続々・バットマンてメンドクサイ

さらに引き続きブログDEロードショー春のファミリー企画への参加です。ベン・アフレックのバットマン、昨年秋に観て覚えているのはヒゲ剃りシーンだけでした。今回しっかり彼に注目して見直してみたんですけど、そう悪くはないように思います。ベン・アフレック単独バットマンに期待してヒゲハゲ満足度5点満点の4★★★★


batmanbennaf.jpg
<ヒゲのベン・アフレック>




今回見直したのは「バットマンvsスーパーマン(初見の感想はコチラ)」と「ジャスティス・リーグ(初見の感想はコチラ)」です。
この2作は続き物だったんですね。
というか実はもう一つ「マン・オブ・スティール」からも続いていたんだそうです。
あ゛〜〜こんなとこにもメンドクサイ要素が・・・・とちょっと感想を書くのにくじけそうになったんですけど、頑張って続けます。

まずベン・アフレックバットマンの年齢設定についてです。
作中で執事のアルフレッドが「ペンギンたちと戦っていた頃が懐かしい、20年前とは変わりすぎた」というような台詞を口にしています。
敵のペンギンが出てきたのは1992年の「バットマン リターンズ」です。
それから20年後というと2012年くらいということになります。
それってつまりノーラン三部作の時期と同じくらいになりません?
私はてっきりベン・アフレックバットマンはクリスチャン・ベールバットマンのその後の姿かと思っていました。

その理由の第一としてベンアフバットマンは、いくらか若さに乏しいような気がするから。
良く言えば落ち着いている、悪く言うといくらか疲れがたまっている、そんな人間のような印象を受けたんです。
クリスチャン・ベールバットマンの年齢設定はラストを迎える時が38歳だそうです。
見た目はそれ相応に見えますが、中身がアレですからすごく未熟な人間のように私は感じていました。
まぁ30歳から8年も引きこもってたんじゃ未熟にもなりますわな。

「ジャスティス・リーグ」の中でバットマンにスティーブ・トレバーのことを尋ねられたワンダーウーマンが怒り始めるというシーンがあります。
この時のバットマンがノーラン三部作のバットマンを引き継いでいるとしたら、これはとても興味深いエピソードになると思うんですよ。
愛する男性を失った経験を持つワンダーウーマンと、愛する女性を失ったバットマン。
本来ならその痛みを共有できるはずなのに、もし単に興味本位でバットマンがスティーブ・トレバーのことに触れたのだとしたら、このバットマンはサイテー野郎です。

でも私は、興味本位ではなく実は自分も同じ経験をしているとバットマンはワンダーウーマンに伝えたかったんじゃないか(でもうまく伝えられなかった)と思いたい。
何しろメンドクサイ人間関係こじらせおぼっちゃまブルース・ウェインであるバットマンは、そう簡単に本音を口にできる男じゃありませんから。
設定上の時間経過はどうあれ、年齢を重ねて酸いも甘いも噛み分けられる人間に成長した(であろう)ベン・アフレックバットマンが割と素敵に見えたのは、私が老け専だからというのを割り引いてもアリじゃないかと。

ベン・アフレックのバットマンはなぜあんなに無精髭ボーボーなのか、それは彼が人間であるから、マスクをかぶって戦っているうちにヒゲが伸びてきてしまった、つまり時間経過の長さを表しているのかもと思い至りました。
最初にあのヒゲ面を目にした時には(上の写真↑にマスクをかぶせるとヒゲの部分だけしか露出してないことになる)さすがの私もちょっとかな〜り引いてしまいましたけど、今回じっくり彼のことを観察してみるとそう悪くはないかもと感じるようになっています。
新しいバットマン単独作品はどうなっているのでしょうか?
是非ぜひ主演はベン・アフレックでお願いしたいです。

でもね、私がバットマンて案外いいなと思ったのはレゴムービーで見た彼だったので、私の一番タイプのバットマンはレゴの彼だという身も蓋もないことを記して、これでメンドクサイ実写版バットマンの感想を終わりにしたいと思います。
次回はとってもキュートなレゴバットマンについてですよ。

batmanyama2018.jpg
<これはこれでキュートですけど私的にはヒゲが欲しかったかな>




/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト

theme : 洋画
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「日の名残り」「マイ・インターン」「パッセンジャー」「ファウンダー」「ベイビー・ドライバー」「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「トゥーム・レイダー」「50回目のファーストキス」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「ゴッホ最期の手紙」 「SING」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示