シリーズ21作目「カジノ・ロワイヤル」感想

ダニエル・クレイグボンドの一作目。イアン・フレミング原作小説でも最初のジェイムズ・ボンドの物語を映像化した物です。


007/カジノ・ロワイヤル
映画「007/カジノ・ロワイヤル
作品情報



最新作「スペクター」までに過去の全23作おさらい観賞できるかどうか微妙になってきました。
ムーアボンドの物が少し残っているのですが、まずはダニエル・クレイグ三作から先に観ておくことに。
wikiの情報では、この作品からボンドの生年月日の設定が1968年4月13日となったとか。
知らなかったわ、そういう細かい設定がなされてたなんて!!

これまであまり深く描かれてこなかったジェイムズ・ボンドの内面を追求することで、新しいボンド像を作り上げようとしているのが良くわかります。
二代目ボンドのレーゼンビーにも、きっと同じ物が期待されていたのでしょう。
この作品中では「女王陛下の007」と同様、愛する女性の死を乗り越えるというミッションがボンドに課されていますが、レーゼンビーのそれよりも事情が複雑です。
レーゼンビーボンドの場合は純粋に愛し愛された仲でしたが、クレイグボンドの場合は違います。
有り体に言うとクレイグボンドは「はめられた」あるいは「騙された」ということ。

そりゃキツいでしょ〜。
しかも00ナンバーを与えられた最初の任務の最中でのことだもの。
女性全般に不信感を抱いても不思議はありませんよね。
そういう暗い過去を背負った男ジェイムズ・ボンドが本当にダニエル・クレイグに良く似合っています。


↓ポチが西向きゃ尾はひがし〜。


スポンサーサイト

theme : 007シリーズ
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示