FC2ブログ

シリーズ4作目「007サンダーボール作戦」

007/サンダーボール作戦

映画「007/サンダーボール作戦
作品情報

私が最初に観た007作品がこれだったと思います。水中シーンの美しさが印象的なこの作品、時間にして約25%が水中撮影による物とか。この水中での撮影技術は、フリッパーという名前のイルカが主人公の、アメリカテレビドラマの制作で培われた物だということを、今回のメイキングで初めて知りました。そういえば私も幼い頃にフリッパーのドラマに夢中になりましたわ。なるほど納得です。

水中だけでなく水上のホテルや別荘、そしてクルーザーと使われる設備も豪華絢爛。撮影用のセットもこれまでにも増して贅が尽くされています。そしてもちろん、ヨーロッパのシーンでの貴族の館の本物のゴージャスさは言うまでもありません。さらにはロケ地における出演者達の待遇なども、世界で類を見ないくらい、おそらく当時最上級の扱いを受けていたと思われます。世界を熱狂させた映画のシリーズ4作目ですものね。

今作で私が一番注目したのは、ショーン・コネリーの動きの美しさです。中でも水中で泳ぐシーンの彼の美しいこと。今にして思えば、私が一番最初にショーン・コネリーに惹かれたのは、この体の動きの美しさ故だったのだなと、ようやく気がつきました。終盤の水中でのアクションシーンで、赤いウェットスーツのボンドが泳いではいますが、プロポーションが良くないので、スタントマンなのがバレバレ。ま、致し方ありませんな。

原作者イアン・フレミングのイメージとしては、コネリーはいくらかガタイがよすぎたそうです。フレミングはもっとスマートな俳優が希望だったとのこと。けれども視覚に訴えるのが映画というもの。堂々と立派な体格で、なおかつ美しい動きのショーン・コネリーだったからこそ、ジェイムズ・ボンドの名前が伝説になったのだと、この作品を観て私は確信しました。

そんなコネリーボンドが予期せぬサメとの遭遇に、本気で怯えている姿も必見です。直にすれ違うことがないよう、サメとの間に透明の板を挟んだはずが、板の枚数が足らなくて結局狭い水路の中で直接すれ違ってしまったとか。感電ショックでわめきたてる悪漢は、実は本気のヤケドで痛がっていたとか。当時の撮影のアバウトさ故のトンデモ話も面白かった。

ショーン・コネリーファンなら言わずもがな。007シリーズに手を出しかねている方には、コネリーの美しい動きを堪能するためにも観て欲しい作品です。ぜひ是非。



ポチッとな〜↓

スポンサーサイト



theme : 007シリーズ
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示