チョウ・ユンファとジョディ・フォスターの「アンナと王様」

チョウ・ユンファもわりと私のタイプの俳優です。「王妃の紋章」でのキンキラキンのターワン役はなかなか素敵でした。あの作品で見た豪華な衣装に負けないくらい威厳があって、且つ妙に色っぽい目をした彼なら、この作品でもきっと良い王様役を見せてくれるに違いないと期待していたのですが・・・。まずハゲじゃないからガッカリ。←いやコレは本当に重要なポイント、笑っちゃだめよ〜。

この作品も147分と長いです。でもミュージカルではありません。なのになんでこんなに長いんだ?大丈夫かな?退屈で途中で寝てしまうんじゃないか、という不安が見事に的中しました。美禿見たさにチョイスしたので、まずはそこんとこでアウト、モチベーションはだだ下がりです。

その他に何をポイントに絞って観賞するべきなのか、いつまでたってもつかめない。歴史的なこと、政治的なこと、王家の内紛、ファミリーの情愛、奴隷制の問題、女性蔑視の問題、戦闘シーンでのやや大掛かりな爆発など、エトセトラ〜エトセトラ〜エトセトラ(笑)とまぁ、とにかくアレもコレも盛りだくさんで、逆にいうと相当とっ散らかってるワケです。それで147分、良く寝ないで耐えたと自分で自分を褒めたいわ。

そうして頑張ってラストまで観通して、エンドロールに流れる歌の歌詞を見てようやく何がこの作品のポイントだったのかが判明しました。それはアンナと王様の恋模様です。う〜ん、確かにユル・ブリンナー&デボラ・カーの物では、そこの部分はありそうでなかった要素ではありますが、それをメインとして描くには147分も必要ないでしょ?

チョウ・ユンファの品の良い女たらし顔は、そういう要素にはピッタリだと思うけど、それが活かされていたのはラストの30分くらいじゃないかと。少しでもこの作品に興味を持った方には、チョウ・ユンファとジョディ・フォスターが出ていないシーンは早送りして観ることをオススメします。

アンナと王様
映画「アンナと王様
作品情報



スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

やっと再見しましたよ!

でも、吹き替えカットしまくり版だったのでガッカリでした。もっとよく見て録画するべきだった…。

>何をポイントに絞って観賞するべきなのか、いつまでたってもつかめない。

ダイジェスト状態のを見て言うのもなんですが、私も色々なエピソードが邪魔に感じました。もっと王様との交流をメインにして、短くした方が良かった気がします。キスひとつしないロマンスは良かったんですけどね~。

Re: やっと再見しましたよ!

コメントありがとうです、宵乃さん。

> ダイジェスト状態のを見て言うのもなんですが、私も色々なエピソードが邪魔に感じました。もっと王様との交流をメインにして、短くした方が良かった気がします。キスひとつしないロマンスは良かったんですけどね~。

元々の原作小説が、かなり社会的歴史的文化的に偏った物だったようですね。
タイでは、ユル・プリンナーの旧作もこの新作も上映禁止となっているとか。
文化の壁はなかなか厚いってことですな。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

王様と私アレコレ 熾烈な禿ディスク争い展開中

渡辺謙がブロードウェイでこの「王様と私」の王様役を演じると聞き、久しぶりに私の初恋の禿ユル・ブリンナーの同名の映画を観たくなりました。UTubeでほんのチラリとだけ渡辺謙の王様の姿が見られましたが、なかなか麗しいハゲのようですね。 でもって色々ネット検索していたら、なんとチョウ・ユンファとジョディ・フォスターの「アンナと王様」という作品もあるというので、こちらも観てみました。以下いつも...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示