【城巡りの旅 その1】名古屋城行ってきた

名古屋に来たなら名古屋城見物、これは必須でしょう。昔私も最初に名古屋に来た時、まず名古屋城の天守に上りましたもの。

nagoyajo1.jpg
名古屋城遠景
残念ながら桜はほとんど咲いてませんでした



と、その前に腹ごしらえに名古屋名物台湾ラーメンのランチです。
せっかくなので発祥の店と言われる味仙に行ってみました。
午後2時に近い時間帯というのに、日曜日のせいか少し待ちました。
それくらいの人気店ということで、期待が高まります。
店内では台湾の言葉が飛び交い、まさに異国情緒溢れる雰囲気がなかなか良いです。
まずは麻婆豆腐で辛さの下調べ。

私は花椒(中国山椒)の効いた四川風麻婆豆腐が好きなのですが、ここの物は真っ赤で見るからに唐辛子がしっかり効いているのが分かります。
が、それ以上に効いていたのがニンニクでした。
この時点で私はギブアップ、唐辛子&ニンニクのダブルパンチには耐えられませんよ。

続いて運ばれてきた台湾ラーメン。
あまり辛い物の得意でない私と下の娘はアメリカンという辛さ控えめの物を注文。
夫と上の娘は普通の台湾ラーメンを注文しました。

taiwanramen.jpg
左下がアメリカン、右上レギュラーの台湾ラーメン



私にとってはアメリカンでもかなり辛かったです。
レギュラーはというと、
これまで辛いのなんて全然平気と豪語していた上の娘が、涙を流しながら食べていました。
曰く「辛さの中に旨さがあると大丈夫だけど、あまりに辛過ぎて旨さを全然感じられない。これはキツい」とのこと。
さらに「麺がすすれない。すすると必ずむせるから。レンゲにすくってそ〜っと口に入れて食べる」のだそうです。

そんなこんなで店を出た後、コンビニに駆け込んでアイスクリームやらヨーグルトドリンクやらで、口と喉のほてりを癒した一行でありました。
台湾ラーメンで腹ごしらえのはずが、逆に体力を消耗してしまった感はありますが、とにかく名古屋城へ向かいます。

shacihokomesu.jpg
正門脇の金の鯱鉾レプリカ
見たところ、おそらくコレは南側にある雌の鯱鉾



大津通りに車を停めて、目の前の東鉄門から入ればいいものを、せっかくなんだから正門から入らなきゃと、ぐるっと回っていざ入場です。
天守の入り口では渋滞が始まっていました。訪れたのは桜祭り初日。
桜はまだまだなのに、これだけの人の多さなら、この後いったいどうなるんだろうと思いましたよ。
な〜んて思ったら、渋滞はエレベーターに乗る人の行列でした。
階段なら待つことはないので、意気揚々と並んで上る事ビルの高さ5〜6階分はあったでしょうか。
この程度の登りは序の口です。この後の城巡りの道程からすると、しっかりとした手すりがあるビルの階段6階分なんてへのかっぱでしたわ。

nagoyajo2.jpg
天守入り口から見上げた金の鯱鉾
帰りにはこの入り口の行列がさらに延びていました



名古屋城を出たのは午後4時過ぎ。
夜の街の大好きな下の娘が、名古屋の繁華街に行ってみたいと言うので、車はそのままにして地下鉄で栄に向かいます。
地下街をウロウロして、それでもまだまだ明るい春の夕暮れ。
名古屋市内では石を投げれば当たるとも言われるコメダ珈琲で、暗くなるまで一休みです。

6時を回って暗くなってきた頃合に、飲屋街へと繰り出しました。
下調べもなく行き当たりばったりで入ったのが伍味酉という居酒屋。
ここの名古屋名物がどれも美味しかったんですよ。
味噌カツに味噌オデン、土手煮に手羽先、そして味噌ダレにつけるキャベツのお通しも。

doteni.jpg
手羽先と土手煮
奥に見えるのは串からはずした焼き鳥盛り合わせ
右の小皿はキャベツ用の味噌ダレ



店の名前すらうろおぼえだったのですが、帰って来てから調べてみたらなんと名古屋観光情報の居酒屋のページのトップに紹介されていました。
同じページに世界の山ちゃんも出てますが、この店は関東にも沢山ありますからね。
伍味酉は名古屋にしかないようなので、名古屋に行かないと食べられない美味しい赤味噌のなごやめしが堪能できて本当にラッキーでした。

夜の名古屋を満喫した後、一路彦根の宿を目指して名神高速を進みます。
素泊まり一泊4000円の安ホテルでおやすみなさい。
翌日の【城巡りの旅 その2】へ続きます。

なごやめしなら味噌煮込みうどんでしょ、という方はコチラを→/

なごやめしならひつまぶしでしょ、という方はコチラを→

なごやめしならあんかけスパでしょ、という方は両方ポチッとよろしくです。

スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

台湾ラーメンなんて、見るだけで汗が出ます。
絶対頼みません(笑)

名古屋城、いつかは登りたい・・・
近く過ぎて行ったことがないです(^_^;)

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、バニーマンさん。

> 台湾ラーメンなんて、見るだけで汗が出ます。
> 絶対頼みません(笑)

私はこの台湾ラーメンのこと、最近知りました。
泣きながら食べた娘は、未だに胃がもたれているらしい。
あーいや、あの後にも担々麺を何度も食べたせいもあるんでしょうけど。
辛い物好きも大概にした方がいいと思うんですけどねぇ・・。

> 名古屋城、いつかは登りたい・・・
> 近く過ぎて行ったことがないです(^_^;)

私も次に帰省した時には、ひっっっっさしぶりに松山城に登ってみようかなと思ってます。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「日の名残り」「マイ・インターン」「パッセンジャー」「ファウンダー」「ベイビー・ドライバー」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」「ゴールデン・サークル」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「トゥーム・レイダー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示