fc2ブログ

03月 « 2024年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

『悪魔はいつもそこに』感想

2022年 11月28日 23:20 (月)

Netflixで鑑賞したロバート・パティンソン4作目。登場した瞬間からいやらしさと胡散臭さを撒き散らしているヒラヒラフリフリのシャツの良く似合うロババティに★を進呈してヒゲハゲ満足度5点満点で3★★★

悪魔はいつもそこに

オハイオ州の田舎町
幼い頃に両親を相次いで亡くしたアーヴィンは
祖母の元で義妹レノラとともに育つ
亡き父にまつわるトラウマを抱えながらも
愛する家族を守ろうともがくアーヴィンそんな彼の運命は
世俗の欲にまみれた牧師、殺人鬼カップル、腐敗した保安官らの
思惑と絡み合い暴力の連鎖へと引きずり込まれていく



物語冒頭から終始、猟奇的な陰鬱さが画面を支配しています。
私の苦手な作品らしいことはわかっていたので、かなり緊張して観ていました。
けど世俗の欲にまみれた牧師のロバート・パティンソンの造形には、思わず拍手をしたくなりましたよ。
彼ちょっとエルビス・プレスリーに似ているような気がする。
でっっっかいアメ車とヒラヒラの白いシャツが良く似合うんですわ。

でも牧師なんです、聖職者なんです。
たとえどんなに似合っていても、そーゆーのには手を出しちゃいけないんです。
そしてまさか、というか予想通りというか、一番手を出してはいけないものに手を出すのです。
そうです、若い女性信者に、です。

ヒラヒラした衣装に負けないロバート・パティンソンには、いつかきっと歴史上の人物を演じてもらいたいなと思います。
私の希望としては月並みですがハムレットとか、チェーザレ・ボルジアとか、個人的にはネルソン提督なんてのもいいかなぁ。
そこまで大物でなくても、架空の人物でもいいから、彼のカッコいいコスチューム姿が見てみたいです。
あーそういえば同じNetflixの「キング」でフランス皇太子役を演じてたんでした。
あれもミョーな役で、しかも退場の仕方が最高に情けなかったのよ。
できれば良い役がいいんだけどなぁ。


/ ←ひとポチよろしく!
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント