FC2ブログ

不朽の名作「七人の侍」

1954年の制作ですから、60年も前の作品です。それでも色あせない本当に素晴らしい、まさに Magnificent な映画だと思います。今までにも何度か観賞したことはあるのですが、今回は「荒野の七人」との見比べをしたので、じっくり観察してみました。ここんとこ黒澤明作品を続けて観ているのですが、最近の古い日本映画のDVDには日本語字幕があるのがとてもありがたいです。

音があまり良くなくて、台詞が聞きづらいというのもあるのですが、何より聞き取れてもわからない単語がしばしば出てくるんですわ。文字にしてみると、ああそういう言葉なのか、とすんなり理解できますから。

思ったよりメッセージ性の強い作品なんですね。最近はこういうのは説教臭いと嫌煙されそうですが、娯楽性とのバランスも良いので私はあまり気になりません。『農民というのは心配ばかり』『勝ったのは百姓たちだ』etc. 「荒野の七人」にもそのまま使われている、印象的な台詞がたくさんあります。ですが私が一番心引かれたのは以下の物。

『人を守ってこそ自分も守れる。己のことばかり考えるやつは己をも滅ぼすやつだ。今後そういう奴は・・・』

この作品は上映時間が207分と長く、途中に休憩を挟んで上映されていたようです。レンタルしたDVDは前後編の二枚になっていて、上記の台詞は前編の最後に出てくる物です。口にしたのは侍たちのリーダーである勘兵衛という人物。「荒野の七人」ではユル・ブリンナーの役柄のポジションにあたります。

侍たちに野武士退治を依頼してきた農村には、川向こうに三軒だけ離れて建っている家がありました。村全体を守るため、この三軒の住人に家を捨て村内の防衛にあたらせようとしたところ、頑に抵抗された勘兵衛が発した台詞です。3軒のために20軒を危険にさらす訳にはいかない云々から続き、人間は社会的生き物であることを強く訴えています。

特に私が印象的だと感じたのは『今後そういう奴は・・・』と、結論づけることなく台詞が終わっているところです。勘兵衛はあの後いったい何を言いたかったのか、観ている者に判断を委ねているのです。60年前の世相(あくまでも想像です、何せ生まれる前のことだから)と今の世相とを照らし合わせて、無粋を承知で私なりに言葉をつないでみました。

『人を守ってこそ自分も守れる。己のことばかり考えるやつは己をも滅ぼすやつだ。今後そういう奴は・・・どんどん増えて世の中がおかしくなっていくかもしれない』
スポンサーサイト



theme : 映画感想
genre : 映画

Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「バリー・シール」「デイアンドナイト」「ハード・コア」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」「ゴールデン・サークル」「ルーシー」「ナイト・ライダー」「デューン」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示