FC2ブログ

映画「3時10分、決断のとき」感想

グラディエーターのマキシマスと並ぶくらいのラッセル・クロウのカッコ良さにしびれました。正義の人マキシマスと真逆の悪漢キャラが素晴らしい!


3時10分、決断のとき
(c) 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.
映画「3時10分、決断のとき
作品情報



グラディエーターで見初めたラッセル・クロウ、以来あれこれ彼の作品を観てきました。
けれども私にはあまりピンと来る物がなく、そろそろラッセル・クロウ祭りも終わりかなと思ってたんですよ。
でもコレは違った。本当に良かった。
久しぶりに骨太な男の西部劇を観たような気がします。

1957年に制作された物のリメイクだそうですが、おそらく私は子どもの頃にそれを見ていると思います。
もちろん劇場でじゃなくテレビ放映ですよ。
ウェイドという名前に覚えがありましたし、絵を描く癖のある悪役というのも記憶にあります。(もし間違ってたらごめんなさい)

早撃ちが得意で血も涙もない、けれどもやたら聖書の引用をしたがるお尋ね者のベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)もついに御用となり、彼を裁判所へ護送する列車の時刻が3時10分というこの作品。
ラッセル・クロウのガンマンとしての勇姿が見られるのは、冒頭のほんの少しだけです。
何故なら女にうつつを抜かしているうちに(笑)捕まって手錠をかけられて護送されるという筋立てだから。

けれども、この女性に対する演技(と言っても女性は二人しか出てこないけど)が抜群なんですわ。
言葉を交わしているうちに、女が知らず知らずのうちにその魅力に引き込まれてしまう色男。
ついには「悪人には見えない」とまで言わしめてしまうくらい。
こういうラッセル・クロウが見てみたかったんです。

もう一人の主役ダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)に対する態度も良かった。
部下に対する態度も、ラストの彼の行動も、どんなことをしてでも生き延びようとする生への執着だと私は感じました。
このベン・ウェイドの徹底した悪漢ぶりは、ウシジマくんに通じるものがあるように思います。

せっかくなので、他に二つのラッセル・クロウ作品の一言感想も追加しておきます。

アイアン・フィスト
(C)2012 Universal Pictures
映画「アイアン・フィスト
作品情報


「アイアン・フィスト」アメリカ制作の異色のカンフー映画。ラッセル・クロウの体に随分貫禄がついていたのが印象的でした。


L.A.コンフィデンシャル
映画「L.A.コンフィデンシャル
作品情報



「LAコンフィデンシャル」マフィアのボスを脱税容疑で逮捕するという、何度も映像化されているお馴染みのストーリー。口より先に手が出る喧嘩っ早い警官役のラッセル・クロウが若くてピチピチしていました。怯えた仔犬のような目をした短髪の彼もなかなか良かったです。


もうかりまっか?ポチポチ↓でんな〜。

スポンサーサイト



theme : 映画感想
genre : 映画

『L.A.コンフィデンシャル』、おもしろいですよねー。
西部劇、全然しらなかったです。
観てみますね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、つかりこさん。

> 『L.A.コンフィデンシャル』、おもしろいですよねー。

同じテーマの作品の中では、とても完成度が高いと思います。
グラディエーターを観た人には、ぜひこの「決断の時」のラッセル・クロウも観て欲しいです。

コメントありがとうございました

>言葉を交わしているうちに、女が知らず知らずのうちにその魅力に引き込まれてしまう色男。

大人の魅力でしたね~。ダンとは正反対で、そんなまったく違うふたりだからこそ、彼らの対決が見応えあるものになってました。息子の使い方もよかったと思います。

>部下に対する態度も、ラストの彼の行動も、どんなことをしてでも生き延びようとする生への執着だと私は感じました。

ラストの彼の行動というのは、おとなしく列車に乗ったことですよね?
確かに、あそこで無駄に抵抗するより、油断させておいて脱獄する方が成功率は高そうな気がします。

「L.A.コンフィデンシャル」もラッセルでしたっけ。好きな作品なのに思い出せない…。
ホント、顔が覚えられないです(汗)

Re: コメントありがとうございました

コメントありがとうです、宵乃さん。

> 大人の魅力でしたね~。ダンとは正反対で、そんなまったく違うふたりだからこそ、彼らの対決が見応えあるものになってました。息子の使い方もよかったと思います。

そうそう、ダンの息子が大人になる物語でもあるなと思いました。太陽の帝国と似たような感じ。

> ラストの彼の行動というのは、おとなしく列車に乗ったことですよね?

部下を皆殺しにしましたよねぇ。
自分一人が生き残ることを優先させたのは、究極の悪だと思うの。

> 「L.A.コンフィデンシャル」もラッセルでしたっけ。好きな作品なのに思い出せない…。
> ホント、顔が覚えられないです(汗)

ラストに惚れた女性と他所の州に引っ越して行くんですよ。
他の作品には見られないような、純真そうなラッセル・クロウが忘れられません。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示