映画「ブーリン家の姉妹」感想

エリザベス一世の母親、アン・ブーリンとその妹メアリーの物語。セットもキャストなかなか豪華で見応えがありました。

ブーリン家の姉妹
映画「ブーリン家の姉妹
作品情報



主人公アンにナタリー・ポートマン、メアリーにスカーレット・ヨハンセン、という配役。
メアリーの夫にベネディクト・カンバーバッチがこそっと出てます。
妻が王に気に入られてしまい、泣く泣く宮廷に差し出す気弱な男という役を、台詞もほとんどない表情だけの演技で見事に表現していました。

メアリー役のスカーレット・ヨハンセン、私はあんまり好きじゃないんですけど、一目みて『あ!スカヨハだ!』とわかるという点では、私には有り難いかも。
彼女はどの方向から見てもスカヨハだから。

一方でアン・ブーリンを演じたナタリー・ポートマンは、髪型や衣装、もちろん化粧によって、全く別人に見えてしまいます。
ああ!「レオン」に出ていたマチルダちゃんたら、もうこんなに大きくなったのね!
って、そりゃそうだ。レオンは1994年公開の映画だもの。
娘が「ブラックスワン」が好きで、やたら勧めてくるんですけど、私には絶対無理。
なのでマチルダ以来、久しぶりのナタリー・ポートマン作品でした。


ポチポチ↓行こか〜!


んぁ?ひょっとしてバレた?スター・ウォーズ観たことないの。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

ブラックスワン

ケフコタカハシさん(ケフコさん♪って縮めて呼ばせていただくことは可能ですか?)、どうしてブラックスワン無理なんですか?

私あの映画大っ嫌いなんです。まったくもってどこがいいのかわかりませんでした。(って娘さまにはお伝え下さらぬよう!)

ブーリン家、昔見たけど忘れてしまいました。又見たいです♪

「ブーリン家・・・」スカヨハ、いい役だったでしょ?
僕も好きだということはないのですが。

「ブラック・スワン」、いやーな気もちになる映画ですよー。
特に女性は、いやでしょうねぇ。
女の邪悪な嫉妬心と、精神的にどんどんまいってしまう人を描いています。
個人的には「バードマン」の女子版だと思っています。
あれよりもっと、神経にさわる映画です。
観ないほうがいいですよー。(笑)

Re: ブラックスワン

コメントありがとうです、ふゆこさん。

> ケフコタカハシさん(ケフコさん♪って縮めて呼ばせていただくことは可能ですか?)、どうしてブラックスワン無理なんですか?

どうぞ、ケフコでもタカハシでも、キョーコでお好きなように呼んでくださいませ。
私はホラー系パニック系の怖い作品ダメなんですよ。
ブラックスワンは予告をあちこちで見て、あの背中に黒い羽がポツポツっと出てくるところとか・・・
ぐはっっっっ、思い出しただけでもゾっとしますわ。

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、つかりこさん。

> 「ブーリン家・・・」スカヨハ、いい役だったでしょ?
> 僕も好きだということはないのですが。

私は彼女の見目があんまり好きじゃないんですけど、役柄は割とどれも良いんですよねぇ。
「青い耳飾りの少女」とか「LUCY」とか。

> 「ブラック・スワン」、いやーな気もちになる映画ですよー。
> 観ないほうがいいですよー。(笑)

じゃ、プロフィールのとこに追加しておきますわ。←本気

面白い皇室映画を見てみたい

お邪魔します。コメントのお返しのコメントです。

本作や「エリザベス」「エリザベス:ゴールデンエイジ」「英国王のスピーチ」「クィーン」と言い、自国の王室を赤裸々に人間臭くえがきかつ面白い映画を作れる英国がある意味羨ましいです。日本では到底無理でしょうね。やはり、市民革命を経験しているといないとの差でしょうか。

大掃除お疲れ様です。良いお年をお迎えください。

Re: 面白い皇室映画を見てみたい

コメントありがとうです、少年Zさん。

> 本作や「エリザベス」「エリザベス:ゴールデンエイジ」「英国王のスピーチ」「クィーン」と言い、自国の王室を赤裸々に人間臭くえがきかつ面白い映画を作れる英国がある意味羨ましいです。日本では到底無理でしょうね。やはり、市民革命を経験しているといないとの差でしょうか。

彼の国と日本では、王室皇室への距離感が全く異なりますよね。英国コメディには必ずと言っていいほど、王室ネタが出てきますから。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示