恐がりにもほどがある

ほどがあるシリーズ(笑)の三回目、好みの映画のジャンルの話です。


U・ボート
映画「U・ボート
作品情報


この作品を観たという記憶はあります。
1982年に日本公開とのことなので、ひょっとしたら劇場で観たのかもしれません。
当時通っていた大学のドイツ語教師が「とても良い作品なので観るべし」と言っていたのをはっきりと覚えています。
「Uボートの表記を正しくドイツ語で読むなら、ユーボートではなくウーボートだから間違えないように」との言葉が添えられていたことも。

潜水艦映画の最高傑作とすら言われているこの作品、それも納得です。
私はこれを観てはっきりと自分が閉所恐怖症であると自覚したから。
以来潜水艦物の映画には手が出せません。
だって怖かったんだもん。


タワーリング・インフェルノ
映画「タワーリング・インフェルノ
作品情報


こっちは1975年の公開時に観に行った友人から感想を聞いて、いつか観てみたいなと思っていたので、その後のテレビ放映で観ました。
これも怖かった。
以来パニック系の映画も全く観ようとは思いません。


キャリー
映画「キャリー
作品情報


こういうのは最初から論外の作品。笑
1977年当時、これを観に行った友人の話を聞きながら、なんでこんな作品を好き好んで観に行くんだろうと不思議に思っていました。
私には絶対ムリ。

恋愛物もあんまり好きじゃないし、ファンタジーも苦手、と好みのジャンルがとにかく狭いので、ブログの記事も偏った物にならざるを得ません。
今回はそんな偏狭な趣味の私を楽しませてくれるブログ、たろたろもなさんの「男の映画館(漢)」をご紹介します。

アクション映画好きの学生たろたろもなさんが、映画のキャラクター達の戦果・破壊を記録しているこのブログにある仕掛けがとても楽しいのです。
それは「夢の映画あらすじ」という物。
主演俳優、ジャンル、監督などがランダムに表示され、ありそうでなさそう、ありそうでありそう、なさそうでありそうな映画のストーリーが、アクセスする度に変化してできあがるのです。
今日私が見た夢の映画のあらすじは以下でした。

『完全にキレてしまったシュワちゃんが、自分より遥かに強い敵をライフルを使って料理するドキュメンタリー映画。監督ガス・ヴァン・サント』

時々妙にしっくりくる夢の映画が出来上がるのが本当に面白いです。
アクション映画好きの方なら、きっと楽しめると思いますので、ぜひアクセスしてみてください。

恋愛物語の好きな方はコチラを→/

パニック映画の好きな方はコチラを→

ホラー好きの方はどうぞ遠慮なく両方ポチッとよろしくお願いします。


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

1972年版の『ポセイドン・アドベンチャー』はいいですよ。
水泳が得意でない人が見ると、息苦しくなるかもしれませんが。(汗)

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、つかりこさん。

> 1972年版の『ポセイドン・アドベンチャー』はいいですよ。

有益な情報をありがとうございます。
「一生観ないと誓った作品リスト」に追加させていただきます。
だって私カナヅチなんだもん。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パッセンジャー」「ファウンダー」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「ベイビー・ドライバー」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示