fc2ブログ

04月 « 2023年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

弾丸京都ツアー目的その2「京都国際マンガミュージアム」後編

2014年 12月24日 16:29 (水)

parfait.jpg


一通り館内を回ってから、併設カフェで一休みすることにしました。まずは伯爵の華麗なパフェ↑からトライです。カフェのサイトでは2〜3人で食べても、なんて記載がありますが一人でペロリと平らげてしまいましたよ。だってとっても美味でしたから。

ミルクレープにシュークリームにショリショリ凍ったイチゴ、どれも文句なく美味しかった。そして極めつけのメロンシャーベット、この美味しさといったら言葉にできません。ただ一つ言えることは、このパフェはメニューを考えた方の、伯爵への大きな愛情を表現した、まさに作品だったということ。最後のコーヒーゼリーに至るまで、手を抜くことなく配置された、数々のスイーツのハーモニーが本当に見事です。900円なんて高くない!ぜひ一人で一つを堪能して欲しい逸品です。

食べ終わってからミュージアムに再入場、もう一度館内を巡り「Z」の掲載されている月刊LaLaを手に取りました。そこで再会したのが佐々木けいこ作「信長君日記」織田信長を主人公としたギャグマンガです。いや、別に私は特に織田信長が好きって訳ではないんですよ。ただこの作品には忘れられない思い出があるのです。

この「信長君日記」に描かれていた信長の城のふすま絵(といっても落書きみたいな絵だった)に「かのうえいとく」と記されていたのが頭に残り、直後の高校入試の社会の問題一問に正解することができたのです。今思えば私の日本史の知識はあれ以来ほとんど進化しませんでした。ここ数年ようやく興味が湧いてきたばかり。まぁ興味の持ち方は人それぞれ、人間一生勉強ですものね。

ebercake.jpg


おっとっと、閑話休題。ミュージアムを出る前にもう一度カフェへ。そうですエーベルバッハ少佐のメニューを制覇するためです。揚げたイモは普通に揚げたイモでした。イノシシケーキ↑はというと・・・。チョコクリームが甘いんですわ。かなりおこちゃま向けクリームな感じ。少佐のイメージなら、ビターな大人のチョコじゃないのかな、など考えてふと気付きました。

こ、この甘ったるいチョコレートケーキは、ひょっとしてミスターL好みの物なのでは?!ロンドンで少佐がルビヤンカ・レポートを受け取る時に、SISからの指示を受け、メリンダちゃんへの誕生日プレゼントを抱えて食したチョコレートケーキの味。そう考えると合点がいきました。まさにエロイカファンにしか分からない、遊び心溢れるイノシシケーキです。皆さん、心して注文してください。

カフェの壁にはたくさんの漫画家の直筆イラストとサインが描かれています。一番目をひくのは竹宮恵子作品「地球へ」のソルジャーブルーのアップ。写真を撮るのはOKでしたがネットへの投稿は禁止との注意を受けました。1月17日の青池先生のサイン会の折には、ひょっとすると先生のイラストもどこかに追加されるのでしょうか。次に京都を訪れた時には、ぜひそれを確認したいと思わせる、京都国際マンガミュージアムでのひとときでした。

スポンサーサイト



テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント