ドラマ「大草原の小さな家」シーズン2終了

シーズン2からは近代化の波が否応無しにインガルス一家を始めとした、ウォルナットグローブの人々を襲います。銀行ができ重い税金が課せられ、楽になりそうでならない暮らしにもめげることなく、いつも明るく笑顔の絶えないローラたちは本当に幸せそう。何もないことの方が実は心豊かでいられる、そう教えられているような気がします。


raula3.jpg



蒸気機関車はまさに近代化の象徴、男の子たちには憧れの的に違いありません。ローラにメアリー、そして友達のカールと3人でこっそり客車に忍びこんだところ、いたずら盛りのカールのせいで、暴走し始めてしまいました。暴走列車を追いかけるために他人の乗っている馬を奪い、走る列車に飛び乗るチャールズパパの勇姿には、ただただ惚れ惚れするばかり。こんな西部劇みたいなアクションシーンが観られる回があったなんて。

「いたずらした自分が悪い」と謝るカールと、「一番年上なのに止めなかった私が悪い」と言うメアリー。暴走列車の中で始まる、お決まりの謝り合戦は「じゃあ二人のせいね」とローラの一言で決しました。そのあまりに見事な無責任ひとごと発言に、思わずプッと吹き出してしまいましたよ。

そんな主人公ローラは大きくなって作家になるくらいですから、感情豊かなロマンチストだったのでしょうね。シーズン2にして早くもボーイフレンドは3人目、恋多き女です。3人目の彼の名はジェイソン。ああジェイソン!かっこいいわジェイソン!窮地に陥ったローラをかばって嘘をつくなんて。サイコーよ!ジェイソン。
んーーーんんん、でも確かローラと結婚する男の子は、ジェイソンなんて名前じゃなかったよなぁ。ま、いっか。

このジェイソンとは、こともあろうにネリーを相手に恋の火花を散らすローラ。財力にものを言わせ(笑)ジェイソンの気を引こうとするネリー。いやぁ現代物ラブストーリーにも通ずる、そのズルい手口には驚きです。
けれども一番驚いたのは、そういう汚い手口を使ったネリーに課せられた罰。普段めっっったに怒ることのないネリーの父親オルソンさんですが、やる時はやる人なのですね。うん、確かにあれくらいのお仕置きされても当然だと思う。

最後の回にはメアリーの恋のエピソードが盛り込まれ、見事な引きを作ってシーズン2は終了。そういう作りも本当に上手にできているドラマだと思います。続きが気になるわ〜。

ローラの将来の夫の名前はジョンだと思う人はコチラ→

ローラの将来の夫の名前はダニエルだと思う人はコチラ→/

どちらも違うような気がする人は両方ポチッとよろしくです。


スポンサーサイト

theme : ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パッセンジャー」「ファウンダー」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「ベイビー・ドライバー」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示