで一人でロッククライミングですよ。
あ、その前に冬のアルプスでのアクションこなしてましたっけ。
今回はスキーだけでなく、スケート場でのアクションシーンもあります。
ただし襲いかかってくるのがアイスホッケー選手の扮装をした敵というだけで、ボンド側からしたらこれまで通りの肉弾戦ですが。

さらにはスケーターとのラブシーンも。
あーいや、こちらもラブシーンというよりは、グルーピーに襲われるボンドという表現の方が正しいかも。
未成年の女の子に迫られて、たじたじになるボンドがとても新鮮でした。


グルーピーって何?と思った方も↓そうでない方も。

theme : 007シリーズ
genre : 映画

創造する喜びを知る者は恵まれた者である

ようやく念願の甘い香りが漂う焼き菓子を作ることができました。我が家の調理器具の最終兵器ダッチオーブンの投入です。

fruitscake1.jpg
バナナとドライプルーンのフルーツケーキ

我が家のコンロが綾野剛コンロに変わったのは、3年と少々前のことです。
先代の物がぶっ壊れ否応無く取り替えた直後に、娘二人を追い出し家族が半分に減ったせいで、せっかく購入したダッチオーブンは一度も活躍することなく、戸棚の奥にしまい込まれました。

今回甘い香りの漂う焼き菓子が作りたい症候群にかかって、ようやくこのダッチオーブンのことを思い出したんですよ。
けど、どこにしまったか思い出せなくて(笑)
マジでちょっと慌てましたわ。

dutchoven1.jpg

あんな重くて大きい物↑を見つけられないなんてどういうこと?
買ったと思ったけど、気のせいだったのかな?
いや、でもレシピブックがあるんだから、ダッチオーブンも絶対どこかにあるはず・・・。

とかなんとか、思わぬ所に隠れていたソレを探し出し、甘い香りの漂う幸せを味わうため、試作を重ねました。
といっても焼き芋を三回くらい作っただけですけど。
そしていよいよ焼き菓子に挑戦。
まずはレシピブックにある通りの物を作ってみました。
思ったより簡単で、これまでにないような美味な物ができて大満足。

ネットで検索してみたら、なんと焼きプリンも作れるんだそうです。
これは楽しみだわ。
え?煮込み料理も作れるの?
そーゆーの作るんだったら、3年もしまい込んでないと思う。
このダッチオーブン、当分はお菓子作りのみに使われることでしょう。

こんな風に↓グリルにセットして
dutchoven2.jpg


焼き上がりは当然のように↓楕円形です
fruitcake2.jpg


御用とお急ぎでなければ↓ポチッとお願いします。



theme : スイーツ
genre : グルメ

映画「TAXY NY」感想

リュック・ベッソンのTAXIシリーズのリメイク作品。私はベッソンの物も嫌いじゃないですが、これもそんなに悪くないと思う。


TAXI NY
映画「TAXI NY
作品情報




ベッソン作品では飛ばし屋タクシードライバーとダメ警官の男性二人が主人公ですが、こちらはタクシードライバーの方が女性になってます。
敵も女性4人組、しかもスーパーモデル出身の美女ばかり。
対するタクシードライバーの女性はというと、かなり恰幅の良い、あるいは押し出しの強い見目です。
とかなんとか、遠回しに表現してもわかんないかと思うので・・・。

こーゆー感じ↓左がタクシードライバーで、右がダメ警官。
taxiheroin.jpg


誤解のないように断っておきますが、私はこのタクシードライバーの彼女のボリューム感をけなすつもりは全くありません。
むしろ憧れます。
ここまで太れるってのは健康的な証拠だってことだから。

健康的なボリュームの主人公と、スーパーモデル美女との対決は、なかなか面白いです。
ベッソン作品の方はフランス映画らしく下ネタ満載ですが、こちらはそれもありません。
老若男女関わらず気軽に観るには最適の作品ですので、未見の方はゼヒ是非。


ポチポチ↓亀よ〜亀さんよ〜♪


theme : 映画感想
genre : 映画

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示