映画「道」感想

無垢な少女の悲しい恋物語。本当に大切な物は、失ってみて初めてその大きさに気付く、それは今も昔も変わらない真実。


道
映画「
作品情報



宵乃さん主催の「ブログDEロードショー」というのに参加してみました。
宵乃さんのイラストつき映画感想ブログ『忘却エンドロール』はコチラです。

今回のテーマはイタリアネオリアリズムの作品ということだったので、この作品を鑑賞することに。
名作古典としてそのタイトルだけは何度も耳にしていたけれど、今まで観たことがなかったので良い機会だと思ったのです。
レンタルしたDVDには、淀川長治先生の解説なんぞも入ってましたわ。

それによると、戦後最初に日本に入ってきたこの作品がとても衝撃的だったとのこと。
それまで映画というのは華やかな世界を描いたものばかりだったので、出てくるのがとことん貧しい人たちだけというのが驚きだったのかな、と勝手に私は想像してます。
以下、私なりにストーリーをざっくりまとめてみると。


貧しい家に生まれた少女ジェルソミーナは、旅芸人の男ザンパノに売られてしまいます。
姉のローザもザンパノの元にいたのですが、彼女が死んでしまったので、その後釜という訳です。
粗野でぶっきらぼうなザンパノに、ラッパや太鼓を使った客の呼び込みや、道化の相手などを仕込まれるジェルソミーナ。
当然のごとく夜の相手も務めます。
海辺の貧しい村に育ったジェルソミーナには、そんな暮らしもさして不満ではありませんでした。
ただ一つのことを除いては。

ザンパノはいくらか乱暴者ではありましたが、女性の扱いには長けていたようです。
行く先々で違った女性と関係を持ちます。
ジェルソミーナはザンパノから妻と呼ばれるような立場であったため、このことが我慢なりません。
さらには死んでしまった姉ローザとの関係も、ザンパノに問いつめてしまいます。
当然のように不機嫌になるザンパノ。
【以下略】


名作なので様々な解釈がなされているようですが、私は恋というものを知らなかったジェルソミーナがザンパノという経験豊富な男に初めて惚れる、という物語だと受け取りました。
他の女に嫉妬するんですから、惚れていることに他ならないと思うんですよ。
そしてこの後、ジェルソミーナはより素敵な男性に出会い、心を奪われていくのです。

とまぁわかりやすく言えば、ジェルソミーナという女性をめぐる三角関係恋物語な訳です。
え?違うの?だからあくまでも私の個人的解釈ですってば。
淀川せんせーゴメンナサイ、こんな感想しか持てなくて。

一番心に残ったシーンとしては、綱渡り芸人イルマットとジェルソミーナが道化の演目を練習する場面。
イルマットの後を付いて歩きラッパを鳴らすように演技指導されるのですが、ジェルソミーナはイルマットの姿に見とれてしまい、付いて歩くのを忘れてしまいます。
台詞で説明しがちな現代物ならば「ごめんなさい、つい見とれちゃった」なんてことを言わせる所でしょうか。
ジェルソミーナがイルマットに心を奪われているのが、さりげなく表現された良いシーンだと思いました。
ああ・・・私も早く新しいウシジマくんに目を奪われたいわぁ。


ドロドロ三角関係が好きな人はコチラ↓


ドロドロ三角関係が嫌いな人はコチラ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ドロドロ三角関係に興味がない人は、両方ポチッとしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

theme : 昔の映画
genre : 映画

両方

三角関係は好きでも嫌いでもないけれど、興味はあります。
でも両方ポチってみます。いいかしら~(^_^)v

こんにちは!

淀川長治先生の解説つきでしたか。それはお得でしたね~。
この作品は話のはじまりが私の苦手なタイプで、あまり冷静に見られないというか…ザンパノへの怒りばっかり印象に残ってます。
なので、ケフコさんの解釈は新鮮でした。三角関係の恋物語として観れば、もう少し楽しめそうな気がします♪

>ジェルソミーナがイルマットに心を奪われているのが、さりげなく表現された良いシーンだと思いました。

いいシーンですね。すっかり記憶から抜け落ちてました。再見する時は、この作品の良いところにも目を向けられそうです。
初のご参加、本当にありがとうございました♪

Re: 両方

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> 三角関係は好きでも嫌いでもないけれど、興味はあります。
> でも両方ポチってみます。いいかしら~(^_^)v

恋愛物語の基本はこの三角関係だと思います。
どうぞ遠慮なく両方ポチッとしてやってください。

Re: こんにちは!

コメントありがとうです、宵乃さん。

> この作品は話のはじまりが私の苦手なタイプで、あまり冷静に見られないというか…ザンパノへの怒りばっかり印象に残ってます。
> なので、ケフコさんの解釈は新鮮でした。三角関係の恋物語として観れば、もう少し楽しめそうな気がします♪

ジェルソミーナが頭の弱い子だとか言われてますが、私には全然そうは見えなかったんですよ。
適切な教育が受けられなかっただけで、感受性の豊かな思慮深い人間だと私は思いました。
彼女一人ではとても生きていけないから、二人の男性のどちらかについていかなければならない。
ならばザンパノについて行くべきか、イルマットについて行くべきか、とても悩んでいるように見えたんです。

> 初のご参加、本当にありがとうございました♪

宵乃さんのブログのリンクをさせていただきました。ご確認ください。

観たのがあまりに昔で、かなり記憶は怪しいのですが、
ラストに泣きそうになったのと記憶しています・・・、
そんなラストじゃなかったら、笑ってやってください(^_^;)

ジェルソミーナの死を知って、ザンパノが呆然と立ち尽くすというのが最後の場面だったと思います。
粗暴なザンパノにもまともな人間性があったと・・・。

それと曲が良かったですね。

スミマセン、それぐらいしか覚えていないです。

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、バニーマンさん。

> ラストに泣きそうになったのと記憶しています・・・、
> そんなラストじゃなかったら、笑ってやってください(^_^;)

ジェルソミーナの死を知り、波打ち際で泣き崩れるザンパノというのがラストシーンです。
あれで泣かなきゃ人間じゃない、とは言いませんが、まさに涙を誘うラストでした。

> 粗暴なザンパノにもまともな人間性があったと・・・。

ザンパノは確かに喧嘩っ早い男ではありましたが、女性に暴力ふるうシーンなんてあったかなと。
女性には優しかったんじゃないかと私は考えてます。
でなきゃ、ジェルソミーナは必死で逃げ出すと思うから。

> それと曲が良かったですね。

曲は本当に名曲で、あちこちで耳にしますよね。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示