シリーズ6作目「女王陛下の007」1969年 感想

二度目の観賞です。随分昔まだビデオの時代に一度観ました。その時の感想は、ジェイムズ・ボンドの陳腐なラブストーリーで退屈極まりない、というものでした。


女王陛下の007
映画「女王陛下の007
作品情報



今回は他の007作品全て観てからだったので、さらに主演レーゼンビーのマズさが目について、観るにたえられずネットしながらの半分流し観。
手垢のついていない新人で新しいボンドを、という製作陣の意図はわからないでもないけれど、人選を誤ったのは明らかでしょう。

レーゼンビーの見た目は悪くないです。
長身でプロポーションは良くて、そこそこハンサム。
アクションでの体の切れもあり、冒頭の波打ち際での肉弾戦はなかなか良かったです。
でもね、人間性の中身が全然感じられないのよ。すっかすかのペラッペラ。

ポルトガルでボンドが偶然知り合ったトレイシーという女性は、犯罪組織のボスの娘で諸事情からやや自堕落な生活を送っているらしい。
そのことを案ずるトレイシーの父親が、ボンドなら彼女を御せるのではと、ボンドの一番欲しがっている宿敵ブロフェルドの情報と引き換えに、ボンドに娘との結婚を迫るという、かなり乙女チックな筋立てです。
このボンドがショーン・コネリーだったら、そりゃ〜もう悶絶ものですよ。

けど前述のようにレーゼンビーボンドの中身がないので、まるっきし説得力がないんですわ。
秘密組織のボス(トレイシーの父)の見る目なさ過ぎ〜、って思っちゃうの。
レーゼンビーは劇場公開時にちょうど30歳という、007史上一番若い俳優です。
見た目はそんなに若いようには見えないけど、中身のなさで若さを隠しきれない、そんな印象。
特典映像での本人のインタビューでもはっきり言ってました。自分は若過ぎた、って。

この一作限りでボンド役を自ら降りたレーゼンビーですが、案外それは賢い選択だったのかも、とも思います。
だってあんなに一人の女性にメロメロで大甘なボンドを演じたら、次の作品どういうキャラでボンド役に臨めばいいのか、きっとと〜っても難しかったと思う。
そういう意味では、他の人には演じられない一作限りのボンドが観られる希有な作品になっています。
観るべきかどうか迷っているなら、絶対観るべし!

管理人が喜びますので↓ポチッとしてやってください。



〜※〜※〜※〜 【007情報メモ】 〜※〜※〜※〜
コネリー   1930年生まれ ボンド役1962〜1983
レーゼンビー 1939年生まれ ボンド役1969
ムーア    1927年生まれ ボンド役1973〜1985
ダルトン   1946年生まれ ボンド役1987〜1989
ブロスナン  1953年生まれ ボンド役1995〜2002
クレイグ   1968年生まれ ボンド役2006〜
スポンサーサイト

theme : 007シリーズ
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様のためのホログラム」「パッセンジャー」「ファウンダー」「亜人」「関ヶ原」「ワンダーウーマン」「散歩する侵略者」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

最近観るだけ観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示