映画「ジャージー・ボーイズ」感想

ジャージー・ボーイズ
映画「ジャージー・ボーイズ
作品情報




劇場公開時に観のがして悔しい思いをしていた作品です。評判に違わずとても良かった。フォー・シーズンズというグループのことは、私は全く知らないのですが、ミュージカルと違い、自然な感じで始まるナンバーがどれも素晴らしい。ヴォーカルのフランキーの歌声が、演じているジョン・ロイド・ヤング本人というのがまた絶妙です。

作中フランキーは angel とか gift とか形容されていましたが、ヤングにもこの言葉があてはまると思う。神から与えられた才能である【 gift 】これを持つ者は回りの皆から愛される。ヤングがこの映画の主人公役に抜擢されたことが、まさにそれを象徴していると思います。

フォー・シーズンズのリーダーを自称していたトミーも、フランキーの歌声を愛していた一人のはず。お金の問題で仲違いしてしまった二人の関係がとても切ない。一方で不幸のどん底に落ちたフランキーを力づけるため、ラブソングを書いて送ったボブの行為にはじんときました。歌という世界に生きる同志ならではの、いわば真の男の友情のような物を感じ、胸を打たれました。

とまあ、褒めるのはここまで。私の個人的観点からの評価では、サイテーな作品だったので。理由は私の最も忌み嫌う、愚かな女が出てきたから。しかも二人も。フランキーって女運のない人間だったんですね。ま、それだからこその【 gift 】だとも言えるわけですけど、それにしても女を見る目なさ過ぎでしょ。どこまでフィクションで、どこからノンフィクションかわかりませんが。

イタリア系の人たちの物語だから、最初の奥さんが二つ年上ということで、これはひょっとすると良いマンマになる女性なのかと思いきや。とんでもないロクデナシ女でした。寂しいからクスリに走る、ってどーゆーこと?全く理解できないわ。

二人目の女性の、家族の愚痴ばかり聞かされて云々、て言い分もわからんでもないです。でもそれをわざわざ芝居にして見せる必要はなかったと思う。台詞の中でさらっと「彼女は出て行った」くらいに留めておけば良かったと思うんです。そういう意味から、観終わっての一番の感想は「どんだけ女を馬鹿にした作品なの」でした。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

なるほど!

この視点はボクにはなかったもので、
非常に参考になりました!
やはり男と女では見るポイントが違うのですね。
でも、イーストウッドが描く女性って、
なんか女性の観客には評判悪いですね♪

Re: なるほど!

コメント&TBありがとうです、スパイクロッドさん。

> なんか女性の観客には評判悪いですね♪

そうなんですか?イーストウッド監督作品はこれが初めてなんですよ。主人公の悲壮さを際立たせるための、娘を含むウマシカ女三連発かな、と受け取れなくもないです。

でも他の作品もこんな女ばかり出てくるというのなら、正直観る気は失せますわ。まぁ、タランティーノ作品みたいに強過ぎる女というのも、それはそれでひいてしまいますけどね。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ジャージー・ボーイズ』 ~光と影が映し出す人生賛歌~

2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の同名ミュージカルを映画化した、アメリカ製作による2014年の伝記ミュージカルです。監督はミュージカル初挑戦...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示