FC2ブログ

まさかの4部作

敬愛するチャン・イーモウの歴史活劇「SHADOW影武者」を劇場鑑賞できたのは本当に幸せだったと思います。特に印象に残った麗しいヒゲもハゲもなかったのですが、ヒゲハゲ満足度は5点満点の5★★★★★ですよ。


影影
公式サイトはコチラ




全く関係ないものの検索をしていたら、この作品が引っかかったんですわ。
あらぁ良さげな映画だけど、どうせ都内にでも行かなきゃ観られないんだろうなぁ、な〜んて思っていたら。
ななな、なんといつもの最寄りのTOHOでやってるじゃありませんか! ! !
しかもその日が最終日ときたもんだ! ! !
もーーーーーーーすぐ飛んで行きましたよ。

まるきし予備知識なしだったので、まずは出てくる役者さんにワクワク。
ヒロインのスン・リーの登場には「あっこの人知ってる〜 !ドニー・イェン関羽の惚れたヒト〜 !」
主人公の影武者に近い将軍役の人が少しフー・ジュンに似ていたのでちょっとだけワクワクして、違うと判明してガッカリしたかと思えば。
敵の将軍役に今度こそホントにフー・ジュンが現れて「ひゃ〜♡まさかのワクワクガッカリ倍返し〜♡フージュンオジサマ相変わらず素敵な声♡♡♡」と一人シートの上で悶絶して・・・。
と、なんだかミーハーな感想はこのくらいにして、ちゃんとしたこと書いておかないとね。

チャン・イーモウ監督の歴史ビジュアル三部作と、私が勝手に呼んでいる作品があります。
それは2002年の「HERO(感想はコチラ)」2004年の「 LOVERS(感想はコチラ)」2006年の「王妃の紋章(感想はコチラ)」この三つの絢爛豪華で色彩溢れる歴史アクションラブストーリーです。
今回のこの「SHADOW影武者」は、これらの続き、いわば歴史ビジュアル第4作と言える素晴らしい作品だと思います。
4作目がほぼほぼモノクロになろうとは、まさに「そう来たか !まいったマイッタ」という感じ。

ストーリーが三国志における荊州争奪戦がモチーフになっているというのを、今回の記事のために調べた中で初めて知りました。
ええ〜と、荊州争奪戦で雨が降り続いて、って・・・・え?それって関羽の最期の戦いのアレですか?
ってことはフー・ジュンが関羽で、主人公の都督は周瑜で、その妻は小喬ってワケかナルホド〜。


/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト



theme : 映画感想
genre : 映画

こんにちは

こんにちは。
流石チャン・イーモウ!という作品でした。
彼の作品をスクリーンで観られることのこのシアワセよ!
歴代三部作?四部作?の中でも諸行無常の香りが色濃い作品でした。
やはり三国志がモチーフだからか?
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「SHADOW 影武者」

流石チャン・イーモウと言うべきなのか、やっぱりチャン・イーモウと言うべきなのか。大変スタイリッシュで、映像・音楽、共に素晴らしい。なんかもう「芸能」と言うのに相応しい感じ。「影武者」を色に例えれば正にそうなのであるが、黒とグレーと白とが織り成す圧倒的な美。琴を始めとした弦楽の調べが、緊張感を高めさせる。戦国の世、沛(ペイ)国では若き王(チェン・カイ)が統治していたが、隣国である炎国に境州の土...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示