映画「ある公爵夫人の生涯」感想

衣装や調度品、ロケーションの本物感は半端なく素晴らしい。主演のキーラ・ナイトレイもなかなか美しい。でもそれだけ。


ある公爵夫人の生涯
映画「ある公爵夫人の生涯
作品情報



実話だから仕方ないといえばその通りなんですが、とにかく物語として全く盛り上がりがありません。
最後まで寝ないで観通した自分を褒めたいです。
主題としては単なる男女の三角関係なので、フェリーニの「道」と同じだな、というのが私の感じた正直なところ。
御貴族様も旅芸人も同じ人間ってことでしょうな。
お金で買われたにしろ、親が決めたことにしろ、縁あって夫婦になったのなら、もう少しお互い分かり合おうという努力ができなかったのか、と思います。


mensjoker.jpg
口直しにはやっぱりウシジマくん。
自分で挽いた豆で淹れたコーヒーを飲みながら、ウシジマくんを愛でる・・・。
し、知ってるわよ、これはウシジマくんじゃないってことくらいっっ。


山田孝之ファンの方はコチラを↓


小栗旬ファンの方はコチラを↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ケフコタカハシファンの方は両方ポチッとよろしくお願いします。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

ファン

アタシもコレ観たけど、全く内容を覚えていない。やはりケフコタカハシさんの感想と同じでそんな感じだったのでしょう。
あ、山田さんも小栗さんも別にファンじゃないアタシですが、ケフコタカハシさんのファンなので、両方です☆

ツボに嵌った作品でした

彼らが生きた時代のこと、それに押しつぶされそうな彼らの心情を想像したらもう涙涙で。妙にツボに嵌ってしまった作品です。
夫婦のことだけでなく、女の友情が印象に残りました。同じような境遇の主人公と友情が芽生えたのに、利用しなければならないのが切なかったです。
貴族のことだと共感しにくいかもしれませんね~。

Re: ファン

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> あ、山田さんも小栗さんも別にファンじゃないアタシですが、ケフコタカハシさんのファンなので、両方です☆

う・・、わざわざそんな宣言までしていただかなくても。とっても嬉しはずかしです。

Re: ツボに嵌った作品でした

コメントありがとうです、宵乃さん。

> 夫婦のことだけでなく、女の友情が印象に残りました。同じような境遇の主人公と友情が芽生えたのに、利用しなければならないのが切なかったです。

エリザベスは最初からそのつもりでジョージアナに近づいたんでしょうか。もしそうなら辛過ぎるわ〜。

> 貴族のことだと共感しにくいかもしれませんね~。

時代がフランス革命前ということで、ベルバラ世代の私には興味津々な作品でした。
当時のフランス貴族は夫婦でもお互いに愛人がいるのが当たり前、逆にいないと変人扱いされる、みたいな風潮だったそうですね。
英国貴族もそうだった(今でもかな?笑)としたら、暇を持て余した人間のすることってのは、行きつくところはギャンブルか恋愛ゲームなのかなと思いました。

ステキなミル、ステキな彼

レトロな色合いのステキなミルですねー♪いいな〜 私も新調したくなっちゃいました。早く切れ味悪くならないかな、、

小栗旬だったのですね、一瞬だれ?と思いました。
興奮してコーヒーを男前の上にこぼさないよう気をつけられてくださいね!自分ならこっち見てるこんな写真コーフンします♡( ॢꈍ૩ꈍ)੭

Re: ステキなミル、ステキな彼

コメントありがとうです、ふゆこさん。

> レトロな色合いのステキなミルですねー♪いいな〜 私も新調したくなっちゃいました。早く切れ味悪くならないかな、、

まだまだ豆の挽き具合などはこれからです。
ゆっくりコーヒーを愉しむというのは、本当に癒される時間になるなと思いました。
次はサイフォンかも。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ある公爵夫人の生涯」観ました

製作:イギリス・イタリア・フランス’08 原題:THE DUCHESS 監督:ソウル・ディブ 原作:アマンダ・フォアマン ジャンル:★歴史劇/ドラマ【あらすじ】18世紀後半のイギリス。スペンサー家の令嬢ジョージアナは、世界有数の名門貴族デヴォンシャー公爵と結婚する。だが彼は男子の後継者をもうけることにしか興味がなく、自分をまるで愛していないという現実を突きつけられ…。これは凄かっ...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様のためのホログラム」「パッセンジャー」「ファウンダー」「亜人」「関ヶ原」「ワンダーウーマン」「散歩する侵略者」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

最近観るだけ観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示