FC2ブログ

「嘘を愛する女」観てきました

長澤まさみ祭りです。まさかの昨年観た「散歩する侵略者」と対になるような筋立てにびっくりしました。


usoai20018.jpg
公式サイトはコチラ



Y氏主演の闇金ウシジマくんにはまって以来、片っ端からY氏の出ている物を観てようやく、国内の俳優事情のような物がいくらか把握できたような気がします。
それまでなかなか顔と名前が一致しない若い女優が二人、そのうちの一人が長澤まさみ、もう一人はY氏との共演の多い彼女。
この二人の女性の区別がどうにもはっきりできなかったんですけど、今はしっかりわかるようになりました。
Y氏のノリについていける、ある意味Y氏の女性版と言っても過言ではないくらいの、とても才能豊かな女優それが長澤まさみだと私は思っています。

いつだったかY氏が何かのインタビューで、次に主演するならコテコテの恋愛物がいい、と言っていました。
その後に発表された彼の主演コテコテラブストーリー「50回目のファーストキス」の相手が長澤まさみと聞いた時、なるほど〜と納得したものです。
「散歩する侵略者」での長澤まさみ、この「嘘を愛する女」の長澤まさみ、どちらもいくらか悲劇のヒロインな役どころの彼女はお腹いっぱい。
相手役が松田龍平に続き高橋一生ときて、満を持しての山田孝之です。
コメディキング福田雄一監督による6月1日公開「50回目のファーストキス」がただただ待ち遠しい。

以下「散歩する侵略者」と「嘘を愛する女」両方のネタバレしながら感想を綴っておきます。
ネタバレのお嫌いな方は/ ←コチラをポチッとしてお帰りください。

50kiss20180127.jpg
<50回目のファーストキス予告から切り取りました>




「散歩する侵略者」での長澤まさみ演じるナルミは、夫シンジ(松田龍平)が浮気をしていることを知り、それを本人に追求するも夫はそれを認めない、何故なら彼は地球外生命体に体を乗っ取られていたから、という役どころ。
「嘘を愛する女」での長澤まさみ演じるユカリは、5年間一緒に暮らしていた恋人キッペイ(高橋一生)がくも膜下出血で倒れたことで、彼の身分証明書が偽造された物で名前すら偽であることを知る、という役どころ。
一人の男を愛しているのかいないのか疑うべきか信じるべきか、その男が生きているのかいないのか本物なのか偽物なのか、これ以上ないくらい揺れる女心を長澤まさみは見事に表現していました。

奇行を繰り返すシンジを信じようとするナルミ、意識のなくなったキッペイの手を握り涙するユカリ、その姿は表と裏のように重なっていると私は感じました。
けれども結末は全く逆、かろうじて希望の光の射したユカリの未来と、とても希望など感じられないナルミの未来、私はわずかでも希望のある未来を選びたいです。

それにしても、この映画「嘘を愛する女」の公開時期にT小室さんの引退発表ってのはなんとも奇遇ですなぁ。
くも膜下出血と聞くと、私が今の家に引っ越して最初の子どもの小学校での保護者会でのことを思い出します。
転校した先での初めての保護者会で、その中に母親にしては高齢の女性が参加していることに違和感を覚えました。
私自身も転校生の親ですから顔見知りもなく隅っこの方でその女性と並んで座っていたところ、担任の先生からその女性の紹介がありました。
母親が病気のため祖母が代わりに出席しているとのこと、そして母親の病状の報告もなされました。

曰く「洗濯物を畳むくらいのことはできるようになりました、テレビの相撲中継を観るのが好きで贔屓の力士が勝つと手をたたいて喜んでいます」
病気になったのは確か男子生徒の母親だったと記憶しています。
けれども上の娘の同級生だったか、下の娘のだったのか、いずれにせよ私とさして年は変わらないはずのその母親の病気。
それはくも膜下出血だったのではないか、20年が経とうとしている今改めて思い出され、胸が痛んでなりません。


「散歩する侵略者」感想はコチラ
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

こんにちは

こんにちは。
この作品がイマイチ物足りなかったのは、きちんと役割を果たしていたのが長澤まさみ(とあとDAIGO)くらいで、その他の人々はなんか中途半端な感じがしたからというのもあります。
吉田鋼太郎は本職の探偵なんだから、長澤まさみに美味しい所を取られてどーすんだ?とか、心葉って結局何がしたいの?とか。
まあ、大人になってから知り合った人は、どのみち隠し事や嘘はあるはずなので、違う意味での「全く別人」は実は故郷に帰ったりするとアルのかもしれませんね。

Re: こんにちは

コメント&TBありがとうです、ここなつさん。

> まあ、大人になってから知り合った人は、どのみち隠し事や嘘はあるはずなので、違う意味での「全く別人」は実は故郷に帰ったりするとアルのかもしれませんね。

ああ〜、それはあります。
私は結婚して故郷を離れたので、幼なじみたちは私の母親としての顔を知らないんですよねぇ。
皆から「お母さんしてるとこ想像できない」と言われましたから。笑
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「嘘を愛する女」

ある種の純愛物語だった。「ある種の」と付けたのは、社会人になってしばらくしてからの大人の純愛というものは少し珍しい傾向にあるし(打算などが見え隠れすることが多い)、本作は予告編などからはかなりミステリーの雰囲気を醸し出していたので、「純愛」という言葉からは離れているように思うから。少しネタバレです。昨年のウーマン・オブ・ザ・イヤーに輝いた食品メーカー勤務の川原由加利(長澤まさみ)は、日々能動...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示