大河ドラマ「真田丸」第30回感想

「私は兄を裏切っている、そして兄は私の心をお見通しだ」秀吉の老いを誰よりも良く知っているゲンジロー、真田と豊臣の板挟みに悩みが深まるばかりです。


0731kinin.jpg
明からもらった金印を投げつける秀吉
こういうシーン見る度思う
何度も何度も撮ったんだろうなぁと、え?それともCG?

0731hideyori.jpg
若干5歳で元服した秀頼ちゃん、可愛いな〜



先週に引き続き秀吉亡き後の世情を考える大名たちと、ゲンジローや三成らの腹の探り合いです。
老いた秀吉を見ても泣いてはならんと、加藤清正に念を押す石田三成が切ない。
一番泣きたいのは三成自身じゃないかと思うのに。
ゲンジローも兄ゲンザブローにしつこく問いただされ、大谷吉継に苦しい胸の内を明かします。

0731yureru.jpg
世の中は揺れる
0731yuremasen.jpg
揺れません
0731aniwouragiri.jpg
義を貫くとはこれほど厳しいものなのか
0731onorega.jpg
己が正しいと思う道を行けば良い



怪我から痴ほうが進むというのは、良くあることですけど。
そういう流れで秀吉の老いを描いていくとは、見事な筋立てだと思いました。
そしてそんな秀吉に対するゲンジローの接し方も素晴らしい。
秀吉と初めて対面した時の状況をなぞる、なかなか咄嗟にできることじゃないはず。


0731omaemo.jpg
ん?どこかで見たような展開・・・

0731omaemo2.jpg
第15話より

0731osironoanai.jpg
明日城を案内していただきます、ゆっくりお休みください



自分がこんな風になった老親を見た時、同じように対応できるかどうか・・。

老親のある方はコチラを→

老親のない方はコチラを→/

スポンサーサイト

theme : 真田丸
genre : テレビ・ラジオ

うんうん、アタシも、老いた秀吉に対するゲンジローの対応にぐっときましたよ。板挟みも辛そうだし・・。
しかし、茶々の「花さかじいさんがみたい」発言、あれは、、、何なんだ!何かの策略?それとも、何も考えてないの?あるいは史実なの?教えて~(´・ω・`)

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> うんうん、アタシも、老いた秀吉に対するゲンジローの対応にぐっときましたよ。板挟みも辛そうだし・・。

認知症の始まりのタワゴトに、どれだけ付き合ってやれるかは介護する人間の器の大きさが必要だと思います。
ゲンジローに言われるまま素直に布団に入って、気持ち良さそうに眠りにつく秀吉が、いろんな意味で切なかったですわ。

> しかし、茶々の「花さかじいさんがみたい」発言、あれは、、、何なんだ!何かの策略?それとも、何も考えてないの?あるいは史実なの?教えて~(´・ω・`)

とりあえず史実ではないと思う。
夫より息子が大事、をさらに印象づけるエピソードですよね。

>自分がこんな風になった老親を見た時、同じように対応できるかどうか・・。

なかなか難しいですよね~。
現代風に言えば実の親ではないから…というところかも知れませんが源次郎は実の親の最期でも同じように優しく孝行しそう。

出会いの繰り返しまで体験させられて、もう豊臣を離れられないですね。

5歳で元服した秀頼ちゃん

演じた子の名前、星空ちゃんだって・・・
キラキラしすぎてる☆

秀吉さんの小さくなった姿、切なかったわ・・・
清正くん、ほんと正直者だわ。
ラストは、またやられた~って感じでした。

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、くうさん。

> 現代風に言えば実の親ではないから…というところかも知れませんが。

あー、いわゆるアカの他人だからできる、ってアレですな。

> 出会いの繰り返しまで体験させられて、もう豊臣を離れられないですね。

まさに運命共同体といったところでしょうか。

Re: 5歳で元服した秀頼ちゃん

コメントありがとうです、ひらで〜さん。

> 演じた子の名前、星空ちゃんだって・・・

セラと読むんですね。さて、いつまで芸能界で生き残れるか、楽しみですな。冷笑

> ラストは、またやられた~って感じでした。

ただただ「切ない」ばっかりになってきて、正直なところ感想を綴るのが辛いです。
けどこの先明るい筋立ても殆どないんだろうなぁ・・・。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【真田丸】第30回 「黄昏(たそがれ)」 感想

大地震に見舞われ、落成を前に伏見城は倒壊してしまう。 秀吉(小日向文世)から普請を命じられていた昌幸(草刈正雄)は生きがいを失いふさぎこむ。 秀吉は再び大陸へ攻め込むと言い出し、さらにはバテレンへの弾圧を強める。 きり(長澤まさみ)が親しくなった玉(橋本マナミ)らキリシタンたちに危機が迫る。 秀吉の老いがますます進み、家康(内野聖陽)ら大名たちに混乱を巻き起こす。 信繁(堺雅人)ら...

真田丸☆第30回 黄昏

義を貫くとは、これほど厳しいものなのか・・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「神様メール」「ヒメアノ〜ル」「ひみず」「予告犯」「グラスホッパー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」

一生観ないと誓った作品

「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示