【城巡りの旅 その3】安土城跡行ってきた

天守はないので正確には城巡りにはあたらないかもしれませんが、とにかくここが今回の旅の最後の目的地です。石段の数にして500ほど、高さ約190mの安土山登山に挑みます。



azutijo1.jpg
大手道の石段
一段が普通の階段の倍くらいの高さあり



直前にテレビ番組や写真などで見てはいたのですが、実際のこの石段を目にして真っ先に感じたのは「こりゃきっと下りの時の方がキツそうだわ」でした。
何しろ一段がやたら高い、その上あまり平らではない石も沢山あるのです。
転んで怪我しなきゃいいけど大丈夫かな、とやや不安でした。
それでもここまで来たら上るしかありません。
いざ、入場料を払って出発です。

azutijo3.jpg
豊臣秀吉の邸宅跡の碑
土地としては悪くない場所だと思う



最初の石段途中左手に見えてきたのは「伝豊臣秀吉邸跡」この右下が「伝前田利家邸跡」で右上が「伝徳川家康邸跡」
これらの邸宅跡は、そんなに悪くない場所のように個人的には感じました。
だって重臣だからと言って、天主の側のもっと高い場所に邸宅建てさせてもらっても、あんまり嬉しくないと思うんだけどなぁ。
高過ぎると色々と不便で仕方ないでしょ。
なんてのは所詮小市民的発想なんでしょうけどね。

これより上にも「伝織田信忠邸跡」だの「伝森蘭丸邸跡」なんてのがあるそうなのですが、どこのことだか良くわかりませんでした。というより、
あまりの上りの辛さに景色を眺めている余裕なんて、す〜ぐどこかに吹っ飛んでいきましたから。
とにかくヘトヘトなので、次に足を運ぶ目の前の石段しか目に入りませんてば。

azutijo4.jpg
天主跡から遠く琵琶湖を望む
信長もこの景色を見ていたのか
な〜んて思ったら大間違い



そんなこんなでなんとか山頂の天主跡に到着、ようやく景色を眺める余裕ができました。
織田信長が生きていた頃には、この安土山の山裾まで琵琶湖の水が来ていたそうです。
なので上の写真は信長の眺めていた景色とは全く違うってことですな。
写真の方向に信長が見つめていたのは琵琶湖の水のみということになります。

azutijo5.jpg
鬱蒼とした木々に覆われ苔むした石垣はまさに
つわものどもが夢のあと



こうしていよいよ懸案の下り道です。
上りと下りは違う道を行きます。
案の定転んだ者が一人。
一番若い下の娘が思いきり前方に向かって転んで左の膝小僧にアザを作りました。
でも彼女はこの翌日何もない所で転んで、今度は右の膝小僧にさらに大きなアザを作ったので(笑)この登山の負傷としては軽く済んだので良かったです。

azutijo2.jpg
そりゃ若い者は平気でピョンピョン下りていけるわよね



下り道の途中で、私より若いと思しき女性を追い越しました。
体にボリュームのある方で、みたところ膝の荷重オーバーのようです。
ところがその後、慎重にそろりそろり石段を降りる私を、明らかに私より年上の夫婦がスタスタ追い越して行ったのです。
恐るべしシルバーパワー!

私が10年後20年後に、あの夫婦のように軽快に歩けることはないと思います。
その観点からすれば、今回こうしてこの安土城跡見学に行ったのは、ラストチャンスだったかもしれません。
思い立ったが吉日。いつか行きたいじゃ、いつまでたっても行けないわよね。

azutijo6.jpg
下り道の途中の三重塔



この三重塔は室町時代の建物だそうです。
ぱっと見ではきちんと手入れされてるんだか、されてないんだかわからない状態でした。
石段の整備されていない具合も、荒れているという程度ではなくて、手入れはされているけれど、整備はされていない、そういう微妙な感じでした。
観光地ではなく史跡、そんな雰囲気を味わうには絶好の場所です。
歴史好きならば一度は尋ねてみる価値があると思います。

この後我々は乳酸が溜まりに溜まった足を引きずりながら、帰宅の道を東へと進みます。
シャチと城を巡る旅はこれで終了。お疲れ様でした〜。

旅は道連れ世は情け派の人はコチラを→/

旅の恥はかき捨て派の人はコチラを→

両方ポチッとする人に神の御加護があらんことを!

スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

良いですね!

タカハシさん、こんにちは。
日本あちこちのお城めぐりに行かれたんですね。
いいなぁ!彦根城の記事も拝見させて頂きましたよ。
私もそんな旅をしてみたいです。

山田君は演技が上手いですよね、ジェイソン・ステイサムも、つい最近やっとトランスポーターを見て、カッコイイ俳優さんだな!って知った次第です。

Re: 良いですね!

コメントありがとうです、latifaさん。

> 山田君は演技が上手いですよね、ジェイソン・ステイサムも、つい最近やっとトランスポーターを見て、カッコイイ俳優さんだな!って知った次第です。

ジェイソン・ステイサムはトランスポーターの第一作目が一番イケメンだと思います。
アクション俳優になってから、頭や顔にまで筋肉ついてきちゃったので。笑
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「日の名残り」「マイ・インターン」「パッセンジャー」「ファウンダー」「ベイビー・ドライバー」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」「ゴールデン・サークル」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「トゥーム・レイダー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示