ヘプバーン主演「パリで一緒に」1963年

パリで一緒に
映画「パリで一緒に
作品情報



まさかオードリー・ヘプバーンがこんなにベタなドタバタコメディをやっていたとは、驚きでした。でもとても面白い、これはやはりヘプバーンの魅力に負うところが大きいんでしょうね。あざとさを全く感じない、品の良さのあるコメディ作品なんて、最近あまり見かけないのでとにかく新鮮でした。

「首筋にかみつくなんて、狼男なの?」の台詞には、笑うつもりもないのに、思わずプっと吹き出してしまいましたよ。笑いをとろうとしているようには見えない自然なボケ、まさに天然ボケとでも言うのでしょうか。いや、ボケという言葉を世紀の大女優に使うのは適切ではない。ここはやっぱり天真爛漫さ、が一番似合っている形容かと思います。

ファッションとか、脇役の豪華さ(マレーネ・ディートリッヒが本人役で出ている)とか、色々見所はありますが、私が一番目を見張ったのはヘプバーンの体の動きの美しさです。ブランデーグラスを手にしたまま、ソファに寝転がるシーンがあるのですが、グラスのブランデーがほとんど揺れません。ソファの肘掛けの部分に座った状態から、お尻を座面に滑り降ろして横になるのに、です。まるで曲芸師か雑技団の人の動きのようで、その体の柔らかさに驚かれました。さすが元バレリーナだけあります。

また、おひきずりの青いナイトガウンを着て、部屋を横切る様はまさにお姫様のよう。役柄としてはタイピストという職業婦人なのですが、こういう演出でヘプバーンの魅力が余すところなく発揮されていて、随所に彼女への愛が感じられる、本当に良い作品だと思います。

ラストにヘプバーンが着ているベビーピンクのワンピースの似合わなさ加減も良いです。似合わない服を着て、似合わない男とデートしているヘプバーンを、主人公が奪い去ってハッピーエンド。こういうベタなラブストーリーの結末も、全く嫌みを感じません。オードリー・ヘプバーンの偉大さを再確認した110分でした。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

体の動き

体の動きの美しさを感じとる、さすがのケフコタカハシさんです。顔、体型、声、だけじゃなく、しぐさの美しい人は、私もとっても素敵だと思います。ソファに寝転がるシーンでグラスのブランデーがほとんど揺れないのは、彼女を妖精のように感じてしまいそうです。

Re: 体の動き

コメントありがとうです、きたあかりさん。
私は体の動き(アクション)を見るのが好きなんですよ。ダンスの振り付け師のことをコレオグラファーと英語で言うそうですが、アクションなどの動作を振り付けする人はファイトコレオグラファーと言うそうです。私にとってはダンスもアクションシーンも同じ目線で観る物。オードリー・ヘプバーンがアクションをやったらさぞ美しかっただろうなぁ、と全然違う方向に妄想が膨らんでしまいます。笑
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示