映画「ドライブ・ハード」感想

オーストラリア映画には、小粒だけど完成度が高い、という印象があります。あくまでも私の個人的見解ですけどね。


ドライブ・ハード
映画「ドライブ・ハード
作品情報



本当は劇場に観に行こうと思ってたんですけど、諸事情からできなかったので、珍しく新作レンタルしました。
って、あれ?制作国がカナダになってる。まいっか。

舞台はオーストラリアのゴルードコースト、おちぶれた元チャンピオンレーサーのロバーツが教官として務める自動車教習所に、運転を習いに一人のアメリカ人がやってくる。
教官にロバーツを指名したアメリカ人は、あろうことか教習の最中に銀行強盗を働く。
そう、逃走のための車として教習車とロバーツが必要だったのだ。
意図せぬ犯罪に巻き込まれたロバーツの運命やいかに?!

とまあ、さもカーアクションがウリのような宣伝文句ですが、正直アクションに見所はないです。キッパリ
むしろコメディドラマとして観るのがオススメ。
銀行から盗んできたのは現金ではなく債券だったりするところとか。
テレビニュースで共犯者として扱われる主人公の家族の様子とか。
ギャングの情婦の成れの果てのような気の強い婆さんとか。
腐れ警官の最期とか。

タイトルの【ドライブ】を人生という言葉として捉えると、人生ってのはハードな物なんだぜ、みたいな意味かと思います。
劇場観賞に1100円払ったとしたらちょっと高いけど、新作レンタル(といっても実際は準新作170円だった)ならギリギリセーフな面白さでした。


新作だろうと旧作だろうと映画観賞にお金をかけなくない人はコチラ↓


映画はお金払って映画館で観る物だと思っている人はコチラ↓
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

好きな俳優が出ている映画には、いくらお金をかけても構わないと思っているケフコタカハシを応援してくれる人は、遠慮なく両方ポチッとしてやってくださいませ。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示