fc2ブログ

01月 « 2024年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

「ワンダーウーマン」観てきた

2017年 09月02日 17:11 (土)

ここんとこ女性のアクション映画が目白押しですね。主人公は女性ではありますが相手役スティーブ(クリス・パイン)の無精髭に★を進呈してヒゲハゲ満足度は5点満点の4★★★★です。


wonderwoman2017.jpg
<公式サイトはコチラ>



ハリウッドの女性アクション映画に美しい動きを期待するのは無理なのかなぁ、という気持ちで臨みました。
まぁだいたい予想通りCGバリバリでどこまで本人の動きなんだか、という感じだったんですけど。
一番残念だったのは、その加工された動きですら、あまり女性らしい美しさが感じられなかったことでしょうか。
女性らしいフォルムはしているけれど、筋肉質の硬い動きで男性のそれと変わらないように私の目には映りました。
こういうところはやはり中国映画の方がずっと美しいんですよねぇ。

今作では「グレートウォール」でも見られた、ロープでぶら下がりながらのアクションがチラッと出てきたんですけど、なんだか重そうで硬くてねえ。
まぁ基本中国女性はより体が柔らかいから、というのもあるんでしょうけど。
「グレートウォール」でのしなやかで美しい女性のアクションを観た者からすると、正直どういうのがこの作品の中の女性の美しさなんだろう、という疑問でいっぱいでした。
もちろん主演のガル・ガドットは美しく撮られてはいましたが。

と、ダメ出しはこのくらいにしておきましょうか。
作品としては文句のないエンタメアメコミ映画だったと思います。
色んな視点で観られる、なかなか濃い内容でしたし。
私が重視したのは女ばかりの世界で育った王女ダイアナが、外の世界に触れることにより成長していくというポイントです。

詳しく書くとネタバレになるので、まずはこの方にご登場いただきましょう。
ネタをばらされるのがお嫌いな方はこちらをポチッとして速やかにお帰りください。/ 

tehaisitekureta.jpg
♡しょんぼりする表情が切なくて美しい♡



それでは以下ネタをバラしますよ。

最も印象に残ったのは、ダイアナが初めて目にした男性スティーブの頬をなでていたことです。
どう考えてもあの時のダイアナの心情としては「まぁ!男には顔にも毛が生えると書物で読んだけど本当だったのね!?」なんですけど・・・いかが?笑

ダイアナは戦争を引き起こす軍神アレスを倒すことが、自分の使命と聞かされて育ちました。
スティーブに導かれ第一次世界大戦時代のヨーロッパにやってきた彼女は、ドイツ軍のルーデンドルフがアレスに違いない、彼を倒すと戦争は終ると信じ迷う事無く彼を殺します。
けれども戦争は終りません。

世界はそんなに単純にできているわけではない、これを知ることで人間は大人になっていきます。
アレス(ルーデンドルフ)を倒した後のダイアナの呆然とした表情が良かった。
生まれてこのかた自分が信じてきた物はいったい何だったのか?
何故アレスを倒したのに戦争は終らないのか?
混乱するダイアナの前に再びアレスが現れます。
パトリック卿の姿をしたそのアレスは、ダイアナの異母兄ではありますが、私はダイアナ自身の心の中の闇の部分と受け取りました。

ダイアナの愛するスティーブは、ドイツ軍の爆弾を大量に積んだ飛行機で爆死します。
愛し愛されることを知り、さらにはその愛する人を失う、これだけの経験をした女性が強くたくましくそして美しくなるのは当然のこと。
ワンダーウーマンが最強と言われるのも納得です。



スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック

ワンダーウーマン・・・・・評価額1700円

2017年09月02日 22:40

愛で、世界を救う。 6月の米国公開時の絶賛の嵐も納得、これは期待に違わぬ面白さ。 「マン・オブ・スティール」から始まる、同一世界観のDCエクステンデット・ユニバース(DCEU)は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティの誕生」「スーサイド・スクワット」の3作が公開済み。 ガル・ガドット演じるワンダーウーマンも、既に「バットマン vs スーパーマン」でゲスト出演的に登場している...

「ワンダーウーマン」

2017年09月04日 12:31

予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっかなー、と思っているもので。だから、確か「スーサイド・スクワッド」でだったと思うけど、ラストにワンダーウーマンが出てきて観客から歓びの声が上がる、なんて現象にはちっともノレなかったし、美しきアマゾネス戦士にも大して興味もなく、...

