映画「レボリューショナリー・ロード」感想

サム・メンデス祭り。とはいえ私の最も苦手な寂しがりやの愚かな女が主人公なので、個人的評価はサイアクです。


レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
作品情報



ざっくりとしたストーリーを見ると「アメリカン・ビューティー」と良く似ています。
ある意味「アメリカン・ビューティー」と対をなすというか、裏表になっているみたいな、そんな物語です。
サム・メンデス監督作なので映像の美しさを期待したのですが、んーんんん、美しかったのかなぁ。
レオナルド・ディカプリオのフツーのパパっぷりが見られたのは、少しだけ眼福だったかも。

その妻役ケイト・ウィンスレットが、どこかで美しく撮られてたのかしら?
彼女のファンに尋ねてみたいです、この作品のどのシーンのどこが良かったか。
てか、そもそもケイト・ウィンスレット、この時サム・メンデスの奥さんなんですよね。
どうしたことか、映像からは妻への愛のような物が全く感じられなかったんですけど。
まぁ、その後すぐ別れてますから、その程度の愛情だったってことですかね。

私がこの作品を全然美しく感じられなかった原因は、登場人物の心根が美しくなかったからというのははっきりしてます。
レボリューショナリー・ロードという通りに引っ越してきた、理想的な若い夫婦。
それがフランク(ディカプリオ)とエイプリル(ウィンスレット)です。
上映時間119分のうち100分くらいは、二人の夫婦喧嘩だったんじゃないかと思うくらい。
とにかくしょっちゅう喧嘩ばかり、観ていて本当にうんざりしました。

エイプリルは若い頃は女優を目指していたらしく、結婚してからも街の劇団で主演を務めたりしています。
そして、そういう華やかな人生を夢見ていた彼女は、平凡な主婦をしていることに満足していないのです。
紆余曲折の後そんな彼女は、いきなりパリに移住しようと言い出します。
仕事もないのにどうする?と当然のように言う夫フランク。
それに対して自分が働くから、と言い張り行動を起こすエイプリル。
ところが思いがけず彼女は3人目の子どもを身ごもってしまうのです。

中盤に精神病棟に入院していた男性というのが出てくるのですが、彼の台詞「その子(エイプリルのお腹の子)に生まれなくて良かった」というのが、全てを言い当てていると私は感じました。
夫婦の上の二人の子どももいるんだかいないんだか、存在感のうす〜い描かれ方をしています。
エイプリルは子どものことなんて愛してない、そういうことなのだと思います。

物語のオチは♪ナントカは死ななきゃ治らない〜♪というところに落ち着きます。
その点で私にとってはハッピーエンド(笑)物語としてはアンハッピーだけどね。
いや、むしろ私の母の口癖「骨を焼き直して来んと治らん」の方がしっくりくるかな。
サム・メンデスをしても心根の美しくない人は美しくは描けない、そういうことなのかもしれないと、違った部分で納得した作品でした。

美しい人はコチラを→

美しくない人はコチラを→/
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

寂しがりやの愚かな女でありながら、華やかな人生を望み、平凡な主婦はイヤなわけね。複雑だわ。
そんな彼女とディカプリオの100分もの喧嘩、ある意味、見てみたい。美しくないんだろうなあ。でもそこが見たいなあ。


ん、このタイトルは…?

あ、やっぱり、観たことある作品でした。
私の評価も最悪で、子供が一瞬しか登場しなかったからホラー的なアレかと思いました(笑)
内容はすっかり忘れているけど、自分用の感想に「ちぐはぐで夫婦も家庭もちゃんと描けてない。後味悪すぎ」とありました。

>「その子(エイプリルのお腹の子)に生まれなくて良かった」というのが、全てを言い当てていると私は感じました。

このセリフも覚えてないけど、確かにあの夫婦の子供として生まれるなんてゾッとしますね。監督は何を描きたかったんだろう?

Re: タイトルなし

コメントありがとうです、きたあかりさん。

> 寂しがりやの愚かな女でありながら、華やかな人生を望み、平凡な主婦はイヤなわけね。複雑だわ。

寂しがりや、はちょっと語弊があるかも。
愛することを知らない愚かな女、でしょうか。

> そんな彼女とディカプリオの100分もの喧嘩、ある意味、見てみたい。美しくないんだろうなあ。でもそこが見たいなあ。

見終わってから、かな〜りどんよりしますので、それを覚悟の上でどうぞ。
あ、コレ観た後に「アメリカン・ビューティー」観て、下がったテンションを上げる、というのもアリかもよ。

Re: ん、このタイトルは…?

