「アマルフィ」と「アンダルシア」見比べ感想

シリアス佐藤浩市を観てみました。序盤は良い人らしい温和な顔をしていたのに、正体を現す段になっての豹変振りが見事。目つきの鋭さというのか、顔の筋肉の緊張感というのか、例えて言うならダニエル・クレイグの耳が尖るのと同じ、表情筋の強烈な強張りを感じました。ほんのワンシーンのことだったのに、いや、本当にコワかったです。

アマルフィ 女神の報酬
映画「アマルフィ 女神の報酬
この作品情報を楽天エンタメナビで見る



佐藤浩市は「アマルフィ」にしか出ていなかったのですが、ついでなので続編の「アンダルシア」も観てみました。こちらは黒木メイサが良かった。やっぱりこの人は影のある役の方が似合いますよね。ミステリアスな雰囲気があの顔立ちに良くマッチしますわ。ラストになって初めて見せた額の傷跡は、なかなか素晴らしい演出だったと思います。

アンダルシア 女神の報復
映画「アンダルシア 女神の報復
この作品情報を楽天エンタメナビで見る



アマルフィとアンダルシアこの二つの土地の風景も見所なのですが、残念ながら「アマルフィ」の方はその美しさがあまり表現されていません。日本人受けするのは海沿いの街アマルフィの方だと思うのですが、私はスペインの乾いた大地アンダルシアも好きなのでその点では満足でした。

ストーリーとしても「アンダルシア」の方が私は好きです。織田裕二と伊藤英明の関係がなかなか良かった。哀愁漂う二人のイケメン中年男性が、お互いの腹を探り合いながらも、最後には理解し合って歩いていくラストが本当に清々しかったです。他に福山雅治や谷原章介と落ち着いたイケメンがゾロゾロ出てきますので、女性には特にオススメです。なるべく二作まとめてゼヒ是非。


管理人が喜びますので↓ポチッとしてやってください。


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

懐かしい作品です

お邪魔します。

両作品とも、あまり評価が高くなかったような記憶がありますが、密かに何かイイんじゃないと思っていた作品でした。邦画にしては、海外シーンが生きていて、スケール感を感じました。それと、寡黙な織田裕二がかっこよかったですね。

お邪魔しました。

Re: 懐かしい作品です

コメントありがとうです、少年Zさん。

> 両作品とも、あまり評価が高くなかったような記憶がありますが、密かに何かイイんじゃないと思っていた作品でした。邦画にしては、海外シーンが生きていて、スケール感を感じました。それと、寡黙な織田裕二がかっこよかったですね。

物語としてはとても良くできているなと思ったのですが、「アマルフィ」と詠う割にはアマルフィ感がなかったような気がしました。ナポリとさして差がなかったような感じで、アレレ?となったんですよ。せっかくのあの断崖絶壁が全く生かされてなくて。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示