映画「シェフ!」感想

日本版サブタイトルは「三ツ星レストランの舞台裏へようこそ」パリのレストランが星を一個減らされるってのは、相当なダメージだそうですね。


シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
映画「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
作品情報



ジャン・レノのコメディは久しぶりです。でもとにかくとても面白かった。
長年三ツ星を守ってきたけれどスランプに陥っているベテランシェフ・アレクサンドル(ジャン・レノ)と、素人同前の天才若手シェフ・ジャッキーの織りなすハートウォーミングコメディ。

ジャッキーを演じているのは「パリ・エキスプレス」でダメ男を演じていたマイケル・ユーン。
今回も料理の腕以外はダメダメなところばかりです。
彼女ベアトリスが妊娠して臨月になっているのに、まだプロポーズもしてないとか。
まぁフランスは結婚に対してとてもおおらかな考えを持っている人たちばかりのようなので、そんなに珍しいこともないんでしょうけど。

意を決して実家に戻った彼女を追いかけてプロポーズを試みるも、指輪を持って来ていないことに気付き大慌て。
とっさに思いついたのが彼女の好みのデザートを渡すといういかにもシェフらしい案。
けれども怒った彼女に手で投げ返され大失敗。

でもこのデザートがモロ私の好みだったのが、嬉しいやらこそばゆいやら。
キャラメルソースのかかったミルフィーユ、ナッツとベリー添え。プラリネクリームがかかっていればパーフェクト。
あああ〜食べたい〜、私のストライクゾーンど真ん中よ〜〜。
お、おおおお、落ち着けっっ、自分。

ベテランシェフ役のジャン・レノはとにかく貫禄満点。
特段コミカルに演じている訳でもないのに、ジャッキーのドタバタぶりとの対比で笑わせてくれる、まさにコメディの王道です。
この前に観たジャン・レノのドラマ「刑事ジョー」がとことん暗くて鬱々としていたので、白いシェフコートにヒゲのない明るい表情のジャン・レノは、見ているだけでワクワクドキドキしちゃいました。
黙って立っているだけで存在感がある、こういう俳優さんは本当に希有ですよねぇ。

途中「分子料理」という新しい分野の料理法だとか、ライバルのレストランへの潜入調査
のため、偽日本人夫婦に変装してみたりとか、かなりぶっ飛んだ流れにはなりますが、そこはそれ、コメディ作品ですから、細かいことは言いっこなしです。
でもジャン・レノのチョンマゲは割と似合ってて、悪くないと私は思いましたよ。
ジャン・レノファンなら彼のエセ殿姿目当てのためだけでも、この作品を観る価値はあると思う。

そして何より私が一番素敵だなと思ったのは、ジャッキーの彼女ベアトリスの両親。
喧嘩する娘とその彼氏を、おっとりのんびり見守っている様子がまさに「尊敬に値する」のです。
自分の娘の結婚に、あんな風におおらかな態度で臨めたらどんなにいいことか。

娘がいる人もいない人もどうぞ↓ポチッとよろしくです。


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

こんにちは!

>黙って立っているだけで存在感がある、こういう俳優さんは本当に希有ですよねぇ。

ホント、素敵でした。ジャン・レノ大好きなんです♪
ちょんまげ姿も似合ってましたね(笑)
ケフコさんお気に入りのベアトリスの両親も、チョイ役ながらいい味出してました。

あと、料理はいまいち美味しそうに見えなかったけど、彼のつくったデザートは美味しそうでした。
凝ったスウィーツは食べないから、あまり味が想像できないですけど(汗)

Re: こんにちは!

コメントありがとうです、宵乃さん。

> ホント、素敵でした。ジャン・レノ大好きなんです♪
> ちょんまげ姿も似合ってましたね(笑)

ご賛同ありがとうございます。
あのトンデモ日本描写はわざとだと思うんですよ。
ジャン・レノの演じるシェフの家に、ちょこちょこ日本趣味な物が飾られていたので、ひょっとしてと思ってたらアノ流れになったので、やっぱりなと。

> ケフコさんお気に入りのベアトリスの両親も、チョイ役ながらいい味出してました。

作中に3組の親子が出てきましたよね。そういう意味では親子関係の物語かな、とも思いました。

> あと、料理はいまいち美味しそうに見えなかったけど、彼のつくったデザートは美味しそうでした。

この作品で一番美味しそうで食べたいと思ったのは、ベアトリスのお母さんが作ったパウンドケーキです。
日本の家庭ではおそらくできないくらいの大きなサイズで、お父さんが「もう一切れ」と言って持っていくのが印象的でした。
レストランのシェフの物語だけど、お母さんの手料理が本当は一番だよね、と言ってるみたいで。
全体的にはかな〜りゆるいんですが、そういう部分のウィットがすごーく効いてる作品だと思います。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様のためのホログラム」「パッセンジャー」「ファウンダー」「亜人」「関ヶ原」「ワンダーウーマン」「散歩する侵略者」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

最近観るだけ観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示