fc2ブログ

02月 « 2024年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

初めてのイナリ寿司

2016年 04月01日 00:05 (金)

半世紀超の人生において、初めてイナリ寿司を作りました。と、さも自分が料理したように言ってますが、私は最後に寿司飯を稲荷揚げに詰めただけです。

inarizusi.jpg
全部で20個できました



私の母は酸っぱいものが極端に苦手だったので、子供の頃に家で寿司飯を食べたことがありません。
寿司は外で食べる料理、そういう物だとずっと思っていました。

「暑くて食欲がなくなる夏は、ばら寿司がいいわよ」そう教えてくれたのは、公園で知り合ったなっちゃんママだったはず。
「寿司飯の上にキュウリの塩揉みや錦糸卵をちらす、いわゆるちらし寿司みたいなの。具を混ぜ込まなくても大丈夫だから」
そんなアドバイスに従い、自分で初めて作ってみたばら寿司は、本当に美味しかった。
たぶん下の娘を妊娠中で、つわりのひどい夏だったろうと思います。

その後も夏にはよくばら寿司を作っていました。
子供達が成長するにつれ、手巻き寿司もちょくちょく食卓に登場するようになりました。
すし飯を作るだけで、後はさして手間がかからなくて、しかもパーティ感があって子供は喜ぶという、良い事づくしの手抜きメニュー(笑)ですものね。

私自身はイナリ寿司が特段好きという訳ではありません。
元々西日本出身なので、うどんだけでは足りない時に添えるお握りみたいな物、そういう認識でした。
お弁当やお惣菜を買う時に、下の娘がわりとイナリ寿司を好んでいたような、そんな記憶があります。

今回のイナリ寿司を作ったのは上の娘です。
娘たちが二人で暮らしていた時に何度が作ったことがあるというので、私はてっきり下の娘が作るんだと思っていました。
ところが予想に反して、作っていたのは上の娘。
出来合いの稲荷揚げを使うのではなく、薄揚げを油抜きして味付けする所から作ります。

上の娘は油揚げが好きなんだそうです。
驚いたことに、そんな話は初耳でした。
なんだかキツネにつままれたような気分。
いや、ひょっとしたら娘が狐憑きとか?まさかね。笑
何にせよ上の娘の花嫁修業も、ようやく終わりが見えてきました。
どうでも良い情報ですが、上の娘はどちらかと言えばタヌキ顔です。

タヌキ顔の人はコチラを→

キツネ顔の人はコチラを→/

パンダ顔の人は両方ポチッとよろしく!

スポンサーサイト



テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

前世はキツネ

2016年04月01日 11:18

娘さんは「たぬき顔」?
ということは、ケフコタカハシさんも??

と、アタクシ、前世はキツネだったんじゃないかと思うほどの油揚げ好き。スーパーでは、一回の買い物で、5枚入り一袋のを5袋買う女。
もちろんいなり寿司も大好き。
ケフコタカハシ家のいなり寿司、食べてみた~い☆

2016年04月01日 19:48

> なんだかキツネにつままれたような気分。
> いや、ひょっとしたら娘が狐憑きとか?まさかね。笑

↑ウマイ!(稲荷ずしだし)

Re: 前世はキツネ

2016年04月02日 20:50

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> 娘さんは「たぬき顔」?
> ということは、ケフコタカハシさんも??

あー、私に似ているのは下の娘でして。こちらはどちらかと言うとキツネ顔です。
タヌキ顔の上の娘は、疲れが目の下のクマになって出るので、そういう時はパンダ顔になります。笑

> スーパーでは、一回の買い物で、5枚入り一袋のを5袋買う女。

え?えええ?25枚の油揚げをどうするの?毎日いなり寿司?

> ケフコタカハシ家のいなり寿司、食べてみた~い☆

上の娘は酸っぱいのが大好きなので、揚げがやや酸っぱめの関西風でした。
うちの周りのお惣菜売り場のいなり寿司は、割と甘めなんですけどね。
つくづく子供の頃の慣れ親しんだ味、なんてのは当てにならないなと思います。

Re: タイトルなし

2016年04月02日 20:54

コメントありがとうです、つかりこさん。

> > なんだかキツネにつままれたような気分。
> > いや、ひょっとしたら娘が狐憑きとか?まさかね。笑
>
> ↑ウマイ!(稲荷ずしだし)

座布団二枚くらい、お出しします?

子供の頃の味覚が大切云々なんて迷信だよなぁ、とつくづく思いますよ。
私自身も母の味は全く合わなかったし、私の娘たちも私とは好みが全く違います。
いつの間に揚げ好きになったんだか、ほんと不思議。