初恋の禿 ユル・ブリンナー

「七人の侍」と「荒野の七人」改めて観比べてみました。作品としての出来からすれば、やはり「七人の侍」の方が優れていると思います。つくづく黒澤明の偉大さを感じました。まさにMagnificentな映画監督だったんですね。でも私の好みは「荒野の七人」です。その理由はズバリ、ユル・ブリンナーが素敵だから。

まず、プロポーションがすばらしいです。特に後ろ姿。がっしりした肩から肩胛骨にかけてのゆるやかな曲線がたまりません。ガンベルトのかかった引き締まった腰から、すらりとのびた長い脚の美しいこと!タバコではなく葉巻を吸う姿も本当にきまってます。マッチをするだけのしぐさなのに、なんであんなにかっこいいんでしょうか。立っているだけで絵になる、まさに私のツボです。

低い声も良いです。耳からではなく、足下から伝わってくるような、心地よい響きがあります。そういえば彼の頭ツルツルなんでしたっけ。髪の毛のないことが全然違和感ありません。むしろ髪の毛は似合わないのでは、とさえ思えてきます。

そして何より美形なんです。彫りの深い端正な顔立ちで、笑顔がたまらなく素敵。ギロリとにらんだ時の鋭い目つきもコワくて素敵。ガンマンなんてやくざな稼業、家族もなければ心の平穏もないと七人で語り合うシーンでの、切なそうな表情も素敵。

レンタルDVDにはおまけの特典映像が1時間以上ありました。その中で一番驚いたのは、ユル・ブリンナー自身が監督として「七人の侍」をリメイクしたいと思ったということ。周りの強い勧めから主演になったということですが、彼が主演でなければ成功しなかったと、私は思います。

邦題では「荒野の七人」ですが、原題は「The Magnificent Seven」となっています。「悪の教典」の主役の英語教師ハスミンが Excellent より上の形容詞がこの Magnificent だと言っていたことを、ふと思い出しました。彼の最後の台詞がこの「 Magnificent 」だったことも。そういえばあの作品も生き残ったのは三人でしたよねぇ・・。

七人のキャラが際立っているという点では「荒野の七人」の方が勝っているように思います。その意味でも Magnificent の言葉が大切なのでは、とも感じました。私の言葉で翻訳するなら「最高にいかした七人のガンマン」てなところでしょうか。

次は「七人の侍」を取り上げたいと思います。あらら、いつの間にかジェイソン祭りから三船敏郎祭りになっちゃってるわ。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示