映画「真珠の耳飾りの少女」感想

真珠の耳飾りの少女
映画「真珠の耳飾りの少女
作品情報



私は決してフェルメールファンではありません。どうしてこの作品を観たいと思ったかというと、フェルメール役の人のヒゲ長髪が割とタイプだったからです。謎だらけのフェルメールという画家、男前ではなかったという証拠はどこにもない。ひょっとするとイケメンだったかも、そういう妄想もアリだと思ったのです。

妙にエロチックな作品でした。特段ストレートにエロい描写はないんですが、それが逆にエロチックなのよねぇ。何が一番エロチックと感じたかというと、女性のうなじです。こういう↓帽子のような物をかぶって働く小間使いの女性の、むき出しになったうなじがとても色っぽいの。作業の邪魔にならないように髪の毛をまとめるのが目的だったんでしょうけど、これは男性の心を乱す以外の何物でもないはず。

unaji.jpg


物語的にはさしたる展開もなく、淡々と進んでいきます。エンターテイメント性を求める人や、映像美を解さない人にはおそらく退屈なストーリーでしょう。クライマックスとしては、首飾りをつけるための針を使うシーンくらい。でもそこがまたちょっとSMチックでエロチックなんですわ。

イケメンフェルメールを演じているコリン・ファースのことを調べてビックリ。なんとあの「英国王のスピーチ」のジョージ6世の人だったの?!ちょっと自分の審美眼に不安を感じてしまった・・・とほほ。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

おひさしぶりです(^^)

こんばんは。
この作品、私も最近観たばかりなんですけど、最初、フェルメール役がコリン・ファースと気づかなかったです。よくよく見れば、彼の『高慢と偏見』の時の女性を見る眼差しが同じでした。あの「頭巾を取ってくれ」と言ったときの壁から半分顔出して覗いてる感じがいやらしかったですねぇ~。それとスカーレット・ヨハンソンのあの分厚い唇の半開き加減がと~ってもエロティックでしたね。そんな風に見る映画じゃなかったかもしれませんがね(^_^;)
ではまた~。

Re: おひさしぶりです(^^)

コメントありがとうです、こうこさん。

> スカーレット・ヨハンソンのあの分厚い唇の半開き加減がと~ってもエロティックでしたね。そんな風に見る映画じゃなかったかもしれませんがね(^_^;)

でしょ?でしょ?妙にエロチックだったでしょ?スカーレット・ヨハンソンの唇、本当に見事なタラコっぷりでしたね〜。正直なところ私はタラコ唇キライなんですが、好きな人にはたまらないんだろうな、と思いながら観てましたわ。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示