「エル ELLE」観てきました

サスペンスだと聞いていたので、最初はあんまりそそられなかったんですけど、サスペンス要素はそんなに重要ではなくて、複雑な人間ドラマが見どころのなかなか面白い作品でした。親子どころか孫くらいに若い愛人の美ヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度は5点満点で4★★★★


elle2017.jpg
公式サイトはこちら



一人暮らしをしている49歳バツイチの女性ミシェルは、自宅にいる時に暴漢に襲われます。
警察を信用していないミシェルは自分で犯人を探そうとするも、物語は犯人探しとは全く別の方向に進んでいく、というワケのわからない作品です。

親離れもできなければ子離れもできていない主人公ミシェルの人間性が、最初のうちはかなりイラつきました。
まぁ彼女の人間性の複雑さは子供の頃に経験したある事件がかなり大きく影響しているということが、少しずつ明らかになっていくんですけど。
おそらくその事件だけが全てではないのでしょうね。
血筋としても元々いくらか危うい物を持っていたのだと私は思います。

そんなちょっと変わった、いやちょっとどころではないかな〜り変わった、いやいやズバリ変態と言ってもいいような女性ミシェル。
類は友を呼ぶの格言通り、彼女の周りの人間も変態ばかり。
暴漢の登場の仕方からして、明らかにミシェルを狙ってやってきたのも納得です。
そんなミシェルについて語り始めるととても文字数が足りないので(笑)一点だけ記しておきます。

ミシェルにはヴァンサンという1人息子がいますが、どうやら母親らしいことは殆どしてやっていないらしい。
そんなヴァンサンが「良い父親になれると思ったんだ」と叫ぶシーンが私は一番心を打たれました。
たとえその思いが母親に抗う気持ちから発せられた物であったとしても、彼は必死で親離れしようとしているから。
頑張れヴァンサン、君はきっと良い父親になれる!


/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

こんにちはァ

>たとえその思いが母親に抗う気持ちから発せられた物であったとしても、彼は必死で親離れしようとしているから。

そうか・・・そういう視点もありなんですね。
目からウロコ。

あと、息子関連でいえば、ビッチなヨメが
けっこ母親と共通項ありなんじゃね⁈
結局こういうタイプの女から離れられないのではという無限ループ!w

え、この映画のどこにひげハゲが⁉とおもたら、
>親子どころか孫くらいに若い愛人の美ヒゲに
そこなんですね!
参りました!ww

TBもお願いしま~す。

Re: こんにちはァ

コメントありがとうです、ナンシー☆チロさん

> あと、息子関連でいえば、ビッチなヨメが
> けっこ母親と共通項ありなんじゃね⁈
> 結局こういうタイプの女から離れられないのではという無限ループ!w

ああ〜なるほど、それもアリですな。

> え、この映画のどこにひげハゲが⁉とおもたら、
> >親子どころか孫くらいに若い愛人の美ヒゲに
> そこなんですね!
> 参りました!ww

いや、正直私はミシェルの母親がちょー羨ましいです。
愛人のヒゲ云々ではなく、そういう若いツバメ(←死語?)から結婚の約束をもらって、幸せの絶頂でポックリいくなんて。
すごく良い死に方したよなと思いました。

こんばんは

全ての登場人物にどこか違和感があり、その相乗効果で実にミステリアスな世界観が作られていましたね。
私は人間全員大なり小なり変態性を秘めていると思ってるので、気づいてないだけでこういう世界は私らの周りにもありそう。

こんにちは

こんにちは。
いや~、誰も彼もの倫理観が…、おフランスは日本とかなーり違うのか?と思いつつ、ミシェルとミシェルの周囲が特別なのですよね!?…と思いたい作品でした。
「良い父親」のことですが、でも結局実の子じゃないんだよね?いやいや、そうと覚悟したのなら他人が口を挟むことじゃないけど…。産院でも産院以降も敢えて誰もつまびらかにしようとはしない点に、成熟した文化を感じ…たのだろうか?もうよくわかんないです。

Re: こんばんは

コメント&TBありがとうです、ノラネコさん。

> 全ての登場人物にどこか違和感があり、その相乗効果で実にミステリアスな世界観が作られていましたね。
> 私は人間全員大なり小なり変態性を秘めていると思ってるので、気づいてないだけでこういう世界は私らの周りにもありそう。

私もこの物語は決して他人事ではないような気がしました。
人間だれしも仮面をかぶって演技している部分がありますものね。
タイトルのELLE(彼女)ってのも、必ずしもミシェルのことだけを指しているワケでもないと思いました。

Re: こんにちは

コメントありがとうです、ここなつさん。

> いや~、誰も彼もの倫理観が…、おフランスは日本とかなーり違うのか?と思いつつ、ミシェルとミシェルの周囲が特別なのですよね!?…と思いたい作品でした。

フランスらしいっちゃスゴ〜くフランスらしいと思いましたね。

> 「良い父親」のことですが、でも結局実の子じゃないんだよね?いやいや、そうと覚悟したのなら他人が口を挟むことじゃないけど…。産院でも産院以降も敢えて誰もつまびらかにしようとはしない点に、成熟した文化を感じ…たのだろうか?もうよくわかんないです。

生まれた子どもが本当に自分の子なのか不安になる男性、というモチーフが私は好きなんですわ。
その観点でいうとヴァンサンはそういう不安を超えている存在のような気がして、とっても新鮮でした。
生まれて来る子が自分の子であろうとなかろうと、父親として育てるという覚悟をしたワケだから、そこにアッパレをあげたいと思ったんです。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ショートレビュー「エル ELLE・・・・・評価額1650円」

彼女の本当の姿とは。 予告編から期待したものを、良い意味で裏切られる。
 覆面男に襲われたた主人公が、犯人を探し出そうとするうちに、周りの男たちが怪しく思えて疑心暗鬼になり、徐々に精神崩壊してサイコ化するのかと思っていた。 しかし、そっち系の分かりやすいサスペンス方向には行かないのである。 
 イザベル・ユペール演じるミシェルは、一見すると知的でエレガントな女性なのだけど、実...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「日の名残り」「マイ・インターン」「パッセンジャー」「ファウンダー」「ベイビー・ドライバー」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」「ゴールデン・サークル」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「トゥーム・レイダー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示