大河ドラマ「真田丸」第20回感想

「信長公より怖いお人、そうでなきゃ天下なぞとれません」「私が出んとあんたも納まらんでしょ」さすが北政所様、見事なお裁きです。今回も女性陣の活躍が光っていました。


naniga.jpg
何がいけなかったのでしょうか



ゲンザブローから離縁を言い渡されても「かしこまりました」と素直に従ったおこうさん。
かと思えば・・・。

muridamurida.jpg
無理だ無理だ



いやぁ、ここまでされるとちょっと怖いですよね。
つくづく読めない人ですわ、おこうさんは。

そして阿茶局と寧と茶々、さらにきりちゃんを加えた三つ巴+1のシーンには本当に背筋がぞぞっとしました。
うーむむむ、阿茶局のギョロ目ショットがやっぱり撮れないのが悔しい。

yotudomoe.jpg
茶々様のお腹にはややこがおられるのでは?
あの召し上がりぶりは尋常ではありません
わたくしそういう勘は働きます



阿茶局の予言は見事的中しました。
けれどもこの茶々の懐妊を巡る騒動に、ゲンジローはじめ家臣たちは窮地に立たされます。

harituke.jpg
門番全てはりつけじゃ!



憔悴し急に老けたような秀吉が怖くて、かつとても哀れでした。
女性と違って男性にとって、生まれてくる子が本当に自分の子どもなのか、これは究極のミステリーなのかもしれません。
最新科学の力でそれを暴く、なんてのはミステリー小説のネタバラしするのと同じくらいくだらないことだと私は思います。

watasigadenaito.jpg
誰がなんといおうと生まれてくるのはあなた様の子
デ〜ンと構えとりゃええんです



33kudo.jpg
これからのこの方の活躍も楽しみ



一番怖いのは秀吉だと思う方はコチラを→/

一番怖いのは稲姫だと思う方はコチラを→

おこうさんが一番怖いと思う方は両方ポチッとよろしく!





スポンサーサイト

こんにちは!

昨晩の秀吉は今までのひょうきんさや可愛らしさが一かけらもなく残忍でとても怖かった!それからすると、真田の父ちゃんの裏切りなぞ比べ物にならないと思えるほどでした。
冒頭おこうをめぐるシーンなど吹きとんでしまいましたが、おこうさんって本当に先が読めないキャラですね。稲姫の立場も想像するだけでも身体が震えます。庶民の生活も大変だっただろうけど・・・。
ケフコさんや宵乃さんもお気に入りの「アメリカン~」。
随分昔に観たのですが私には全くダメな作品でした。今鑑賞すると違うのかなぁ?!

今回は特におもしろかったですねー。
茶々が「この子の父は・・・・源次郎です」って言った時は、爆笑しました。
いよいよ、恐怖政治家としての秀吉が姿を現してきました。

こんにちは(^^)

おこうさんの反撃、脇から攻める作戦でしょうか
そばにいたい、お役に立ちたい一心でのことだろうけど、
怖いなぁ(笑)
秀吉さんも怖くなってきたし、昌幸さんなんて可愛いものですねぇ♪

Re: こんにちは!

コメントありがとうです、しずくさん。

お返事遅くなり申し訳ありません。

> 稲姫の立場も想像するだけでも身体が震えます。庶民の生活も大変だっただろうけど・・・。

姫と呼ばれる人の詳細を知れば知る程、姫になんてなりたくないわ〜と思いますよね。
子どもの頃のお姫様への憧れはいったい何だったんでしょうか。笑

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、つかりこさん。

お返事遅くなり申し訳ありません。

> 茶々が「この子の父は・・・・源次郎です」って言った時は、爆笑しました。

私もそうきたか!と思いましたよ。つくづくいじられキャラのゲンジローですね。

Re: こんにちは(^^)

コメントありがとうです、ひらで〜さん。

> 秀吉さんも怖くなってきたし、昌幸さんなんて可愛いものですねぇ♪

最近「老い」というものを身近に感じています。
秀吉の恐怖政治も、この「老い」故だったのかなぁ、と変なところでリアルに感じちゃったりして。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【真田丸】第20回 「前兆」 感想

秀吉(小日向文世)の側室となった茶々(竹内結子)が子を身ごもる。 秀吉は有頂天になるが、城下ではそれをやゆする落書きが発見される。 信繁(堺雅人)は石田三成(山本耕史)や大谷吉継(片岡愛之助)と犯人探しに乗り出すが、捜査は難航する。 怒りがおさまらない秀吉は、犯人が見つからなければ門番や町人たちまでをも処刑すると言い出す。 知恵を絞る信繁。豊臣政権への信頼を揺るがしかねない事態に寧(...

真田丸☆第20回 前兆

殿下は・・・信長公より、ずっと怖いお人、           そうでなければ天下など、取れません。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パッセンジャー」「ファウンダー」「エルネスト」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「ベイビー・ドライバー」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示