fc2ブログ

01月 « 2024年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

映画「闇金ウシジマくんPART1」観察ポイント その1

2014年 07月01日 00:10 (火)

負の感情ばかり綴って疲れたので、ここらで良いことへの思いをぶちまけたいと思います。モチーフはといえば、そりゃもうウシジマくんのことしかないでしょう。ウシジマ最強!とかダークサイドヒーロー、なんて言われるウシジマくんですが、若干24〜25歳の彼です。怖い物、苦手な物だってあります。

意外なことに、そのうちの一つが警察。警察に闇金業者であることがバレるとアウト「俺(ウシジマくんのこと)はおしまいだ」そうです。そんな彼がこの映画の第一作目では、なんと警察に捕まってしまうのです。ウシジマくん大ピ〜ンチ!

なのですが、そこはやはり何事にも動じないウシジマくん。収監されてもいつも通り、眉毛一つ動かさない、鉄面皮ぶりを見せてくれます。刑事からのねちっこい嫌がらせにじっと耐えるウシジマくんの様子がたまりません。眼鏡をはずした御尊顔も拝めます。自殺防止のためとの理由から、ブレスレットやネックレス、ベルト、果ては靴紐まで取り上げられます。

そういう状態で「立て」と命じられ、渋々立ち上がるウシジマくん。ベルトのないズボンがずり落ちアンダーウェアが丸出しに・・・。んまぁ!ウシジマくんたら、そーゆークラシックな物を御愛用だったとは。思ったより地味なのね。というか今どきあーゆーのどこで売ってるの?ひょっとして通販?とかあらぬ方向へ妄想が膨らんだりして。

けれども一番特筆すべきは、赤いカーディガンを着たウシジマくんの姿でしょう。弁護士との面会に、白いシャツと赤いチェックのカーディガンというプレッピーないでたちで現れたウシジマくん。一目見るなり弁護士は言います。「どうしたの丑嶋社長、服の趣味変わった?」「受付の女からの差し入れ」「案外似合うじゃない」この後ウシジマくんが、ほんの一瞬うろたえたように感じるのは私だけ?

自分としては不本意な物を褒められる、これって色々と複雑な思いがすることですよね。赤いカーディガンが似合うと言われ、ウシジマくんの心をよぎったのはどんな思いだったのでしょうか?「何が似合うだ、ゴマすってんじゃねぇ」とか「あの女、なんでこんな服よこしたんだよ」とか、はたまたシンプルに「チッ、こんな服着てくるんじゃなかった」なのか。

いずれにせよ、何かしらの感情の揺らぎがあったのは間違いないと思います。虫のように感情のない(ように見える)人間丑嶋馨の感情を、単純な喜怒哀楽ではない方向から表現した、見事な脚色だと思いました。赤いカーディガン姿のウシジマくんに関してはまだまだ語りたいことがありますが、それはまた次回ということで。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント