映画「名犬ラッシー」感想

名犬ラッシー
映画「名犬ラッシー
作品情報



800キロ離れたスコットランドから、元の飼い主の住んでいるヨークシャーの町まで、帰巣本能だけを頼りに帰ってきたコリー犬ラッシーの物語です。私が子どもの頃に観たテレビシリーズは、舞台がアメリカだったと思います。原作は1938年にイギリスで発表された物語なので、この映画はそれに忠実に作られているとのこと。緑あふれるイギリスの風景が本当に素晴らしい。また大戦前の頃の装束や町並みも素敵でした。

寄宿学校に入れられた少女が自分のベッドについている数字を見て「私は番号で呼ばれるの?」と尋ねると、女教師が「ええ軍隊と同じよ」と答えたのだけど、私はつい「いや、囚人と同じだな」と突っ込んでしまいましたよ。家に帰りたいと強く願う、少女の気持ちとラッシーの気持ちとを、うまくシンクロさせているエピソードだと思います。

Lassie という言葉には「お嬢さん、少女」という意味があるそうです。その名の通り主演のラッシーは本当に綺麗なお嬢さん犬でした。フサフサした長い尻尾がとても優雅で羨ましい。なんせうちのコにはないもんで(笑)でもトラックの幌の上の後ろ姿では、思い切りその優雅な尻尾が後ろ足の間に挟まれて、と〜っても怖がっているのがわかりました。そりゃ、あれだけ高いと人間でも怖いもの、よく我慢してたと思う、彼女の女優魂を見せつけられた気がしました。


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示