映画「長ぐつをはいたネコ」感想

バンデラス目当てでレンタルしました。でも日本語吹き替えの竹中直人もなかなか良かったです。


長ぐつをはいたネコ
映画「長ぐつをはいたネコ
作品情報



ヒゲの似合うバンデラスとハゲの似合う竹中直人、ヒゲハゲ観察にはもってこい、と言いたいところですが、声だけなので残念ながらそれはできません。
元々「マスクオブゾロ」のパロディとして生まれたのが、長ぐつをはいたネコのプスです。
バンデラス以外が声をあててさまになろうはずがありません。
2度目に日本語吹き替えで観た時、最初はベテラン声優だとばかり思ってたんですよ。
しばらくしてから、アレ?これひょっとして?と気が付きました。
シリアス竹中直人も結構カッコいいじゃないですか〜。
このBlu-rayも欲しくなってきちゃったわ。

プスの絵に描いた(ような)カッコ良さはこの際割愛したいと思います。
私が注目したのはプスの過去にかかわるキャラ、ハンプティです。
この作品の主役はもちろん、長ぐつをはいたネコのプスですけど、物語の主人公はハンプティじゃないかと私は思いました。
彼の存在がとてもアイロニックで、いくらかブラックジョークととれなくもないから。
以下ネタバレしているので、未見の方はご注意ください。

童話「ジャックと豆の木」に出てくる魔法の豆を探し続けているハンプティ。
魔法の豆から延びたツルを登り、雲の上の巨人の城にいる金の卵を産むガチョウを盗むことを計画します。
プスと女盗賊猫キティの協力を得たことで、彼の企みはうまく進みめでたく金の卵を産むガチョウ(らしき鳥)を手に入れます。
けれどもこのガチョウは正しくはガチョウの雛鳥で、産むのは卵ではなく金の糞です。
この雛鳥を取り返すべくガチョウの親鳥(しかも巨大)がやって来て街を破壊する、といういくらかパニックムービーテイストで物語は締められます。

最初のこの巨大親鳥の登場シーンは、まるでジュラシックパークそのものでした。
体ははっきりとは捉えられず、目だけが葉っぱの隙間から覗くの。
私はてっきりあの雛は恐竜の雛かと思いましたよ。
何しろ鳥こそが恐竜の子孫、というのが昨今では当たり前の考え方ですから。

でハンプティに関してですが。
ラストに彼は「オレって何なんだ?」という問いを残します。
この問いを残したハンプティは、橋から落ちて割れてしまい、なんと中から金の卵が出てくるのです。
そしてその卵を巨大ガチョウが雛鳥と一緒に大事にくわえて、空の上へと帰って行くのです。

つまりハンプティは、自分が探していた金の卵に他ならなかったというワケ。
雛鳥がハンプティに最初に遭遇した時、いきなりすり寄って嬉しそうな様子を見せたのも道理。
その後もハンプティの上に乗って寝たりと、雛鳥はずいぶん親しげにします。
それもそのはずですよね、彼らは兄弟だったのですから。
魔法の豆を探すハンプティにはきっと、生まれた場所に帰りたいという潜在欲求があったのでしょう。
自分探しの旅に出て、本当に自分を探し当てたハンプティ、現在次回作が製作中のようなので、今度はガチョウの姿で再登場するのかもしれません。

ゆで卵は半熟が好きな方はコチラを→

ゆで卵は固ゆでが好きな方はコチラを→/

そもそもゆで卵は好きじゃないという方には、できれば両方ポチッとしてもらいたいです。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

なるほど!

>それもそのはずですよね、彼らは兄弟だったのですから。

そういうことだったんですね。プスの可愛さカッコよさに目が行ってしまって、あのシーンの意味に気付いてませんでした(汗)
でも、確かに彼が真の主役だったと思います。彼がいなかったら、ただの子供向け冒険活劇になってそう。
竹中さんに引けを取らず吹き替えもぴったりだったし、一度見たら忘れられないキャラでした。
続編も作られているところなんですね。ハンプティが巨大に成長してたらどうしよう(笑)

Re: なるほど!

コメントありがとうです、宵乃さん。

> 続編も作られているところなんですね。ハンプティが巨大に成長してたらどうしよう(笑)

いやぁ、ハンプティが出るなら、間違いなく巨大ガチョウになって出てくると思いますよ。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「長ぐつをはいたネコ」観ました

製作:アメリカ’2011 原題:PUSS IN BOOTS 監督:クリス・ミラー ジャンル:★アドベンチャー/コメディ【あらすじ】無実の罪で故郷を追われ、お尋ね者となったプス。流れ着いた町で、幼なじみで兄弟分の卵ハンプティ・ダンプティと久々の再会を果たす。2人は謎めいた美女猫キティを仲間に加え、一緒に伝説の秘宝“金の卵”を探すことにするが…。「シュレック」で好きだった猫ちゃんのスピ...

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示