映画「パパが遺した物語」感想

ラッセル・クロウ祭りです。彼のパパ姿が観たくて珍しく新作レンタルしました。ラッセル・クロウファンなら必見ですよ〜!


パパが遺した物語
(C)2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
映画「パパが遺した物語
作品情報



幼い頃に交通事故で母親を亡くし、その後のトラウマで人を愛することができなくなった女性ケイティをアマンダ・セイフライドが好演しています。
大きな瞳からこぼれる涙の見事なことといったら!

ざっくりとしたあらすじを読んだ時、私はてっきりケイティの父親(ラッセル・クロウ)はダメ親父なんだと勘違いしてしまいました。
ケイティは母親を亡くした上、父親にも捨てられたに違いない。
幼い頃のトラウマと言ったら、親に愛されなかったことでしょ、そう思ったんです。

ところが逆でした。
父親から愛され過ぎたから、二人の結びつきが強過ぎたから、喪失感が大き過ぎてなかなかそれを埋められなかった、そういうトラウマだったんです。
とにかくラッセル・クロウのパパぶりが素晴らし過ぎて胸が震えます。
あれだけ愛されたなら、そりゃ喪失感も大きいでしょ〜。

ラッセルパパの職業が小説家というのも、結びつきの強さをより強調させます。
ほぼ24時間一緒にいられるんだもの、そんな親子に他の人の入り込める余地なんてあるわけない。
小説の執筆に時間を忘れ、学校への迎えが一番最後になったから、次からは送っていったらそのまま学校の扉の前で座って書いてるラッセルパパ。
娘に声をかけられるまで学校が終ったことにすら気が付かないんですよ。

そんな没頭しやすいラッセルパパですもの、娘を愛することにも全力で没頭です。
親子の暮らしぶりが、とても綺麗な映像で語られていて、都会にありながら古くて落ち着いた室内の様子と相まって目が放せません。
この親子の家がまた素敵なんですよ。


こんな感じの家です
katy.jpg



優しそうなラッセル・クロウも良かったし、子ども時代のケイティも可愛かった。
大人になったケイティがどうやってトラウマを克服していくのか、アマンダ・セイフライドの演技も必見です。

rasselpapa.jpg
将来はきっと素敵なサンタのおじさん間違いなしのラッセルパパ



サンタを信じている人はコチラを→

サンタを信じてない人はコチラを→/

サンタを信じたい人は両方ポチッとすると、今年の12月24日の夜に何かいいことあるかもよ。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様のためのホログラム」「パッセンジャー」「ファウンダー」「亜人」「散歩する侵略者」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示