映画「ジャーヘッド」感想

あの美しい映像を紡ぎ出すサム・メンデスが戦争を描くとどうなるのか、とても興味を引かれたのでコレを観てみました。


ジャーヘッド
映画「ジャーヘッド
作品情報



戦争が始まるまで待機中の兵士たちのドラマがメインです。
ですから戦闘シーンはほんのわずかしかありません。
そういう観点からも湾岸戦争というのは、美しい映像には最適のモチーフの戦争だったのでしょうね。
相変わらず美しかったです。
映像だけでなく登場人物の心根も。

「アメリカン・ビューティ」でも掃除をしながら呪文のように同じ言葉を繰り返す女性が出てきましたが、この作品にも同様のシーンが出てきます。
何かに集中しようとする時、あるいは何かを忘れようとする時、心や体を空っぽにするために一心不乱にお経を唱えるように何かの言葉をつぶやく。
そういう心理はわかるような気がします。

ましてや今にも開戦かも、という緊張した空気の中での生活です。
忘れたいことなんて、いくらでもあるはず。
雑念を取り払う自分なりの方法を持っているかどうかは、生死に関わる重要なことだと思います。

同じ湾岸戦争を描いたジョージ・クルーニー主演の「スリー・キングス」という作品があります。
あの作品は全くのフィクションなのに、ラストに登場人物の帰国してからの様子などが描かれていて、まるでノンフィクションかと騙されそうになるんですけど。
この「ジャーヘッド」は実際の海兵隊員の体験記が元になっているとのこと。

「スリー・キングス」同様に帰国してからの隊員たちのその後が、台詞が全くない映像だけで流さます。
主人公と一番仲の良かった隊員の葬式の映像も入っていますが、死の理由ははっきりとは示されていません。
戦争による死の恐怖から解放されたのに、帰国してからあっけなく散る若い命。
国と国とによる兵器で戦うだけではない、身近なところにも戦争はある、そう訴えているようで胸が痛みました。


般若心経が唱えられる人はコチラを→

般若心経を唱えられない人はコチラを→/
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

アタシ、心が不調のときに、ブツブツと独り言を言う癖があります。いかんいかん、治そうと思っていたのですが、
>雑念を取り払う自分なりの方法を持っているかどうかは、生死に関わる重要なことだと思います。
というケフコタカハシさんの文章に、なんだか救われた気持ちになりました。雑念を取り払う方法が、それだって良いわけだわよね。一人でいるときに、ブツブツ言ってたところで、誰にも迷惑かけないし。
身近な戦争を生き抜く手段になれればと思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> 雑念を取り払う方法が、それだって良いわけだわよね。一人でいるときに、ブツブツ言ってたところで、誰にも迷惑かけないし。

一人で言うからヒトリゴト、周りに誰もいないことを確認するのをお忘れなく。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パッセンジャー」「ファウンダー」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「ベイビー・ドライバー」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示