コメントありがとうです、宵乃さん。

> このセリフも覚えてないけど、確かにあの夫婦の子供として生まれるなんてゾッとしますね。監督は何を描きたかったんだろう?

自分しか愛せない、哀れな女の末路といったところかなぁ。
エイプリルのラストは本当に醜悪だと思います。
その醜悪な行いを、賛美するほどではないギリギリの美しさで描いている、そんな感触でした。
どれだけ汚れていても、生きることにこそ美しさは宿る、それをアイロニカルに示しているのではないでしょうか。
Secret

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

観たいと思っている作品

「パッセンジャー」「ファウンダー」「デイアンドナイト」「ハード・コア」「ベイビー・ドライバー」「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」「ゴッホ」「バリー・シール」「ローガン・ラッキー」

手に入れたいソフト

「ドラマうぬぼれ刑事」 「インサイド・ルーウィン・デイビス名もなき男の歌」 「皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ」 「サブリナ」新旧2作

一生観ないと誓った作品

「スパイダーマン」「ゴジラを始めとした大きい物の出てくる作品」「ジョーズ」「ゼログラビティ」「エイリアン」「オープンウォーター」「ブラックスワン」「ポセイドン・アドベンチャー」「E・T」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル・ライジング」「猿の惑星シリーズ」

最近観た作品

「楊家将〜烈士七兄弟の伝説〜」「イブの総て」「百万長者と結婚する方法」「スーザンを探して」「おしゃれ泥棒」「子連れ狼」「PAN」「バクダッドカフェ」「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「トースト」「坂の上の雲」「SMOKE」「エアフォースワン」「シュガーラッシュ」「ワイルド7」「ライフ・イズ・ビューティフル」「予告犯」「グラスホッパー」「ひみず」「ヒメアノ〜ル」「パリ、テキサス」「パパは出張中」「キングオブエジプト」「SCOOP」「ママ、ごはんまだ?」「イーグル・ジャンプ」「ジュピター」「暗殺の森」「神様メール」「王様のためのホログラム」「トランボ」「ダンス・レボリューション」「海賊と呼ばれた男」「無伴奏」「アスファルトジャングル」「ちはやふる」「ライジング・サン」「ライトスタッフ」「ムーラン・ルージュ」「小説家を見つけたら」「新幹線大爆破」「単騎、千里を走る」「鮫肌男と桃尻女」「でらしね」「タクシードライバー」「ファミリービジネス」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」「人生、ここにあり!」「俺たちは天使じゃない」「昼顔(仏)」「プリティウーマン」「アントキノイノチ」「リオ・ブラボー」「エルネスト」

ヒゲハゲ満足度について

映画やドラマなどの映像作品において、ヒゲハゲ観察ポイントを★の数で表しました。ヒゲハゲが期待通りの場合の3★★★☆☆を標準とし、期待を上回ると4〜5、下回ると1〜2となります。本来ならヒゲハゲを期待できない作品(アニメを始めとした子ども向け作品、あるいは若者向け青春物語等)において、何かしら麗しいヒゲハゲが見られたなら★がつく場合もあります。

あなたの清き一票を!

プロフィール

ケフコタカハシ

Author:ケフコタカハシ
半世紀を越える人生のほとんどを西洋かぶれで過ごしてきた主婦。ここ2年ほど山田孝之演じる実写版ウシジマくん中毒。「闇金ウシジマくんthe final」13回観ました。バイバイウシジマなんて言いませんからね〜!

どーでもいい日常の記録
「チェックも縞のうち」


闘病記の
「女の終活日記」
もよろしく。

現在の主な観察対象:山田孝之、ジェイソン・ステイサム
初恋の禿:ユル・ブリンナー
初恋の髭:デニス・ウィーバー
初恋の髯禿:ショーン・コネリー
大きくなったらなりたい物:仙人
将来の夢:一人暮らし
今一番行ってみたい場所:グランドキャニオンとラスベガス、香港
将来の希望:山田孝之の美白ヒゲを拝むこと

カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示