007ティモシー・ダルトン主演2作まとめて観た

二作とも過去に一度観てました。あちらこちらのエピソードに見覚えがあって、特に脇役のキャラに印象的な人が多かったから。

007/リビング・デイライツ
映画「007/リビング・デイライツ
作品情報


「リビング・デイライツ」の方で印象的だったのは、ボンドガールのマリアム・ダボという女性。
どこかで見たような美人だな〜と思っていたら、オードリー・ヘプバーンにそっくりなんですわ。
この作品での彼女の役どころはチェロ奏者で偽ヒットマンというところ。
大きなチェロケースに不似合いな狙撃銃が入ってたりするの。
でもってチェロケースに乗って、ボンドと二人で雪の斜面を滑り降りたり。
その途中でチェロに銃弾受けたりするんだけど、このチェロがストラディヴァリだってんだから、えええっっ?まさか、有り得ないでしょ〜!?と二度目の観賞でもなりましたわ。


007/消されたライセンス
映画「007/消されたライセンス
作品情報


「消されたライセンス」こちらの作品で印象的だったのは敵の面々、麻薬王サンチェス役のロバート・デヴィとその部下シャークという名のいかにも凶悪そうな二人。一度見たら目に焼き付いて離れないようなビジュアルでした。

対照的な二人のボンドガールも良かった。
一人は麻薬王サンチェスの情婦だけれど、本人はその立場から逃れようとしている、いわゆる、か弱い女性ルペ。
もう一人はCIAの女性エージェントパメラ。元はといえば彼女がサンチェスを追っていたのに、ボンドにその手柄を奪われ、秘書役として甘んじる(笑)という損な役回りと言えなくもない人です。
パメラを演じていたキャリー・ローウェルという人、なんとリチャード・ギアの奥さんだったの?!うひゃー!?

色々と対照的な二人のボンドガールですが、ドレスのデザインがどちらもホルターネックのシンプルな物というのも印象的でした。
美しくない二人のボンドガールの「ネバーセイ・ネバーアゲイン」を観た後だったせいもありますが、女性を美しく見せる服の形というのはある程度決まっているのだなと痛感しました。
少なくとも奇をてらった物ではないのは確か。シンプルでオーソドックスな衣装でこそ、美しさが映えるってもんです。

と、こうしてボンド以外のキャラはとても印象に残っているのに、肝心のボンドが全然魅力的じゃないんです。ティモシー・ダルトンが二作で降板というのも納得です。

あなたは↓ポチッとしたくな〜る。したくな〜る。


さて、次はどれを観よう。ブロスナンの4作品から観て、その後ムーアのかな。

スポンサーサイト

theme : 007シリーズ
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示