映画「マイノリティ・リポート」感想

劇場公開時からの再見シリーズです。これも「タイムライン」と同様、原作小説を読もうとしたんですけどね・・・。

マイノリティ・リポート
映画「マイノリティ・リポート
作品情報




「ブレードランナー」や「トータル・リコール」と同じ原作者の小説だということで、面白そうな予感がして手に取った原作小説ですけど、おそらく読了してません。
いつまで経っても栞が真ん中あたりに挟まったままだったんで。笑

2000年に「M:Iー2」、2002年にはこの「マイノリティ・リポート」、2003年に「ラストサムライ」と続けてトム・クルーズ作品を観てます。
そのせいか、長らくイーサン・ハントってのは目玉を移植した人間だと勘違いしてました。
昨年ミッション・インポシブルシリーズ4作をまとめて観賞し、ようやくそれが間違いであると気付きましたけど。

今作の中で印象に残っていたのは、この目玉を移植するというエピソードだけで、ストーリーの他の部分はほっとんど覚えていませんでした。
初見の時にも、あんまりピンと来ない作品だったなと思ったような気がします。
だから何も残ってないんでしょうね。

2度目の今回も同じような感触でした。
一番の理由はおそらく、殺人事件の犯人探しという私が最も苦手とする物語だから。
けどそれ以前に、殺人事件を予知して犯罪を100%防ぐという考え方が受け入れられなかったのかも。
人間のすることに100%を求めちゃイカンでしょ。

ミッション・インポシブル4作まとめ感想はコチラ

ミッション・インポシブル5作目の感想はコチラ

求めるなら100%という人はコチラを→

求めるなら99%という人はコチラを→/

1%も求めないという奇特な方は遠慮なく両方ポチッとしてやってくださいませ。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

予知まではまだ許せるんですけどね

そこから予防処置として逮捕ってのが横暴すぎました。厳重注意や保護観察くらいで十分な気が。
そんなことが許される社会になるまでの波乱の方が観てみたいです。ぜったい血で血を洗う争いがあったはず。

それにしても、ケフコさんは探偵ものとか嫌いだったんですね。犯罪心理が嫌とか、それとも地道な捜査が退屈だからでしょうか?
私は子供の頃からポワロさんとか見てたので、探偵ものは大好きです!

Re: 予知まではまだ許せるんですけどね

コメントありがとうです、宵乃さん。

> そこから予防処置として逮捕ってのが横暴すぎました。厳重注意や保護観察くらいで十分な気が。
> そんなことが許される社会になるまでの波乱の方が観てみたいです。ぜったい血で血を洗う争いがあったはず。

全くもって極端ですよね。
考えたら目玉を取り替えなきゃいけないくらい監視の強い社会で、ジョンの息子がほんのわずかな隙にいなくなる、って有り得ないような気が・・・。
そういう脚本の穴の多さもイマイチ入り込めない要因だったのかもしれません。

> それにしても、ケフコさんは探偵ものとか嫌いだったんですね。犯罪心理が嫌とか、それとも地道な捜査が退屈だからでしょうか?

素人が人を殺そうとする、その動機がそもそも受け入れられないんですわ。
なのでそういう事件がメインの物語は全くピンとこないんです。

> 私は子供の頃からポワロさんとか見てたので、探偵ものは大好きです!

刑事コロンボは良く見てましたよ。
大草原の小さな家が終ったら、コロンボを見ようかなと思ったんですけど、随分沢山あってどれから手をつければいいのかわからなくて。

ハナシがややこしいと思いません?
僕も2回観ていますが、いまだにすんなりスジを思い出せません。(汗)

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、つかりこさん。

> ハナシがややこしいと思いません?
> 僕も2回観ていますが、いまだにすんなりスジを思い出せません。(汗)

殺人事件が二重のトリックで隠されてる、簡単に言うとそんなところなので、ちょっとよそ見してると置いてけぼりになっちゃうんですよ。
それと近未来という設定なんですが、そこいらの描写もいくらかズレてるというか、ピンと来ないというか。
近未来という設定は最近多いですけど、この近さと遠さの塩梅ってかなり難しいと思います。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パディントン」「神様メール」「ヒメアノール」「ひみず」「家族ごっこ」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「エクスペンダブルズシリーズ」 「鴨川ホルモー」 「アドレナリン」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示