FC2ブログ

映画「ミロクローゼ」の感動 その2

映像アート作品なので、ネタバレも何もありませんが、とにかくこの奇跡の感動を綴っていきたいと思います。かなり手間隙かけて作られた作品です。制作開始から日本での上映まで8年(もっとかな?)くらいかかったそうです。普通の映画なら、真っ先に削られる美術関連費は一切削っていないとのこと、まぁ監督さんが美大の先生ですからね。学生もうまく使ってるらしいです。おそらく授業課題にも絡んでいるのでしょう。いいなぁ、本物の映画製作に関れる授業なんて、きっと楽しいだろうなぁ。

アクション映画好きの私の持論は「武は舞に通ず」ですから立ち回りも舞うように美しくなければならないと思っています。ブツ切りにした画像を編集でつなぎ合わせた物など論外、ましてや銃をガンガンぶっ放すなんて、美しさのカケラも感じられません。さらに言うなら戦う人は髪の毛や衣装をなびかせ、美しく動いて欲しい、もちろん見目の美しさはいわずもがなです。

とはいえ、こんなワガママな私の夢なんぞ、叶えてくれる人なんてないだろうと、半ばあきらめていました。今までにチェックしてきた中で、そこそこ私の理想に近かったのはドニー・イェン主演の「関羽三国志英傑伝」、同じくドニー・イェンの「HERO」、ケイン・コスギの「デッドオアアライブDOA」、北野たけし監督主演の「座頭市」に出てくる浅野忠信(刀を抜くのは一回か二回しかないけど)、中国歴史ドラマ「大漢風」の季布役チェン・チーフイの登場シーン(禿の似合うチーフイダーリンがなんと長髪ドレッド)、「トランスポーターシリーズ」のジェィソン・ステイサム(動きは美しいけど、残念ながら何かをなびかせている姿はほとんどない)てなところでしょうか。

基本、日本の時代劇だと髪の毛はなびかないんですよ。中国の物だと長髪で立ち回りしてくれることが良くあるので、それを目当てにしばし中国歴史アクションにはまっていました。真田広之が何かの中国映画に出ている時、マゲ&長髪でとてもカッコ良かったのが印象的でした。作品内容は全然覚えてませんが。

なんだか長々と前置きしてしまいましたが、とにかく夢でしかないと思っていた「長髪や衣装をなびかせ、剣を持って舞うように戦う、長回しの立ち回りシーン」がこの作品でたっぷり堪能できるのです。なんとその長さ約5分(300秒)。ハイスピードカメラで撮影された10倍速のスロー映像ですから、実際のところは30秒ほどの動きです。実速の30秒の立ち回りでも、十分長いというのに。

舞うように日本刀をふるうのは山田孝之、これ以上ないイケメンです。スローで走る横顔が本当に美しい。膝をついて低い姿勢になった時に、床を打つ長髪の映像に目が釘付けになります。時々歌舞伎の見栄をきるように、皆で一斉にポーズをとる、その様はまさに群舞です。まずセットや衣装から作り始めたというだけあって、背景の美しさにもぬかりはありません。

そして何より一番の驚きが、大勢の人の動きに一切CGが使われていないことです。ブルーバックで撮って後から合成、という手法も考えたそうですが、それでは面白くないとの判断から全員で一斉に動くことにしたとのこと。だからやはり立ち回りという名の群舞なんです。
スポンサーサイト



Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示