ワンダーウーマン

2017年09月08日 22:36

【監督】パティ・ジェンキンス 【出演】ガル・ギャドットダイアナ/クリス・パイン/ロビン・ライト/ダニー・ヒューストン/デビッド・シューリス/コニー・ニールセン/エレナ・アナヤ/ユエン・ブレムナー 【公開日】2017年8月25日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ワンダーウーマンが生まれたのは、女性だけが暮らすパラダイス島。ダイアナ(ワンダーウーマン)はその島のプリンセス...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年09月02日 23:06

おや? 『グレートウォール』はご覧になられたのですね?(笑)

こんにちは

2017年09月04日 13:18

こんにちは。弊ブログにご訪問&コメントをいただきありがとうございます。

>愛し愛されることを知り、さらにはその愛する人を失う、これだけの経験をした女性が強くたくましくそして美しくなるのは当然のこと。

ですよねー。ま、この場合のダイアナに関しては、実はあんまりスティーブの功労はなかったのかも…!?と思わせられる位(ただの水先案内人?役?)私、個人的にはクリス・パインを評価していないんです。でも、ケフコタカハシさんは、彼のお髭に★ひとつなのですね!!

Re: No title

2017年09月06日 22:46

コメントありがとうです、ビンさん。

> おや? 『グレートウォール』はご覧になられたのですね?(笑)

はい、個人的にはチャン・イーモウは女性の美しい動きを撮らせたら世界一だと思ってますから。
体の柔らかさは、西洋人だからとか東洋人だからとかいうのでもないのかな、と今ちょっと考えを改めてます。
何故ならザ・マミーのソフィア・ブテラがすごく美しい動きをしていたように記憶してるんですよ。
彼女は元はダンサーなんですよね、通りでしなやかな美しいアクションを見せてくれるワケです。

Re: こんにちは

2017年09月06日 22:49

コメントありがとうです、ここなつさん。

> ですよねー。ま、この場合のダイアナに関しては、実はあんまりスティーブの功労はなかったのかも…!?と思わせられる位(ただの水先案内人?役?)私、個人的にはクリス・パインを評価していないんです。でも、ケフコタカハシさんは、彼のお髭に★ひとつなのですね!!

あー私もクリス・パイン自体には特に何も感じなかったです。笑
モチーフとしてのヒゲの使い方が良かったな、という部分に★を進呈しただけですよ。

見応えあり

2017年09月08日 22:38

ケフコさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

中国女性のしなやかなアクションと比較するならば、ワンダーウーマンはその真逆でどっちかと言えば筋骨隆々ですもんね。一発ゲンコツもらっただけで失神しそうですし^^;・・まあそれはさておき、過去のDC作品に難色を示す事が個人的に多かっただけに、ワンダーウーマンの色々な過去を知る事が出来た本作はとても見応えがありましたね。
世間知らずな所もコミカルでしたし、クリス・パインとの純愛模様も切なかったりと、多様な面があったようにも思えました♪

Re: 見応えあり

2017年09月09日 22:32

コメント&TBありがとうです、メビウスさん。

> 中国女性のしなやかなアクションと比較するならば、ワンダーウーマンはその真逆でどっちかと言えば筋骨隆々ですもんね。一発ゲンコツもらっただけで失神しそうですし^^;・・まあそれはさておき、過去のDC作品に難色を示す事が個人的に多かっただけに、ワンダーウーマンの色々な過去を知る事が出来た本作はとても見応えがありましたね。
> 世間知らずな所もコミカルでしたし、クリス・パインとの純愛模様も切なかったりと、多様な面があったようにも思えました♪

アメコミ系の作品はあんまり観ない派なんですけど、女性監督のせいかとても繊細な作品だったように思います。
終盤のドッカンバッカンの応酬以降、実はちょ〜っと記憶が飛んでいるのは内緒にしといてください。笑

No title

2018年12月15日 12:22

ケフコタカハシさん、こんにちは!
これ、今更なんですけど見ました^^

私もアメコミとか、こういう感じのは、もういいや・・って思っていたのですが、ヒロインのガルガドットさんが、すっごく綺麗で、もうそれだけで充分満足出来ちゃいました。

あと、ボヘミアン~ごらんになられましたね★
最近ブームがまた来てるみたいで、なんだかちょっと嬉しいです。

Re: No title

2018年12月19日 20:40

コメントありがとうです、latifaさん。

> 私もアメコミとか、こういう感じのは、もういいや・・って思っていたのですが、ヒロインのガルガドットさんが、すっごく綺麗で、もうそれだけで充分満足出来ちゃいました。

ワンダーウーマンは女性の憧れる理想的な体型をしていると思います。
ワイルドスピードに出ていた頃のガル・ガドットは、同じ女性とは思えないくらいガリガリなんですよ。
ただボンキュッボンなだけでなく、筋肉質に鍛え上げたのは女性目線を意識しているのでしょうね。

> あと、ボヘミアン~ごらんになられましたね★
> 最近ブームがまた来てるみたいで、なんだかちょっと嬉しいです。

あちこちで話題になってますよね〜。
ロングランだし、私ももう一度応援上映とかで観てみたいかも。