映画「タイムライン」感想

2004年の劇場公開時に観に行ったことを覚えています。原作小説を事前に読んで予習をしたことも。

タイムライン
映画「タイムライン
作品情報



マイケル・クライトン原作の映像化作品はテレビドラマ「ER」と映画「ジュラシック・パーク」が最も有名なところでしょうか。
この「タイムライン」も同じマイケル・クライトンの小説を原作としています。
「ER」も「ジュラシック・パーク」も大好きだったので、この小説が発売された時にすーぐ飛びつきました。
わりとサラッと読めたような記憶があります。
私がハードカバーの新刊を買うなんて、めったにないんですけど。
当時はまだ流行の物に乗っかるだけのエネルギーがあったってことですな。

中世にタイムスリップする物語ですから、歴史的なこととかタイムワープの装置のこととか、必要な情報がかなり多いです。
それらを過不足なく盛り込んで、なおかつエンターテイメントとして成立させなきゃならないのは、さぞかし大変だったろうと思います。

終盤の攻城戦や、その後の城内でのアクションシーンの数々は、迫力あるといえばそうですけど、そのドタバタぶりがややコメディ調に見えてしまうのが残念でした。
これは初回に観た時にも同様に感じたことのように思います。

主演がなんとポール・ウォーカーです。
「ワイルドスピード・スカイミッション」で初めて彼を観たと思っていたんですけど、こっちが初見だったとは。
駆け出しの頃なのかと思ったら、既にワイスピ2作の後にこの作品の主演という順番、きっと私には全然ピンと来なかったのね。


ピンと来た人はコチラを→

ポンと来た人はコチラを→/

パンと来た人は両方ポチッとな〜!
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「王様ためのホログラム」「ファウンダー」「亜人」「関ヶ原」「ワンダーウーマン」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

レンタル等で観るだけ観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示